「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    カテゴリ:回顧

    どうもこんにちは。

    結果は、

    1着 △サトノクラウン

    2着 消ゴールドアクター

    3着 ▲ミッキークイーン


    5着 ◎レインボーライン




    うーん、残念。




    レインボーラインは序盤ぶつけられて進路がなくなったのがちょっと影響したのかなと。
    あとミッキークイーンと比べて結構ロスのある競馬してたので・・・
    正直もうちょっとやれるとは思ったが。



    キタサンブラックの敗因は難しいですね。
    いろいろ敗因は分析されると思いますが、たぶん敗因として挙げられるのは、


    ①超レコードだった春天の疲労。

    ②急坂コースが苦手。

    ③道悪が苦手。



    だと思います。


    一つずつ分析します。



    個人的に自分が妥当だと思っているのは①だと思っています。
    ただこれが断定できないのが、春天好走したのがシュヴァルグランしかいないことです。

    そういえば、大阪杯もハイペースとして2戦の疲労と言ってる方もいましたが、マルターズアポジーが大逃げしたことを忘れないでください。



    次に②。
    有馬記念では3着、2着、宝塚記念も3着と負けているのが全て急坂コース。


    ただこれを敗因にするとサトノダイヤモンドの扱いに困ります。
    サトノダイヤモンドの方がキタサンブラックより全然強かったというレースでもないと思うんですよね。サトノダイヤモンドが外枠ということを考えても、ちょっと強いくらいならわかりますが、大差があったように思えない。

    もしこの理由を選ぶなら、有馬記念のレベルが想像以上に低いとしなければいけないでしょう。キタサンブラックは全く手が出ないまま負けましたし。


    そうすると、じゃあゴールドアクターはなんやねん・・・頭を悩ませる・・・。




    次に③。


    宝塚記念でマリアライトなんかに負けちゃうくらいだから、あの3着はパフォーマンスを落としているという考え方。


    ただあのレースは、とても先行勢が残れないようなペースを残ったのがキタサンラックなので、上位3頭よりも強いと思えるレースだった。着順だけ見れば簡単ですが。



    そうすると、このレースレベル自体がかなり低いということになる。
    まぁこれは割とまだ納得できるかな。

    これは競馬ナンデで言ってる方がいらっしゃったんですが、ステファノス、ラブリーデイのような道悪が得意じゃない馬が好走したという理由からレベルが低いとできる、ということです。

    マリアライトは宝塚記念以来全くでしたが、オールカマー、エリ女のときに陣営もおかしいみたいなこと言ってましたし、たぶん衰えてたと思うんですよ。だから個人的にマリアライトで比べたくはないかな。


    サトノクラウンはここで凡走してますが、ペースが流れすぎているのでこれは度外視していいかなと。海外帰りでしたし。



    ということで、みなさんはどう考えますか。

    これで4着なら、急坂とか道悪とか原因できると思いますが、流石にスピリッツミノルに負けているのでどうかなー?と思います。



    いろんな意見を見たいので、twitterとか競馬ナンデとか様々なブログを見ながら、秋競馬につなげていきたいと思います。





    宝塚記念の馬場、展開の展望ですが・・・


    その前に函館SSの話。

    結果はとしては大本線で的中でした。


    1着 ◎ジューヌエコール

    2着 ○キングハート

    3着 △エポワス



    3連複的中!

    米子Sは◎ベステンダンクが残念ながらアウト。
    あんなにペース流れて外差し競馬になっちゃうときつい。



    NHKマイルから重賞は7週連続本命が馬券内と好調!(ダービーとか鳴尾記念とかはひどい目にあってますが・・・)

    宝塚記念もこのまま的中につなげたいですね!





