「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2017年04月

    青葉賞ですが、◎ベストアプローチ○アドミラブルで的中できました。

    結構ベストアプローチ推してる人が多かったので、そこまでつきませんでしたが・・・
    まぁワイド一点で仕留めれたのは良かったと思います。
    この勢い、春のG1シーズンに続けていきたいところ。




    ということで春天の予想です。


     今日はかなりの高速馬場。

    烏丸Sが2分23秒台突入していて驚いた。そろそろJRAも京都3200のレコードを塗り替えたいのかなぁと思ったり、思わなかったり。

    ペースについてだが、
    この馬場だと、まずスローになってしまいそう。

    キタサンブラックについてだが、
    毎回キタサンブラックが連勝していると、次はマークが厳しくなる。という話になるが、実際に展開が厳しくなったのは宝塚記念だけ。
    それをどう考えるか。


    正直長距離レースは、騎手の思惑がだいぶ絡むので、人によっていろいろ意見は変わると思いますが・・・

    自分は、ヤマカツライデンが大逃げしたとしても、2番手からスロー。そして坂下から11秒台に入って加速するレースになると思っています。 
    ということでそこまでの消耗戦にはならず、坂もないのでラストはそこまで減速ラップを踏まないかなと思います。 


    なので、タフなレースで勝ってきた馬は基本的に軽視。高速馬場適性を重視。
    そして、外を回さなくていいのも条件。前に行ける馬、インをつける馬を上にとった。




    ◎ゴールドアクター
    ○サトノダイヤモンド
    ▲ディーマジェスティ
    ▼キタサンブラック
    ☆ファタモルガーナ
    △シュヴァルグラン、レインボーライン、ヤマカツライデン、アドマイヤデウス



    ◎ゴールドアクター



    ゴールドアクターが嫌われる要因としては、日経賞の負け方である。
    今まで休み明けで一度も負けていなかったのに、着外になるなんて→衰え、勢いなくなった。という判断をしている人が何人か。普通に考えればそうですが、自分は少し違うと思っています。


    休み明け(5.0.0.0)の半分以上は条件戦なわけで、そこに注目するのではなくて、オールカマーと比較をしていく。


    オールカマー
    12.3 - 11.2 - 11.9 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.3 - 12.0
    2017日経賞
    6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6


    ラップをみたら、明らかに日経賞の方がタフな展開となっている。
    そして、馬場も日経賞の時のが明らかに重い。

    自分はゴールドアクターはスローペース、軽い馬場の方がベターだとおもっているので、日経賞の方が条件悪かったと思ってます。



    相手関係を考えると、
    オールカマーはサトノノブレスとクビ差で1着。マリアライトはもう勢いをなくしていました。

    日経賞はレインボーライン、アドマイヤデウスなどそこそこのメンバー。

    日経賞の方がどちらかというといいメンバーが揃ったと自分は思ってます。




    結局なにがいいたいかというと、
    オールカマーが休み明けでサトノノブレスとクビ差。

    じゃあ、同じ休み明けだったオールカマーより馬場、展開ともに条件悪く、相手関係も強かった日経賞はあの負け方でも仕方ないんじゃないの?
    というのが自分の考えです。

    なので日経賞はそこまでマイナス評価していません。オールカマーのときと同じくらい走った結果だと思います。
    去年の日経賞は、休み明けでサウンズオブアースに勝ちましたが、あのレースはゴールドアクターお得意のTS戦なので。



    ゴールドアクターは高速馬場のほうがベターだと思うし、自分の展開予想はそこまで消耗戦にならないとみているので、条件はかなり好転する。

    JC、有馬、日経賞はすべて馬場が重かったですからね。それでもそれなりに格好つけているあたり実力はまだ残っていると思うが。



    去年の春天の敗因は状態だろう。
    ゴールデンウィーク週で、輸送に時間がかかったせいか当日は落ち着きが全くなかった。
    それと外枠が重なって、思い通りの競馬をできず0.6差12着。なので度外視でいいだろう。


    今回はゴールデンウィーク週ではないので、輸送の負担は軽減されるので、去年のようなことが起こる確率は減るだろう(当日のパドックは注目。)



    最近の負けはそこまで悲観する内容ではないのに、人気はかなり落ちている。割とタフな馬場のほうがいいんじゃない?という馬も多いので、2強の一角崩しを期待したい。





    ○サトノダイヤモンド



    正直前走はかなり強かったなぁ。と見てました。



    阪神大賞典のラップは、
     12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

     
    基本的に長距離適性がより問われる阪神大賞典で、阪神3000適性抜群のシュヴァルグランをあっさり破ったのはかなり収穫。
    どちらかというキタサンブラックよりもこっちのほうが長距離適性という面では信頼できそう。



