「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    カテゴリ:予想

    馬場は少し重め。

    ペースはマルターズアポジー次第だが、平均~ちょいスローで予想していく。おそらく完全なTS戦にはならないのでそこを考慮して。




    ◎ヤングマンパワー
    ○レッドファルクス
    ▲エアスピネル
    △イスラボニータ


    ◎ヤングマンパワー


    この馬はあまりにもペースが流れすぎるといけない、でもスローすぎてTS戦になってしまうと他の馬に抜かれしまうという難しい馬。

    ただ今日のような少し重い馬場、そしてペースもハイペースにならなそうというのは結構いい条件だと思っていて、

    イスラボニータに完勝した富士Sなんかは、
    13.0 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.2 - 11.2 - 11.8

    3F戦なんだが、そこまでTS戦にならなかったレースで良さが出ている。


    速い脚は使えないが、ジリジリと長く脚を使うことが出来る馬。


    最近の凡走は割とすぐ理由付けができて、
    毎日王冠、マイラーズC、東京新聞杯はドスローからの上がり勝負になってしまったこと。
    長く脚を使えるので、ある程度の着順は来れているが、イスラボニータ、リアルスティール、サトノアラジンなどの馬にはさすがに負けてしまう。

    安田記念はハイペースといってもかなりきついペースで、前半1000m57秒台を外枠から3番手追走してしまったのが原因。
    もともと関屋記念で前半1000m57秒台でも好走はできていたが、このときは6番手の追走だったのでまだ大丈夫だった。
    安田記念は逃げ馬にかなり近い3番手でしたからね。



    富士Sではイスラボニータを破っている、完全な上がり勝負となってヤングマンパワーにも不利なレースだったマイラーズカップでもエアスピネル、イスラボニータに対抗できている。

    上位人気馬2頭と戦ってときよりも、枠が良くて、条件も良くて、叩き3戦目とかなりいいローテーションをしているなら13番人気というのはおいしい。



    相手は上位人気3頭。


    レッドファルクスは1600mは問題ないが、少しタフな馬場になっているのが微妙。
    高松宮記念はインをずっと通って3着とあまり良くない内容でドスローになればまず2着内は間違いないと思うが・・・

    エアスピネルは東京新聞杯のような極端すぎる上がり勝負は少し苦手でも、ある程度なんでもこなせるので、ここでも好走しそうではあるが、1週前追いきりがかなり悪かったのが気になる。最終追いきりはそれなりに良かったが・・・

    不良馬場の影響を喰らってる可能性を少し考えてしまい相手で。


    イスラボニータはロンスパ気味になるとどうかなというところ。



    馬券はヤングマンパワーからのワイドで。

    例年より少し時計のかかる馬場ということで、いつものような切れ味勝負にはなりにくいかなというところ。



    ◎ミッキークイーン
    ○マキシマムドパリ
    ▲クロコスミア
    ▼スマートレイアー
    ☆エテルナミノル
    △モズカッチャン、ディアドラ、クイーンズリング、ヴィブロス






    ◎ミッキークイーン


    ミッキークイーンは後追いではあるが、TS戦というよりはちょっと消耗戦に寄ったほうがいい成績を残せている。

    それを考えると去年のエリ女より重い馬場は歓迎だし、ペースも去年よりは流れやすそう。


    休み明けだが、追い切り自体は良かったし、実力とオッズを考えたらこの馬本命でいいかと。



    ○マキシマムドパリ



    去年のエリ女よりは明らかに条件は良い。

    もともとTS勝負だとキレ負けするタイプではあるし、これくらいの馬場はいい。

    愛知杯、マーメイドSはバテ差しで完勝しているし、思ったよりペースが流れたりしたら怖さはある。




    ▲クロコスミア



    クロコスミアはどちらかというとTS戦寄りの馬だと思っていたが、WASJ2戦目のレースは結構新しい面を見せてくれた。

    12.5 - 11.2 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 12.4 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.1

    札幌でも後半の開催で、馬場も重かった。
    ペースもそれなりに流れて、淡々とした脚を使わされるレース。

    これを2着と大差つけて勝利。

    この馬の場合脚の使い方というよりも、追走力が問われない方が大事なのかなと。その前のハイペースだった福島牝馬S、クイーンSは負けていますしね。


    2200m自体はWASJのタフな馬場の中での圧勝を見ると大丈夫そう、ペースも流れることはなさそうなので条件は良い。枠もいいので穴で期待。




    抑えは広めだけど3歳勢は着たらしょうがないかなという感じのやり方で。

    逃げ馬不在ということで、スローになりそうな展開。土曜の競馬見ても、かなりペースがゆったりしたレースばかりだったし、TS戦で考えていく。


    馬場自体は高速馬場で、先週までの影響はなくなった感じ。




    ◎ハッピーモーメント
    ○アルバート
    ▲レコンダイト
    △デニムアンドルビー、トルークマクト


    馬券 ワイド

    ◎-印


    ◎ハッピーモーメント



    前走は大敗してしまったが、ペースが思ったより前半から流れてしまったことと、4ハロン勝負になったこととか、もしかして右回りが・・・、とか状態が・・・、とかいろんなことが考えられる。

