馬場は思ったより回復した。


ペースはそこまで流れなさそうで、スロー想定。


◎エテルナミノル
○マキシマムドパリ
▲エンジェルフェイス
△キンショーユキヒメ、ワンブレスアウェイ





◎エテルナミノル



消耗戦までいくと微妙ではあるが、カワキタエンカが騎手変わってそこまで引っ張るかというと微妙なところ。昔乗って勝ってるときはスロー逃げで勝ってますしね。

愛知杯は割と強い内容だと思っていて、結果的に上位は差し勢が多く、人気のない馬もいた。差し有利の展開を先行して押しきったのは非常にいい内容だった。


愛知杯、圧勝した八坂Sのラップを見るとL2最速で、スッと抜け出しての勝利。
中山で抜け出す脚を持っているのはアドバンテージだし、最低限ロンスパになっても対応できるのでロスなく運べれば。



あとは高速馬場じゃなければだいたい安定しているマキシマムドパリ、京都牝馬で結構がんばったエンジェルフェイス、前走は馬体重大幅増で度外視も、長く脚を使わされる展開になったら差し馬で怖いキンショーユキヒメ、前走大外枠から先行してがんばっていて、中山実績もあるワンブレスアウェイを抑え。