    有馬記念は斤量軽かったので、あれだけキタサンより強いという判断は難しいが、高速馬場は問題ない、長距離問題ないと春天で好走する材料は揃っている。


    この枠ならまず包まれることもないし、スタートも悪くないし、ピンク帽だからかなりマイナスイメーージがつきまとうが、15番と考えればまだマシか。


    ただマイナスがないわけではない。
    それは初の58kgということ。
    阪神大賞典でシュヴァルグランと同斤の57kgを経験しているので、そこまでマイナスではない気がするが、これが4歳馬にとっての鬼門なので、少し評価を下げた。



    ▲ディーマジェスティ



    日経賞はそこまで悪い競馬ではなかった。
    斤量も背負ってましたし、他の4歳馬と比べてここは明らかに叩きといえるレースなので。


    結局この馬の適性ってなんともいえないところなんだが、よく考えたら皐月賞はレコード馬場、ダービーも速い上がりが出て、そこそこ馬場が軽かったことを考えたら、軽い京都って実はそこまで悪くなさそう。

    ペースと展開を考えると、
    皐月賞ではハイペース適性、ダービーではスローからの上がり勝負にも対応できるあたり展開への適性は広そうですし、もともとサトノダイヤモンドとも匹敵する力を持っていた馬。


    3歳秋は何かおかしかった。前走は少し上向いてきたので叩いての上積み、そして春天大得意の蛯名騎手のサポートがあれば十分可能性あると思う。



    △キタサンブラック



    前走大阪杯は、

    12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0



    ただこれはマルターズアポジーが作ったペースで、本質的にはスロー。
    前日の 雨のおかげで、馬場が少し重くなりキタサンブラックに味方したというイメージ。

    JC、有馬のように馬場が重いと抜群の安定感を誇り、まず連は絡む。なので有馬記念は本命にした。


    それでは高速馬場、軽い馬場はどうなの?ということになるが、
    軽い馬場だった京都大賞典、春天、菊花賞はすべて引っかかる内容。


    京都大賞典


     12.7 - 11.5 - 12.0 - 13.0 - 12.8 - 12.2 - 12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.1 - 11.1 - 11.5
    休み明けではあるが、アドマイヤデウスにあれだけ詰められるか? 
    上がり勝負がダメなのか、高速馬場がダメなのかわからないが、キタサンブラックにも弱点は少し見えたレース。


    2016春天
    13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9
    1枠1番という最高の枠でありながら結果的にカレンミロティックに詰められたレース。
    正直カレンミロティックに辛勝というのは今の競馬ぶりを考えれば明らかにパフォーマンスを落としている。 
    その後の3着になった宝塚記念のほうがよっぽど強いレースをしていると思うし、このときキタサンブラックは京都×高速馬場はそこまでベストではないと感じた。



    2015菊花賞
    12.7 - 11.1 - 11.6 - 12.3 - 12.5 - 13.1 - 13.7 - 13.7 - 11.8 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 12.2 - 11.6

    内枠から最内もぐりこんで、スーパーファインプレイを北村騎手がやりながらも結果的にリアルスティールに詰められたレース。




    長距離適性は間違いないといわれるのは、菊花賞、春天を勝っていることからだと思うが、内容的にはそこまで。
    高速馬場ではパフォーマンスを落としていると思うし、枠も去年以上はありえない。もし連を外す、馬券外があるならこのレースかなと思っています。



    抑え馬は簡単に。


    ファタモルガーナは去年はめちゃくちゃな競馬で7着。良い枠引いたのでまともな競馬できれば。
    シュヴァルグランは去年は最内突けて、そこまで悪くなかったので、それで3着ならある程度底を見せているのかなと。ただ福永騎手の意識次第では去年以上も。
    レインボーラインは中枠欲しかったかな・・・
    という印象。ただもともと3番手にしようと思っていた馬なので抑えには。



    最後に消し馬。


    シャケトラは京都適性に疑問符。

    美濃特別(3着) 
     12.8 - 11.1 - 12.4 - 12.9 - 12.1 - 12.2 - 12.5 - 11.4 - 11.0 - 11.5 

    3歳500万下 
     13.0 - 11.5 - 12.4 - 12.3 - 12.4 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.5 - 11.9 - 12.1 - 12.6
    境港特別 
    12.5 - 11.6 - 11.7 - 12.7 - 12.8 - 12.5 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.5 
    日経新春杯 
    12.8 - 11.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 12.1 
    日経賞  
    6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6 

