「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年11月

    ダートG1チャンピオンズカップの展望をしていきます。



    今回去年ほどおかしなハイペースにはならないと思うので、去年バテ差し組のサウンドトゥルー、ロワジャルダンとかはちょっと軽視したいですよね。

    ノンコノユメもちょっと軽視はしなければいけないと思いますが、去年はマイナスがあったと思っているので。


    ただ中京ダート1800は圧倒的に先行が有利です。
    逃げ、先行は単勝、複勝回収率ともにプラス。
    去年をみて、差し有利と思うならかなり妙味があると思います。




    ということで出走馬分析。




    アウォーディー




    もちろん強いですけど、ダートは一戦だけで急に評価が浮き沈みするのでここまで人気するのは•••
    という感じですね。


    この馬は日本テレビ盃から変わったことがあります。

    それはソラを使うようになっていることです。

    武豊TVで言ってたんですが、抜け出すと走るのを少しやめるようになっているらしく、調教にも出てるらしいです。

    実際JBCもソラ使ってましたし。
    それをプラスに捉えるか、マイナスに捉えるかですよね。





    ノンコノユメ



    追い込みは不利なのは間違いないです。

    ただ去年はは3歳でした。
    3歳で古馬と混じってダートで活躍するのは厳しいです。
    ホッコータルマエだって3歳のときは今では子供扱いしてるような相手に負けたりしてます。
    それほど3歳は厳しい。

    今回古馬になったことである程度期待ができそうですが、
    去勢開けの不安がある割に人気をしているのが•••




    ゴールドドリーム



    3歳で古馬と混じって勝つのはかなり厳しいです。
    ノンコノユメなんて武蔵野Sでタガノトネールに斤量差かなりあったのに勝っていてチャンピオンズカップでは負けています。
    しかも最内うまくついて、前が総崩れという恵まれた展開なのに。

    じゃあゴールドトリームはどうなのか?
    厳しいと思います。



    コパノリッキー



    ハマれば1着、ダメなら着外でしょうね。


    いつも言ってますが、完調のホッコータルマエにコパノリッキーは勝ったことありません。
    勝ってるのは全部ホッコータルマエが休み明けのとき、例外は超人気薄で勝ったフェブラリーS。

    幸騎手はいつもコパノリッキーを目標に上がってくるのでそれをどう考えるか。
    しかも武豊騎手もおそらくコパノリッキーは厄介だと思っているはずでマークする可能性ある。
    だってノンコノユメとかマークしようがないですしね。


    ホッコータルマエ出ないみたいですね•••(記事を書いた後)




    モーニン



    スピードダートの方がいいので重馬場が欲しいところだが、たぶん良馬場。

    日本テレビ盃でアウォーディーと接戦しているが、アウォーディーはソラを使っているので単純な比較では難しい。



    ただ地方より中央のダートの方がいいという印象で悪くはないと思う。

    良馬場でも現OP馬のプロトコルに3歳時で圧勝してるので問題ないと思いますけどね。




    サウンドトゥルー



    前走は去勢手術開けこノンコノユメにあまり差なし、しかも今年のチャンピオンズカップは去年ほどほバテ差し合戦にならないと考えられる。

    この馬は基本的にバテ差しが持ち味で、去年より展開が向かない上に勢いも少し落ちていることを考えたら•••




    アポロケンタッキー


    そもそもみやこS組があまり強くない気が•••


    前残りの展開に乗っかった感ありますし、ゴールドトリームを軽視するならこの馬を買ってはいけない気がする。



    アスカノロマン




    前走の大敗がかなり気になりますが、中央ダートならアウォーディーと接戦していた馬で評価できる。(ソラを使い始めたのは秋からだと思っているので)


    帝王賞終わったくらいの時はチャンピオンズカップはこの馬本命でいいかなと思っていましたが、状態次第。



    ということでこんな感じです。
    中京開催なので見に行けたらよかったんですが、その日に限って予定が入ってしまい行けるか微妙。

    佐々木希が来るらしいので行きたかったなぁー。



    ヴォルシェーブ



    金鯱賞の展望ですね。


    JCは外れました。
    ルージュバックはうまくいけばと思ってましたが、流石に外には出せませんでしたね。
    リスク承知で買ったので別に後悔はしてません。
    もともと結構投資するはずだったんですけど、あまり投資しない方にシフトしました、

    こっから的中目指して頑張ります。




    金鯱賞ですが、最近の中京の馬場がおかしいというのは高松宮記念からずっと。

    高松宮記念週は超高速馬場、平場とかは高速すぎて前行ったもん勝ち馬場になってました。

    そして7月開催。
    馬場変わるかな?と思ったら開幕週と二週目くらいまで超高速馬場の前残りで全然変わってませんでした。

    雨がめちゃくちゃ降ってその傾向は収まりましたが、また立て直してどうなるか?

