「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年11月

    せっかくなんで一応予想を。

    ダートは全くやらない人なので、能力の物差し比較と、ローテで判断していきます。




    まず大一番JBCクラシック。


    これはコパノリッキーが田辺で、アウォーディーが武豊ということが最大のポイントでしょう。

    先行勢は、クリソライト、アウォーディー、コパノリッキー、ホッコータルマエと豊富。

    差し勢は去勢明けで、明らかに叩き台っぽいノンコノユメ。そして一回叩いているサウンドトゥルー。


    先行勢がガシガシやって、どの馬が生き残り、どの馬が差してくるかというのが重要でしょう。



    まずコパノリッキー。

    逃げなくてもという馬になったが、負けるときはあっさり。
    だいたいこの馬が負けるのは「完調に近い」ホッコータルマエのマークを受けて沈むとき。

    いやホッコータルマエいてもここ2走勝ってるやん!
    でも
    ホッコータルマエは休み明け走らないので、完調じゃないとマークしてもマークしきれず負けちゃうことがあるので今回は別でしょう。

    休み明けを抜けば、

    2014チャンピオンズC
    2014東京大賞典 
    2015チャンピオンズC
    2015東京大賞典

    これ全部ホッコータルマエに先着させられてます。

    実はホッコータルマエに勝っているのは、ホッコータルマエが休み明けのときと超人気薄で勝ったフェブラリーSだけなんです。


    今年はホッコータルマエも初のJBC、そして3連覇している川崎記念の同舞台ということで、南部杯をしっかり叩いてここに臨んできました。

    ということは今回のホッコータルマエは侮れないのが1つ。


    さらにコパノリッキーのことを1番知っている武豊がアウォーディーに乗る事。コパノリッキーが負けるパターン演出する可能性がある点怖いですよね。

    ということでゴリゴリの1番人気になりそうな今回は少し軽視でいきたいと思います。




    ホッコータルマエはさっき言ったように良績がある川崎のJBCに向けて始めて前哨戦を叩いてきた。

    そもそもホッコータルマエって衰えているので•••、もう全盛期の力は•••と言われてますが、

    自分はまだそう決めつけるのは早いが気がするんですよね。


    この馬が衰えって言われるのは、去年のJBCクラシックくらいからだと思いますか、それぞれのレースは敗因があって、


    2015 JBCクラシック→海外帰りの休み明け
    2015 チャンピオンズC→ハイペースを先行し、先行勢壊滅のなか、粘って先行勢最先着の5着。
    2015 東京大賞典→コパノリッキーをマークして負かしたが、サウンドトゥルーのバテ差しを喰らい2着。
    2016 川崎記念→サウンドトゥルーには詰められたが、それはカゼノコが相手の時もそう。この馬は抜け出すとふわっとしちゃうのはいつも。
    2016帝王賞→海外帰りの休み明け
    2016南部杯→休み明け、そもそも馬場が特殊すぎて再現性がない。

    こう見ると、別にそこまで悲観することはないんじゃないですか?

    休み明けで帝王賞を勝った時は相手が弱かったですし、休み明け走らないのは前からそう。


    嫌われるなら普通に買いたい。



     ノンコノユメは今回去勢手術明け。人気がある馬なので信念で買うひとも多いでしょうし、消し。


    アウォーディーはちょっと評価されすぎかな。
    シリウスSはもうダートに見切りをつけたダノンリバティに斤量差があっての勝利。
    名古屋大賞典は相手が弱すぎたし、アンタレスSは外から脚を使わされて58kgだったアスカノロマンに迫られる。
    前走もモーニンに斤量差ありながら迫られたのは事実。サウンドトゥルーは完全に叩きだと思いますし、斤量差もありましたしね。

    今回先行勢は最高レベルのメンバーなので、それに対応していけるか。


    サウンドトゥルーは、
    今回先行勢はサバイバルレースになるのは間違い無くて、
    全部馬券内に生き残るのは考えにくい。
    しかも差し勢筆頭ノンコノユメは休み明け。
    それならばバテ差しでき、前哨戦をしっかり叩いたこの馬が最有力。
    距離も長い方がベター。

    クリソライトはこのメンバーで海外帰りというのは•••



    なので印は

    ◎サウンドトゥルー
    ○ホッコータルマエ
    ▲コパノリッキー


    馬券は◎-○ワイドが本線。
    ◎-▲も抑え。




    次はJBCスプリント。


    これは全くわからない。


    とりあえずソルテでいいんじゃないでしょうか。
    さきたま杯を見る限り力はまだありそうだし。
    ソルテの単複100円かな?