    ということで宝塚記念の馬場、展開展望です。(※良馬場前提の話です。)




    毎年宝塚記念というとゴールドシップが連覇しちゃうようなタフな展開、そして梅雨ということもあって雨が残り馬場もタフというかなり底力が問われるレースになります。


    ラップ傾向を確認すると、


    2016
    12.6 - 11.0 - 11.1 - 12.3 - 12.1 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.2 - 12.7
    2015
    12.2 - 11.6 - 12.2 - 13.4 - 13.1 - 12.7 - 12.5 - 11.7 - 11.0 - 11.6 - 12.4
    2014
    12.9 - 11.6 - 11.9 - 13.2 - 12.8 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.1
    2013
    12.7 - 11.0 - 11.0 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.4 - 12.7 - 12.7 - 12.6
    2012
    12.2 - 10.9 - 11.2 - 11.9 - 12.2 - 12.1 - 12.5 - 12.6 - 11.6 - 11.6 - 12.1



    基本はTSは問われずに、どれだけしぶとく脚を使えるかが重要。

    ただ今年の阪神の馬場を考えるとこれは当てはまらないかもしれません。
    それは今年の米子S。
    12.6 - 11.2 - 11.6 - 11.7 - 11.4 - 10.7 - 11.1 - 11.6

    前半3F58.5という結構ペース自体は流れているんだが、3F目で10.7というとんでもなく速いラップを踏んでいる。
    結果的には1:31:9のレコードタイム。
    上がりも32秒台が出るなど、函館が注目されているがかなり阪神も軽い馬場。



    JRAがキタサンブラックを伝説にするためにレコード馬場にしてる気がするんですよね・・・
    宝塚記念のレコードホルダーはアーネストリーですが、この馬場だったら来週で破られそうですね。

    東京とかは顕著で、G1開催が終わった途端に超高速馬場がちょい高速くらいに変わっていますし。



    少しそれましたが、今年は最近と少しテイストが違うレースになりそう。



    宝塚記念はスローorハイペースという極端な感じになりやすいのでそれを踏まえて予想していきたい。

    もしスローならTSが問われる4F戦になると思いますし、
    (イメージとしては前半1000m59秒後半~60秒くらい、ラスト4Fから11秒後半(800m)-11秒前半(600m)-11秒前半(400m)-11秒後半(200m)くらい。

    ハイペースなら消耗戦にならずに11秒後半のラップを刻む競馬になるのかなと。
    (イメージとしては前半1000m57秒後半~58秒前半、そこから少し緩んで、ラスト4Fから11秒後半(800m)-11秒半ば(600m)-11秒半ばから後半(400m)-12秒台前半(200m)くらい)


    あくまでもイメージです。


    たぶんこの頭数ですし、メンバー的にもスローになると思いますが・・・

    自分はある程度予想が決まっていて、スローになったときの穴馬を一頭、ハイペースになったときの穴馬を一頭という感じでいきたいと思っています。





    そうなると適性バーは、


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     






    赤で塗った部分はスロー想定、青で塗った部分はハイペース想定です。
    確率としてはスローの方が高いと思っています。



    馬一頭ずつの展望はまた次回。最初はキタサンブラックです。

    どうもこんにちは。


    ここでは日本ダービー、目黒記念の回顧をしていきたいと思います。
    当たったときだけ、記事書くなやと思う方もいるかもしれませんが、こういう当たり方したら
    そりゃ書きたくもなるよ。




    他のサイトなどを見ると、ダービーは青嵐賞(1000万下)と比べてタイムが遅すぎる。(ダービー→2:26:9、青嵐賞→2:23:8)なのでレベルが低いといわれてますね。

    ただそのように比較するのはちょっと違うと思っていて、1600m通過1:40:4という超超超ドスロー、モーニング娘。か?と言いたいくらい超ドスローなので、単純比較するのはおかしい。


    それでは低レベルか否か?ということですが・・・・


    低レベルだと思います。

    これは他のダービーを比べたら一目瞭然だと思いますが、これだけ道中ゆったり運んでいたら、もうちょっとラストは減速しないで欲しかったかなという印象です。

    1000m通過63.2、2000m通過2:04:6。
    それでラストは11.5-10.9-11.4

    0.5も最後減速する?という感じ。これだけドスロー、しかも超高速馬場だったので、もうちょっと踏ん張ってくれると思っていたんですが・・・


    ここから考察できることは二つあって、まず一つ目は低レベルだということ。
    二つ目は上位は距離が短かった可能性があるということです。



    低レベルかどうかというのは、この日のレース、そして過去のダービーを見ればある程度わかると思います。

    距離は違えど、むらさき賞のラップは・・・
    1000m61秒。
    そしてラスト3ハロンのラップは
    11.1-11.0-11.5。
    ダービーを思い出してください。
    11.5-10.9-11.4。

