メンバー的にもスローからのTS持続戦になると思う。




◎ベストアプローチ
○キセキ
▲サトノアーサー






◎ベストアプローチ



長い脚を使わせたら青葉賞を見てもわかるとおりかなりの一級品。ただスピードに乗るまで時間がかかり、小回りの競馬場だと厳しい。


ダービーは4コーナーで前にいたもん勝ちなので、まったくの度外視。
逆にここで評価を上げたレイデオロを軽視する形になる。


更にベストアプローチは収得賞金1500万(キセキと同額)とそこまで上の方ではないので、出走できると思うが、確実に3着に入りたいと思うので。



キセキは叩いているので状態面では有利で、条件戦も強い勝ち方だったので、対抗。

サトノアーサーはスローからのまともなTS戦なら台頭できると思う。前走は道中徐々に後ろに下がってしまったので度外視。距離は少し心配だが。



◎からのワイド2点。