土曜見る限り高速馬場で、軽い馬場への適性が問われそう。

ペースについてはキタサンブラックが引っ張りそうだが、キタサンブラックが逃げたときはだいたいスロー。宝塚記念はハイペースだが、あのときはかなり他の馬にプレッシャーをもらっていたので、これは例外。
スローからの3F戦で予想していっていいかなと。




◎マカヒキ
○キタサンブラック
▲サウンズオブアース
△ソウルスターリング、ヤマカツエース



馬券
ワイド
◎-印



◎マカヒキ



毎日王冠の負けさえ気にしなければ人気的にはマカヒキがベターかなと。

やはりこの馬は3歳春のように高速馬場で走らせたいというのがある。ただ京都記念、大阪杯なんかはそれが叶わなかった。
毎日王冠は念願の高速馬場だったが、伸びきれず。
ただ休み明けではあったし、内枠で窮屈になりながら最終的にはそれなりに伸びてきたので、まだ見限らなくても・・・という印象。


なぜ本命にしたかというと、まずそこまでメンバーが揃っていないこと。
ここまでの高速馬場になると、外国馬はかなりきついだろうし、レインボーライン、シャケトラ、サトノクラウンのように消耗戦寄りの競馬で活躍してきた馬も多い。シュヴァルグランなんかも決め手勝負になるとギアチャンジの部分でかなり劣るし、意外とマカヒキに付け入る隙があると感じた。

そしてマカヒキ自身の状態が良くなってきているのではないかということ。前走の秋天も唯一追い込んで掲示板まで来ているし、最終追いきりもかなり良かった。


今の馬場で、キタサンブラックがスローにもっていけばチャンスあると思う。




○キタサンブラック




キタサンブラックが1番怖いのはスローからの決め手勝負。
G2のころの大阪杯はそれで負けているし、京都大賞典もアドマイヤデウスにかなり追い詰められていた。

この高速馬場でG1レベルだと、スローで決め手勝負になる可能性は十分のあるので、絶対的な信頼はおけないかなと。秋天の疲労であれ?みたいなのもないとは言えないですしね。



▲サウンズオブアース


人気はないが、普通に実力を出してこれば怖い馬ではある。
高速馬場自体は問題ないし、決め手勝負になっても、ロンスパになってもある程度対応できる。枠もいいし穴で。



あとは良馬場になればそれなりに期待できるソウルスターリング、枠は悪いが能力はあるヤマカツエースを抑えで。