    連勝しているレースはすべて馬場、展開ともにタフなレースばかり。 
    最後ラスト減速したラップを踏むところでバテ差しを決めるというのがシャケトラのレース。 

    少し違うのが日経新春杯。ラスト坂が無いので、0.3しかラスト減速していません。ただ結果的に53kgでミッキーロケットに負けてしまった。 
    京都だと渋って馬場がタフになっても、少し弱さを見せてしまっていて、高速馬場の京都はどうなのか?というところ。 

    あともうひとつ58kgの問題。 
    有名な話ですが、春天は4歳馬がよく飛ぶという話になります。 
    それのひとつの原因として、58kgの斤量が堪えたという理由付けをしますが、この馬は56kgまでしか経験していません。 


    このように、まず高速馬場、京都が合わない可能性大。 
    そして斤量が一気に増えると買う材料が全く無い。 
     



    アルバートはエンジンのかかりが遅いので内で捌くのが難しい、ただ外回すと厳しい。
    だいぶ相手も広くなってしまったので、そこそこ人気しそうなこの馬はバッサリと

    簡単に。

    ◎ベストアプローチ
    ○アドミラブル


     ◎ベストアプローチは距離伸びたほうがいいと思う。
    いつも最後はグンと伸びてくるのだが、届かず。
    エンジンのかかりが遅く、中距離で優位に立てるほどのTSがないので、差し遅れる。

    しかし脚の持続力はいいものを持っているし、重賞でも好走しているが人気を落としているので、本命で。
    外枠ひけたのも追い出しが重要となるこの馬にはよかったかな。


    ○アドミラブルはアドマイヤロブソンに圧勝という時点で実力は上位かと。
    普通に対抗で。

    馬券は◎-○ワイド一点で。

    今回は、キタサンブラック、サトノダイヤモンド以外の人気馬の展望していきます。



    春天の適性バーはこのような感じ。


     春天 予想適性バー


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    中間雨が降るらしいが、どのくらいの影響があるのかわからないので日曜の馬場をそのまま反映。

     

    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    なんだかんだ中盤は緩みやすい春天。
    問題はどこから仕掛けるか。


    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
     
    これはすごい難しい。
    今度こそキタサンはマークされる・・・
    と言ってまともにきついマークをくらったのは宝塚記念くらい。
    それ以外はすべてスローに落ち着いているし、ヤマカツライデンがどういう逃げをするかかなり気になりますが、今回キタサンブラックだけでなく、サトノもいるので宝塚みたいにとんでもないマークにならないと思うが・・・

    なので坂下から11秒台に入って加速するレースになると思っています。
    ということでそこまでの消耗戦にはならず、坂もないのでラストはそこまで減速ラップを踏まないかなと思います。




    これを踏まえてシャケトラから解説していきます。





    シャケトラ




    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



     
     ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     






    シュヴァルグランと争う3番人気。逆転候補の一頭として人気していますが・・・
    ツイッターでも言いましたが消します。

    春天というのは、いうても高速馬場適性が問われます。
    シャケトラはどうでしょう?

    美濃特別(3着)
     12.8 - 11.1 - 12.4 - 12.9 - 12.1 - 12.2 - 12.5 - 11.4 - 11.0 - 11.5 

    3歳500万下
     13.0 - 11.5 - 12.4 - 12.3 - 12.4 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.5 - 11.9 - 12.1 - 12.6
    境港特別
    12.5 - 11.6 - 11.7 - 12.7 - 12.8 - 12.5 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.5
    日経新春杯
    12.8 - 11.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 12.1
    日経賞 
    6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

    連勝しているレースはすべて馬場、展開ともにタフなレースばかり。
    最後ラスト減速したラップを踏むところでバテ差しを決めるというのがシャケトラのレース。

    少し違うのが日経新春杯。ラスト坂が無いので、0.3しかラスト減速していません。ただ結果的に53kgでミッキーロケットに負けてしまった。
    京都だと渋って馬場がタフになっても、少し弱さを見せてしまっていて、高速馬場の京都はどうなのか?というところ。

    あともうひとつ58kgの問題。
    有名な話ですが、春天は4歳馬がよく飛ぶという話になります。
    それのひとつの原因として、58kgの斤量が堪えたという理由付けをしますが、この馬は56kgまでしか経験していません。


    このように、まず高速馬場、京都が合わない可能性大。
    そして斤量が一気に増えると買う材料が全く無い。
    これがツイッターで消すといった理由です。




    シュヴァルグラン


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    レースの質

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    シュヴァルグランもどちらかというバテ差しタイプ。

