今日の競馬を見る限り外を回すと少しきつそうな感じあったので、内先行を重視。

馬場は先週よりは重くなっていて、ちょい高速くらいまで収まった。





◎カレンミロティック



トミケンも本命に近いが、こっちはあまりタフな展開はよろしくないタイプ。
馬場も軽い方がベター。

阪神大賞典は過去2度出ているが、4着、6着。
ただ4着のときは、ドン詰まり、
6着のときは相手がシュヴァルグラン、アドマイヤデウス、タンタアレグリアと春天でも上位に来たメンツというのと、逃げてしまったのが原因かと。
逃げない方が成績がいいですからね。


今年は去年より馬場は軽いし、仕掛けが全体的に遅れてあまりタフな脚を使うレースにならなければ。



○トミケンスラーヴァ



こっちは逆にタフなレースになった方がいい。

単純に万葉S2着のリッジマンが一応それなりに結果を残したので、トミケンもある程度の評価が必要かなと。

AJCCは速いペースになってしまいましたし、ゆったりしたペースで展開していけば、チャンスあると思う。



▲クリンチャー


クリンチャーは高速馬場もいうて皐月賞で最低限こなしているし、タフな馬場だけとは思わない。

重要なのは、上がり勝負とか、いきなり加速させられるのがダメということ。まず阪神大賞典はそのような展開にならないだろうし。

人気の中で1番信頼できるのはこの馬かな。



アルバートが騎手が不安すぎる。
早めに仕掛けてくれればこの前残り馬場でもチャンスあるくらいだと思うが、なんせ福永騎手は金鯱賞でやってしまったイメージが強く・・・
メートルダールのときみたいに、スローってわかっててもみたいなことされるとまずきついので。

レインボーラインは最近重馬場じゃなくても好調で、結構いいと思うが、2つ不安が。

1つ目はレインボーライン自体そこまで長い脚を使わされたくないのかなということ。
超ロンスパの宝塚は馬場的には絶好のはずが全くでしたし、阪神大賞典はあまり合わない気が。

2つ目はこれまた騎手。岩田騎手が乗ったときのレインボーラインは毎回後ろからよく追い込んでるんだけどなぁ・・・と思わせるが、届かないのが現実。
同じこと言うが、タイムフライヤー、エルプシャフトが普通に飛ぶくらい外回すのがよろしくないので、消しかなと。


サトノクロニクルはクリンチャーとどっちにしようが少し迷った。

ただやはりチャレンジカップ勝ったときのメンバーが貧弱。
デニムアンドルビーはこの後全然ダメ、ブレスジャーニーも金鯱賞で結果残せず。
基本今4歳で強い馬って春のクラシックにしっかり出てた馬が多くて、別路線から活躍しているのはミッキースワロー、セダブリランテスくらいなんですよね。

セダブリランテスはそもそも連勝で500万下勝ったのが5月くらいで、春のクラシックに物理的に無理があった馬なので、うーん。という感じ。

基本はクリンチャーみたいに春のクラシックにしっかり出てた馬を重視したいし、消去法的に人気になってしまって妙味がないと思っている。