小倉は標準くらいの馬場。
その中で、先行馬が割と揃った印象。
ダノンメジャー、ヤマカツライデン、ウインガナドル、トリオンフと、人気馬も前に結構いるので、ハイペースになる可能性はあると思う。



◎ハッピーユニバンス
○サトノアリシア
▲ウインガナドル
△ダノンメジャー、スズカデヴィアス、ストレンジクォーク、クラリティスカイ



馬券
ワイド
◎-印



◎ハッピーユニバンス


結局ハイペース適性がそこまでないか、未知数という馬が多いので、この馬から。


TVh賞の内容、そこから重賞の成績がそこまで悪くない。
TVh賞は、テオドールがペースを流したレースで、
12.6 - 10.9 - 11.3 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.6
とハイペースから消耗戦になったレース。最初は中団で進めながら、コーナーから徐々に捲くり始め、テオドールを差しきる強い内容。
ここに出ていたサトノアリシア、ゲッカコウ、テオドール、ジョルジュサンクはOPに勝ちあがっているので、レベルも悪くない。


今回先行馬が多く、ハイペースになる可能性もそれなりにある小倉1800なので、小回りコースをハイペースで捲くりながら完勝したのは非常にいい内容。


府中牝馬Sは絶望的なポジションから、クイーンズリングと0.2差、デンコウアンジュとタイム差なし、
エリ女はG1なので、考えないことにして、
愛知杯も体重がかなり増えてしまったが掲示板争いはできているので、重賞でもそれなりの内容で走れていることがわかる。


外枠なので、少し乗り方が難しそうではあるが、先行馬がやり合って上手く捲くっていければ、能力は全然ここでも通用していいと思う。



あとは、簡単に。
サトノアリシアはTVh賞で、テオドールを早めに射程圏にいれながらも3着と粘っているので悪くない。
ハイペースでも追走できる力はありそうで、内枠でそつなく立ち回れそうなのもプラスかな。

ウインガナドルは単純にハイペースがどうか?という不安はある。
新潟記念は1000m59秒とそこそこのペースを追走できているのだが、あのレースはかなり前残りで恵まれた感じもあるので、相手で見るのが妥当かなと。
でもセタブリランテスと接戦はしているし、今の競馬で牡馬4歳勢を軽視すると痛い目に合うので。


あとはスズカデヴィアス、ダノンメジャー、ストレンジクォークを抑えで。


トリオンフは、ここ2走はスローからの2F戦で、今回のレースとは違う能力が問われそうではあるのと、3走前のレースが不満。
ペースが流れて、11秒後半の中速的な脚を長く問われるレースになったり、消耗戦になって強い競馬してないので、様子見が妥当。