馬場は標準~少しタフ。

ペースは例年の感じでいくと、前半600m33秒前半で追走していき、決め手勝負というよりは少し消耗戦寄りのスプリント戦になりそう。



◎ブリザード
○レッドファルクス
▲レッツゴードンキ
△レーヌミノル、シャイニングレイ


馬券 ワイド
◎-印


◎ブリザード



この馬を本命にした最大の理由が、今年のスプリント路線のレベルに疑問を感じたから。

スプリンターズSでのビッグアーサーが0.2差まで来たのが怪しくて、適性的にスローからの決め手勝負は京阪杯でサトノルパンに負けているようにそこまで得意てはない、しかも状態も長期休み明けで不安がある中でそこそこの着順に来れているのが・・・


ブリザード自身はスタートごちゃつき、後方から。前半無理矢理追って中団までポジションを上げ、そのまま直線。
内有利ではあったが、レッドファルクスには劣ったが、外からしっかり伸びて5着。


決め手勝負では滅法強いレッドファルクスに劣ったのはしょうがないとして、内を回したレッツゴードンキ、ワンスインナムーンとは同等もしくは、前半のごちゃつき考えたらそれ以上の評価をしてもいい気がするんですよね。


ブリザードには左回りがどうか?という問題はあるが、高松宮記念になって良くなる点もある。

それは今の中京の馬場、そして最近の高松宮記念の傾向を考えると、スローからの決め手勝負にはなりづらいということ。

ブリザードの香港でのレースを見ると、前走なんかはドスローの決め手勝負のレースなんだが、そこでは完敗。(休み明けもあっただろうけど)

ただ香港スプリントのようににしっかりハイペースバランスに入るスプリント戦ならラッキーバブルスのようなスプリント上位組ともそれなりにやれる。


ブリザードはエアロヴェロシティのように香港トップレベルではないが、それでもスプリンターズSの内容を考えれば全然通用すると思う。
枠も前回よりいいし、スムーズな競馬できれば。人気もそれなりでおいしい。




○レッドファルクス



ずーっと言っているが、CBC賞、1度目のスプリンターズSを見てから、この馬は高速馬場ならだいたい本命にしている。
ただ今回はそこまで馬場は良くない。

それでも、得意条件でなかった去年の高松宮記念なんかもしっかり3着まで来ているし、このメンバーなら流石に嫌うのは無謀かな。本命にはしないが。



▲レッツゴードンキ



この馬もタフな馬場でもしっかり走ってくれるタイプ。前回よりイン突きがハマらない可能性があるので、レッドファルクスより評価は低いが。



後は折り合いつけば怖いけど外枠のシャイニングレイ、状態上がってこれば怖いレーヌミノルを抑え。


ファインニードルは高速馬場での実績が多い、シルクロードSは馬場は標準くらいだったけどスローペースの京都だしな・・・と。そこまで推す要素がない。

ダンスディレクターはレッドファルクスと同じ感じで、高速馬場のがベターだけどタフな馬場だと少し不安かな。