それでは続き。

ダンスディレクター


この馬はある程度緩い流れだったら抑えなければいけない一頭かなと思ってます。

前走は後方勢はどうしようもない展開だったのでね。
去年の毎日王冠みたいな。



レッドファルクス


個人的にCBC賞は見ていて、「は?」みたいな感じでした。


ノンコノユメの武蔵野Sも「おい、おいマジかよ」という感じだったんですが、これと似ている。


この週の中京は超高速馬場でかなり逃げ残りが目立ったんですよね。
なので本命はラヴァーズポイントにしたんですけど、レッドファルクスは拾えなかったですねぇ。

レッドファルクス以外は全部前残りで決まってるんですよね。
あんな外ぶっさしは中京開幕週でなかったんじゃないか?


セントウルステークスのビッグアーサーの逃げ圧勝を見ても全然ミッキーアイル本命を揺るぎなかったんですが、これを見たときはやばいかもと思いましたね。

あの差しができれば、差し勢では1番有力だと思います。




ネロ


完全に夏に全力だったと思うので、さすがに厳しいかな。

前走は後方にいた馬は勝負にならなかったので、ダンスディレクター、エイシンブルズアイ、ウリウリより強いとするのは時期尚早。



ベルカント


ムラっ気があるタイプだと思っていて、走ってしまえば十分可能性あると思うが、ダメな時は着外。

わざわざ武豊をブランボヌールにしたのが少し臭いですが、人気が全くしないなら抑えくらいしてもいいかな•••
消しもありだけど。



ウリウリ


前走外回して上がり最速ということで、そんなに悪くはなかった。
そもそも藤原厩舎の休み明け、特にG1に向けての休み明けは本当に走らないのであんなに人気してたのはおかしい。

買うならここでしょうね。

やたら衰え衰えと言われてはいますが、
実際衰えかなと思ったのは阪神カップくらいかなと思っています。

京都牝馬は上位にきた馬がほとんど外を回していたが、この馬はずっと重馬場の最内を通っていたので度外視できると思います。
逆に57kg背負わされた割に頑張ったなと思うくらい。


高松宮記念は急に超高速馬場になり、外がやたら伸びるという意味のわからない馬場。
あまりにも特殊すぎる馬場なので再現性が全くない。
どちらかというと1400よりのスプリンターのウリウリにとって1.06.7の勝ちタイムというのは流石に速すぎたかなと思ってます。

ヴィクトリアマイルはいつも凡走してるので適正外ということで度外視すれば衰えと決めつけるのはまだ早い気がします。

去年ほどではないと思いますが、ペースは例年より遅いと予想しているので、この馬の決め手が活きる展開になると思います。


しかも乗るのは戸崎騎手。ようやく重賞連続記録が終わったので、人気薄てサイレント戸崎する可能性も。



ソルヴェィグ


この馬買うならシュウジ、ブランボヌール買ってしまうよなぁ。

すごい微妙なラインにいると思うんですが、ここは消しで。