    ただあそこまでの大敗になると、実力というよりは状態面での負けなのかなと考えている。


    もともと高速馬場での3F戦はかなり得意で、日本海Sではヴォルシェーブに対抗していた。

    目黒記念から東京2500mは得意舞台といえそうだし、今回逃げ馬不在で仕掛けが遅くなりそうなのもプラス。




    あとは上がり勝負でもそれなりに対応できるが、斤量が怖いアルバート、人気薄ながらも毎回掲示板内に食い込み、東京2500も得意なレコンダイト、内枠でハマれば怖いデニムアンドルビー、上がり勝負で強いトルークマクトを抑え。

    馬場は重馬場、秋天にしては珍しく消耗戦の競馬になりそうで、去年、一昨年とかの秋天の実績はそこまで重要じゃなくなった感じ。


    全体的にレースを見ると、内前残りになっているように見える。穴馬が特に先行して残っているケースが多いし、前に行く馬を重視しながら差し馬を拾いたい。



    ペースはロードヴァーンドールが作りそう。今までロードヴァンドールが逃げると、前半スローに落としながら、残り4,5ハロンから仕掛けていくという形。




    ◎ネオリアリズム
    ○サトノクラウン
    ▲ヤマカツエース
    ▼キタサンブラック
    △4,8,10,11,13,18

    ◎ネオリアリズム



    ここは枠といい、実績といい、調教といい即決だった。

    まず重馬場実績という点では札幌記念でかなり強い勝ち方をしているし、前述したスローからの5,6ハロン勝負については、中山記念(12.6 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7)でこなしている。
    重馬場で思ったよりハイペースのバランスになっても。マイルCSのようなかなり速いペースまで対応できる力はある。


    休み明けではあるが、前の週の段階でいい時計を出すなど状態面もそこまで悪くなさそう。

    前にいける、枠もいい、馬場む向きそうということで、人気もそこそこだし、狙いたい一頭。




    ○サトノクラウン




    単純にサトノクラウンを下げたのは、サトノクラウンは明確にハイペースになると2016の宝塚記念のように凡走するケースがあるのが心配。

    もともと秋天では適性とは思えない凡走が続いてるのもあるので、2番人気を考えると相手で様子見。




    ▲ヤマカツエース




    まずヤマカツエースについては、体重が増えてから金鯱賞以前の凡走はそこまで気にしなくていいと思っていて、それまで全く東京コースダメダメだったが、今ならチャンスあると思っている。それくらいガラッと馬が変わったと思っている。


    馬が変わる前からも、重馬場はそれなりにはこなしていたので、今の状態を考えるとここでも通用する余地はありそう。



    大阪杯はちょっとポジション後ろだった割によく追い詰めた方だし、札幌記念も休み明けを考えれば上出来。枠もいいし、ここは期待。





    △キタサンブラック



    今年の宝塚記念の凡走でもう重馬場からっきしダメなイメージがついてしまったが、個人的にここの凡走は春天のレコードの反動が原因としたほうが納得できる。

    もともと2016の宝塚記念で前総崩れの中唯一3着まで残ったほどの力は重馬場のなかでみせている。

    単純に能力、適性はこの中でも最上位だが、どれくらい仕上げてくるか。

    不良馬場ということで人気馬は軒並み嫌いたい感じ。
    全馬あまりにも未知数なので金額抑えて買います。

    セントライト記念はドスロー&高速馬場でラスト加速ラップを踏むとんでもないレースだっし、神戸新聞杯もTS戦になったので、前哨戦の着順は全く関係ないかなと。




    ◎マイネルヴンシュ
    ○トリコロールブルー
    ▲ウインガナドル、ミッキースワロー
    △ステイッフェリオ、クリンチャー、ベストアプローチ、サトノクロニクル、ポポカテペトル、ダンビュライト

    馬券
    ◎○-印

    軸は◎○の二頭で。



    ◎マイネルヴンシュ



    マイネルヴンシュは前走の内容で長距離適性はある程度示したと思うのと、内枠で先行できてタフな馬場でも問題ないってところで一頭目の本命に。

    2走前もメンバーレベルを考えればそこまで悪くなくて、外をずっと立ち回り、勝負どころでリッジマンにプレッシャーをかけられるかなりしんどい展開で5着なら。

    ウインヴォラーレ、アドマイヤウィナー、レジェンドセラーあたりはロスなく立ち回っていたので差はそこまでない感じ。



    ○トリコロールブルーは前走の内容がかなり良かった。


    体重を30kg以上増やしての休み明け。メンバーレベルもそこそこ高い中で勝ちきったのはかなり評価できる。
    しかもこのレースは、
    13.0 - 11.5 - 12.8 - 12.9 - 12.5 - 12.3 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 12.6

    と結構タフさが要求されたレース。
    しかもレッドローゼスが早め先頭に立ったところを、バテ差しでジリジリ伸びてきての勝利とかなりいい内容だった。

    上がり3F36.1というかなりタフなレースな中でこれだけやれたのはスタミナがあることを示せたのかなと。


    体重がかなり増えて、馬も変わってきていると思うし、上積みで期待かな。




    ウインガナドルは重馬場好走歴あるけど、ナンヨープルートーをどう見るかというところ。人気も過剰にしてるしちょっと相手でみたいかな。


    ミッキースワローは未勝利で圧勝したレースが印象的で、タフな馬場でもやれるんじゃないかと。
    重馬場は未知数だけど、有力馬のなかではマシな枠だし人気馬のなかではこの馬。



    クリンチャーとかも本命候補ではあったんだけど、重馬場の新馬戦で大敗してるのが気になるところで、すみれSでいかにも菊花賞はこなす走りはしてるんだけども他の馬と違って重馬場でもう負けちゃってるのがどうか。
    相手で。

    このページのトップヘ