    ジャパンカップのラップは
    13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

     レースを見るとシュヴァルグランが追い込んで来たのはラスト150mくらいから。

    それまではなかなか伸びず、モタモタしていた。

    エンジンのかかりが遅く、ラストラップが落ちたところでバテ差しを決めるというのがこの馬のパターン。


    去年の春天はアドマイヤデウスが少し邪魔になっただけで、結構うまく競馬できていて、うまくインを突いて3着。

    これ以上の競馬ができるかどうかがポイントになる。

    枠、騎手の意識次第といったところか。






    続きはゴールドアクター、レインボーラインです。
    【天皇賞・春 人気馬展望】の続きを読む

    春天 予想適性バー


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     








    サトノダイヤモンドの適性バーは・・・・


     馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     
    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     







     正直前走はかなり強かったなぁ。と見てました。



    阪神大賞典のラップは、
     12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

     
    基本的に長距離適性がより問われる阪神大賞典で、阪神3000適性抜群のシュヴァルグランをあっさり破ったのはかなり収穫。
    どちらかというキタサンブラックよりもこっちのほうが長距離適性という面では信頼できそう。



    有馬記念は斤量軽かったので、あれだけキタサンより強いという判断は難しいが、高速馬場は問題ない、長距離問題ないと春天で好走する材料は揃っている。



    ただ不安がないことはない。


    まずひとつは斤量が重くなること。初の58kgというのはあまり成績が悪くないので、それを打ち破れるか。

    次に、ルメール。
    ルメールは正直長距離うまいというイメージがなく、内枠ひいたときにうまく外にだせるか?
    菊花賞はサトノエトワールの助けもあったが、今回は?

    去年のアルバートとかも、あまりいいレースとはいえないし、先行馬ではない以上ある程度捌くか、外に出さないといけないので、それが騎手の腕がより顕著になる春天でできるか?




    理想としては極端な内枠は引いて欲しくない。中枠引いて、好スタートを活かして、中団前目のポジションを取れたらかなり有力だと思う。


     

    久しぶりの展望いきます。

    せっかくの春天ですし、しっかり一頭ずつ見ていきたいと思います。



    春天 予想適性バー


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    中間雨が降るらしいが、どのくらいの影響があるのかわからないので日曜の馬場をそのまま反映。

     

    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    なんだかんだ中盤は緩みやすい春天。
    問題はどこから仕掛けるか。


    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
     
    これはすごい難しい。
    今度こそキタサンはマークされる・・・
    と言ってまともにきついマークをくらったのは宝塚記念くらい。
    それ以外はすべてスローに落ち着いているし、ヤマカツライデンがどういう逃げをするかかなり気になりますが、今回キタサンブラックだけでなく、サトノもいるので宝塚みたいにとんでもないマークにならないと思うが・・・

    なので坂下から11秒台に入って加速するレースになると思っています。
    ということでそこまでの消耗戦にはならず、坂もないのでラストはそこまで減速ラップを踏まないかなと思います。







    ということでキタサンブラックの展望。



     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     






    まぁこれくらい適性は広くなってしまう。



    前走大阪杯は、

    12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0



    ただこれはマルターズアポジーが作ったペースで、本質的にはスロー。
    前日の 雨のおかげで、馬場が少し重くなりキタサンブラックに味方したというイメージ。

    JC、有馬のように馬場が重いと抜群の安定感を誇り、まず連は絡む。なので有馬記念は本命にした。


    それでは高速馬場、軽い馬場はどうなの?ということになるが、
    軽い馬場だった京都大賞典、春天、菊花賞はすべてケチをつけれると思っている。


    京都大賞典


     12.7 - 11.5 - 12.0 - 13.0 - 12.8 - 12.2 - 12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.1 - 11.1 - 11.5

    休み明けではあるが、アドマイヤデウスにあれだけ詰められるか? 
    上がり勝負がダメなのか、高速馬場がダメなのかわからないが、キタサンブラックにも弱点は少し見えたレース。


    2016春天
    13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9
    1枠1番という最高の枠でありながら結果的にカレンミロティックに詰められたレース。
    正直カレンミロティックに辛勝というのは今の競馬ぶりを考えれば明らかにパフォーマンスを落としている。 
    その後の3着になった宝塚記念のほうがよっぽど強いレースをしていると思うし、このときキタサンブラックは京都×高速馬場はそこまでベストではないと感じた。



    2015菊花賞
    12.7 - 11.1 - 11.6 - 12.3 - 12.5 - 13.1 - 13.7 - 13.7 - 11.8 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 12.2 - 11.6

    内枠から最内もぐりこんで、スーパーファインプレイを北村騎手がやりながらも結果的にリアルスティールに詰められたレース。




    長距離適性は間違いないといわれるのは、菊花賞、春天を勝っていることからだと思うが、内容的にはそこまで。
    高速馬場ではパフォーマンスを落としていると思うし、枠も去年以上はありえない。もし連を外す、馬券外があるならこのレースかなと思っています。


    評価としては3番手以下になると思います。





     

    このページのトップヘ