    もちろん距離は違います。距離違うんだから比較しようがない!というのも一つの意見です。それは否定しません。
    ただ自分の考えとしては、ダービーなんかドスローすぎて最後3ハロンだけの競馬なので・・・と思ってます。新馬戦並のドスローですからね。

    むらさき賞のほうがラップだけみたら優秀ですよね。
    むらさき賞は11.1をラスト3ハロン目で出しといてラスト0.5の減速。
    ダービーは11.5とむらさき賞よりも遅いラップ。それで同じようにラスト0.5の減速をしています。

    簡単に言うと、1600万下よりもラストのラップだけ見たらそこまで大差ない。というかちょっとダービーのが下ということがわかります。だからと言って1600万下レベルとは言いませんが。


    青嵐賞と比べるのもいいですが、同じくドスローだったむらさき賞と比べるとまた違うことがわかるのかなと。


    過去のダービーと比べると、
    2016
    12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 13.1 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 11.6

    2015
    12.5 - 10.6 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.7 - 13.6 - 12.2 - 11.6 - 11.1 - 11.7


    2016なんかはラスト1000mからそれなりに脚を使わせながら、ラスト3ハロンは今年のダービーと同じくらいの脚を使っているんですよね。レベルたけぇよ、2016は。マカヒキとか高速馬場なら全然巻き返し可能。京都大賞典、毎日王冠、秋天は絶対買いますけどね。


    二つ目で書いたのは、上位勢の距離適性がマッチしてなかったのでは?
    というところです。


    アルアイン、ペルシアンナイトが思ったよりどうにかなったというのもあるんですけどね。
    これだけスローになっちゃえば、もう距離適性というよりは、いかにTSを早く引き出せるか否かのレースになってしまう。なのでここで脚を余した馬とかはまだ挽回可能だし、逆に上位勢は人気はすると思いますが、信頼できないと思います。


    まぁ所詮ラップなんて、動物が行っていることを無理矢理数字で表してるだけなので、完全にこの考察が当たっているかはわかりませんが、これが自分の考えです。一つの意見としてみてもらえれば。




    まぁ僕の本命はダイワキャグニーでダメだったんですけどね。
    一応スワーヴリチャードからの馬連買ってて、アドミラブル2着なら・・・という感じでしたが、レイデオロは買えませんでした。



    安土城Sは◎トウショウピスト(14人気2着)も相手が大はずれ。
    正直買いたいかったのはトウショウピストだけだったんですが、なぜかワイドしか頭になくて、相手は適当に京都巧者セカンドテーブルと実績上位のブラヴィッシモ、ムーンクレストだけにしたんですが大間違いでした。

    ただトウショウピストは考察どおり1200よりゆったり進めれる1400のほうがよかったですね。
    特に京都は前残りを生みやすいしですし、絶好のねらい目でした。




    そして目黒記念。

    結果は・・・



    1着 ◎フェイムゲーム

    2着 ▲ヴォルシェーブ

    3着 ○ハッピーモーメント





    完璧でした。

    正直ハッピーモーメント残りそうで、ヴォルシェーブが抜け出してたので、勝った!
    と思っていたら、外から強襲してきた馬が一頭いたので、やめろ!と思ってみたら本命のフェイムゲーム。

    フェイムゲームは戦歴みたら2500は滅法強い、そして高速馬場は得意、今までの敗戦が去勢明けの影響があったことを考えれば、この人気はおいしかった。

    まぁヴォルシェーブは間違いなかったし、ハッピーモーメントは東京高速馬場強いし、ヴォルシェーブとも接戦してるので、買えました。

    逆に他の馬が買いづらかったんですよね。

    まあラニはあれとして・・・
    ウムブルフ、カフジプリンスは馬場軽すぎる、ペースも合わなそうだし、サラトガスピリットは最後けしたんですが、ここまで人気すると嫌でしたし。


