高速馬場だが、例年よりは差しが決まるイメージ。



◎サトノクロニクル
〇トーセンバジル
▲シュヴァルグラン
△2,8,12,14,16

馬券
馬連
◎-印
ワイド
◎-〇▲



◎サトノクロニクル

最初はトーセンバジル本命かなと思っていたが、枠でサトノクロニクルに。

阪神大賞典は、不利を受けながらレインボーラインに喰らいついたのは評価したい。
距離伸びて良さが出ているし、高速馬場のがベターなので、馬場も適性とマッチ。

エンジンのかかりが遅いが、それは下り坂でカバーしていけるので、阪神3000よりも条件が良くなる。

今年の重賞戦線での4歳馬の活躍、大阪杯の1,2,3着が4歳馬ということを考えるとサトノクロニクル本命でいいかなと。人気も落ち着いてくれましたし。


〇トーセンバジル


高速馬場のが絶対いい馬なので、日経賞はしめしめという負け方。
ただ枠が悪い。これをデムーロがどうカバーしれくれるか。
京都大賞典、香港でのレースを見ると、高速馬場なら、G1クラスでも通用すると思うので、対抗で。



▲シュヴァルグラン



何回も好走しているから言うまでもない。
ただ、好走した2回は騎手がうまく乗ったのもあるので、ボウマンに代わってどうかなと。
高速馬場では安定している馬ですし、特にケチつけるとこもないかな。大阪杯はドスローで特殊なレースになりましたし。


ガンコは買いたくないかな。日経新春杯では3着、そこから重い馬場で活躍したのを考えると、京都のしっかりとした高速馬場はマイナス。