ということで書いていきます。


小倉6R テーオーピコタン

このレース圧倒的な一番人気の馬がいるが、デビュー戦も別にハイレベルではないし、エイシンティンクルが勝った未勝利も前残りで内をきれいに立ち回っていた。

前で残った馬は全く未勝利勝ち上がれていなくて、差しで届かなかった馬がどんどん未勝利を勝っているところを見ると、じゃあ一番恵まれたこの馬をそんな評価できるのか?というところ。

ということで自分はテーオーピコタンを推したい。 

もともと小回りは得意で、シンシアズブレスが勝った未勝利に注目すると、
このレースで掲示板に載っている馬の中で未勝利を勝ち上がれていないのはこの馬だけで、ハイレベルなレースといえる。

あまり前目にいく馬がいないなかで前で競馬ができるこの馬は展開的にもよさそう。


新潟10R プレミオテーラー

このレースアストラエンブレム、サトノキングダム、ノガロなどの3歳勢が人気をかなり集めている。
そのおかげで1000万下を勝っているプレミオテーラーが5番人気。

トップスピードの質はなかなかのものがありここでも上位にこれると思う。

3歳でも信頼できるのはアストラエンブレムくらいだが、言うても休み明け。

サトノキングダムはメイショウタチマチ、ジュンヴァルカンに勝っているが、この2頭ともスローからの上がりを求められる競馬は得意ではないはずなので、0.1差をそんなに評価していいか?

ノガロは持続力勝負のが向いていると個人的には思っているので。


札幌11R サンソヴール

ハイレベルパールS組がこの斤量で出れるのは大きい。
鈍足の持続タイプの馬なので、高速のラップを踏むようなレースではついていけず、差し損ねる相対差しの馬。

スローからの4,5ハロン持続戦とかになればこのメンバーならチャンスあり。