    なのでいろいろ噛みあって的中できました。


    3,4月はありえないくらいスランプだったんですが、5月は復調できたと思います。
    NHKマイル、ヴィクトリアマイル、オークスは軸は全部来てましたし、ダービーはダメでしたが目黒記念当てれたのでいい感じでした。


    次は安田記念。
    去年は◎ロゴタイプで当てれたので的中につなげたいですね。

    ただペースが読みにくいのでしっかり考察していきます。




    2:26.9 13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4



    今回は阪急杯の荒れ方を「適性バー」で解説していきたいと思います。



    阪急杯の結果は・・・

    1着 トーキングドラム(7番人気)

    2着 ヒルノデイバロー(4番人気)

    3着 ナガラオリオン(12番人気)



    いや買えんわ!こんなの!無理だよ・・・・
    とレース見たときは思いました。


    ただラップを見ると、なるほどこれは納得!と思える結果になりました。 


    ラップを見てみると、
    12.1 - 10.7 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2
     前半3F33.8秒はもちろん早いんですが、これ最初の1F目をのぞけば、全く緩まずにずっと減速ラップを踏むというラップになってるんですよね。

    もちろん前半これだけ飛ばして、中盤もあまり緩まないわけですから、前に行く馬はちょっとどうしようもなかった。

    あと前半おれだけ流れたのに走破時計1:21:4というのはちょっと馬場も重いんじゃないかなということで、結構最初予想していて馬場と違ったかなと。


    予想段階での「適性バー」は・・・


    (阪急杯予想段階の「適性バー」)

     馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     





     
    これが、結果的には・・・


    (結果的に阪急杯で実際に問われた「適性バー」)


      馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    馬場自体の予想はそこまでズレてなかったんですが、ペース、レースの質はかなりズレてしまったことが外れてしまった原因かなと。カオスモスがあそこまで飛ばして、他の馬もそこそこ付いていきましたからね。そこを予想できなかったのが、今回の予想の問題点だった。






    自分はロサギガンティアを本命にしたんですが、予想段階では、


    (ロサギガンティアの「適性バー」)

    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     






    (阪急杯 予想より)
    実際前半3ハロン33秒台となった朱鷺S(12.3 - 10.5 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.4 - 12.0) 前半3F33.8秒
    以外は1400なら安定して走れているのでよっぽど追走力を問われない限り大丈夫なはず。
    今回そこまで前半速くならないと思うし、決め手も使えるタイプなのでスローになってもOK。
     


    この予想で言った「よっぽど追走力が問われない限り・・・」と書いたことが、阪急杯で現実に
    なってしまったんですよね。

    「適性バー 」的にも馬場以外は、あまりフィットしなかったというレースになったということがロサギガンティアにはきつかった。






    まだ続きます!続きはトーキングドラムがなぜ来たかについての解説!


     

      【阪急杯の荒れた理由を「適性バー」を使って解説!】の続きを読む

    阪急杯

    1着 △トーキングドラム

    2着 消ヒルノデイバロー

    3着 消ナガラオリオン


    合っていたのはシュウジを軽視したことだけ。
    まぁトーキングドラムとヒルノデイバローはわかる。

    ただ・・・



    ナガラオリオン!?



    これを拾うのはなかなか厳しい。
    ロサギガンティアは仕上げのせいですがね・・・・
    ちょっとローテの読みがあまかった。



    中山記念



    1着 △ネオリアリズム

    2着 △サクラアンプルール

    3着 △ロゴタイプ

     

    これも結果的に休み明けじゃない馬である、サクランプルール、ツクバアズマオー、クリールカイザーのなかから1頭選べば買えなくはなかったかもしれない。

    その3頭のうちクリールカイザーを選んでしまったのが大失敗。
    ノリさんがめっちゃ上手く乗ったのもあったけど。




    もう完敗。重賞が全く的中しないのはちょっといけませんね。

    来週はオーシャンS、弥生賞、チューリップ賞と重賞3つ。

    しっかり反省を活かして予想していきたい。

    本当休み明けの人気の馬買うくらいなら、他の馬買ったほうがいいということですね。


     

    このページのトップヘ