    JBCレディスクラシックは距離が1600だということが盲点ですかね。
    意外と短い。


    アムールブリエは完全に距離伸びていいタイプだと思うので、微妙。
    関東オークス勝ちだが、距離短くて微妙タイニーダンサーも買いたくない。

    それ以外のホワイトフーガ、トーセンセラヴィ、トロワボヌールくらいから買えばいいんじゃないでしょうか。



    こんな感じでJBCを楽しみましょう。
    クラシックは本当に楽しみ。

    たぶん馬券は500円くらいしか使わないかな?
    今週の本番はアルゼンチン共和国杯なのて。



    競馬 ブログランキングへ1クリックお願いします!ワンアンドオンリー



    過去の栄光が悲しい・・・



    まず雑談を。

    自分はアイドルに少しだけ詳しいんですが、
    ただこのアイドル好きというのは一般的にライブに行って、握手会でいろいろするというのが想像できると思いますが、自分はそういうのは興味なくて、

    アイドルが出演しているバラエティ番組をみるのが好きなんですよね。

    AKB系列でいえば、AKBINGO、終わってしまいましたが有吉AKB共和国、
    昔はハロプロ系列にハローモーニング、ハロモニとかそういう番組があってモーニング娘。が好きだったんですけど、最近はAKB系列も、ハロプロ系列もちょっと衰退気味。。。

    今は乃木坂、欅坂が元気があるんで、最近は欅ってかけない、乃木坂工事中とかをみたり、個人的にアイドルのバラエティ番組の最高傑作だと思っているアイドリング!!! をみてます。アイドリングはもう解散してしまっているので、youtubeでアップされているのを見ているんですけどね。


    やたらtwitterでアイドルの話をしているのはこういう経緯が。

    最近の話題でいうと橋本奈々朱ですよね。
    いまcancamのモデルで、スポーツ番組のアシスタントもやってて、これから芸能界を余裕で生き残っていけるような仕事が多いのに引退。

    すごい意思だと思いますよ。
    橋本奈々朱もそうですが、意外とアイドルをなりたい!と思ってなくて入った人とか、普通の生活に戻りたいとか言う人がアイドルとしてすばらしい多いんですよね。
     

    twitterでよく言っているアイドリングの伊藤祐奈というのもそうです。
    まぁだれ?というのが普通ですけどね。ぜひ調べてみてね。





    ということで本題。
    穴馬出走馬分析いきます。





    ワンアンドオンリー(58kg)


    これが定量なら話は違いますが・・・

    さすがに重賞3勝、ダービー勝ちですからまぁ妥当ですかね・・・
    実は有馬記念、JCは結構見せ場のあるレースをしていて、いつか絶対買うべき馬だと思います。
    ロンスパになったらおもしろいですね。今なんかめちゃくちゃしぶとい脚を使うことがレースからわかるので、あまり急激なトップスピード戦になったらダメだと思いますが、抑えるべきだとは思います。




    クリールカイザー(57kg)



    前走は◎打って4着。
    ○ゴールドアクター、▲サトノノブレスでツクバアズマオーが届かなければ大本線だったんですが・・・

    中山のコーナー巧者のこの馬にとって前走がベストだったと思うし、陣営もそれをわかってそれなりに仕上げていたはずなんですが・・・
    あれでツクバアズマオーに差されちゃうならちょっと故障の影響あるかもしれないですね、

    力はあるので一応抑えますが、あまり期待してはいないですね。




    レコンダイト(55kg)



    今年の目黒記念は見所たっぷりでした。
    クリプトグラムに斜行を受けながらなんとか4着まできた。

    相手はマリアライト、ヒットザターゲットですから、今年のアル共もレベル高いですが、目黒記念もいいメンバーだったので通用する余地はあると思います。
    クリプトグラムとハギノハイブリットは強さ的には同じくらいだと思いますし。


    前走は休み明けでしたし、ラップ的にもあまりあわなかったかなと。
    戦歴見るとこの馬は東京2500でそれなりにまとめてくるので、陣営もここを狙ってアイルランドトロフィーを使ったはず。

    穴馬のなかでは一番おもしろいんじゃないでしょうか。



    ショウナンバッハ(54kg)



    この馬に2500は少し長いかもしれませんね・・・

    2400以上では結果ができていないのでちょっと微妙なところですよね・・・

    追い込みが決まりやすいなら一考。


    トレジャーマップ(51kg)


    前走は前が全く残らない馬場で追い込んできただけ。
    アルゼンチン共和国杯自体軽斤量はあまり有利ではないので、魅力がないですね。
    普通に消しでいいと思います。



    まぁこんな感じでしょうか。
    ヴォルシェーブは少し評価されすぎな気がしますね・・・
    ゴールドアクターは条件戦は完勝ばっかりでしたしね。そもそもアングライフェンが強いか微妙ですし。

    シュヴァルグランも叩きですし、アルバートも最近は微妙。
    難しいレースになりそうですね。楽しみです。





    競馬 ブログランキングへ1クリックお願いします!









     

    このページのトップヘ