    土曜の芝のレースは見ておきたいですね。

    ということでとりあえず前残り高速馬場で予想していきます。



    ペースですが、
    スズカデヴィアスとリアファルという逃げ馬がいますが、
    たぶんリアファルは無理矢理逃げないでしょう。これからがすごい大事な馬ですからね。
    もともと逃げなきゃいけないというタイプでないですし、スズカデヴィアスが逃げるということでいいでしょう。

    まぁスズカデヴィアスはどっち出るかまだわからないんですが•••

    もし出なければドスロー前残りは濃厚ですかね。

    シュタルケ✖️リアファルはペースが上がる気がしないですし。



    ということで出走馬分析。




    ヴォルシェーブ




    前走アルゼンチン共和国杯は外差しにうまく乗れての3着。
    この時点は軽視しようと思ってましたが、流石にこの休み明けが多いメンバーと、差し馬ばかりのメンバーですからね。
    先行できそうなのは、リアファル、マイネルラクリマ、サトノノブレスくらいしかいません。(スズカデヴィアスも出れば該当)


    たぶん馬場次第でデムーロが前につけるというシチュエーションもあるでしょうし、高速馬場での上がり勝負になったらここでは上位な気がします。





    サトノノブレス



    中京2000はかなり得意としてるコースなので人気しそうですね。


    鳴尾記念でもレコード持ってるくらいなので時計勝負に対応できているので高速馬場も問題なさそう。

    ただこのメンバーだと超スローもありえそう。
    そうなった時の決め手勝負では一枚劣りますね。

    スズカデヴィアスが出なかったらおそらくリアファルが逃げることになると思いますが、
    なんせリアファルは怪我明けで短期免許のシュタルケ。
    まぁデムーロが逃げてしまう可能性もありそうですが。


    ただ前に行けるので有利なのは間違いない。



    トーホウジャッカル



    高速馬場は良さそうですが•••

    体重には注目しときたいですね。増えてたらいらないと思います。
    とりあえず叩いて日経新春杯とか行くべきな気がしますが•••
    賞金足りてないので。


    リアファル


    調子が戻っていれば余裕で勝てると思います。
    前に行けてそこから速い脚を使うことができるのはこのなかではかなりプラスのはず。

    ただちょうど一年ぶりなので少し迷いどころ。




    デニムアンドルビー



    長期休養明けにプラスして、追い込み馬。
    さすがにきついと思います。



    シュンドルボン



    自分はずっと言っているんですが、この馬は一瞬しか脚がない。
    ということで中山牝馬ステークスで完勝したのも、この馬の末脚の長さと直線の長さがハマるからというのはエリ女でこの馬を消した時に言いました。


    今回もそこまで条件好転とは言えませんが、頭数が少ないので射程圏が狭くなるのはプラス。





    というような感じでなかなか難しいですね。
    自分はスズカデヴィアスの出走を期待してるんですよ。
    トップスピードの質ではラブリーデイともやれていたくらいですし、前残り濃厚となればかなり面白いと思うんですよ。

    どうせステイヤーズS出てもモンドインテロ、アルバートが強いんだから休み明けが多いこっちにしてほしいです。

    頼みますよー。


    最近ペースしかあたってないのでそろそろ予想も当たるようにがんばります。







    競馬 ブログランキングへ

    1クリックお願いします

    ルージュバッグ




    馬場次第で予想変わります。



    土曜日の東京の馬場は外差しが優勢。
    ただ微妙なところで当日の10Rまでしっかり見たい。

    天気も自分が見たやつでは18時から雨が降るそうで影響はないと見ました。とりあえず良馬場外差し優勢で予想していきます。


    ペースについては、
    単純に今回は逃げ馬がいない。
    もし逃げるとしたらキタサンブラックか、ワンアンドオンリーあたりでしょうか?

    たぶんキタサンブラックは逃げたくないと思うんですよね•••
    JCで逃げ馬が残ったことは過去10年で一度もありません。更に今の東京も差しが少し有利(ちょっと前残りも出てきていますが•••)

    ワンアンドオンリーは田辺が乗るという情報ですが、田辺はあまり速い逃げをするタイプではないので、そしたらドスロー上がり勝負。まさにこの前のアルゼンチン共和国杯や、安田記念。

    キタサンブラックが逃げた場合は他の馬がスローすぎて早めに仕掛けてこない程度のスローに落とすと思うんですけどね。やっぱ東京は基本的に逃げが残りにくいですしね。
    ただこれはあまり確率が高くないかなと。ペースが流れる可能性も否定できないです。


    これらから、スローの決め手勝負で予想していきます。
    キタサンブラック以外が逃げるとスロー濃厚ですし、キタサンブラックが逃げてもスローの可能性あると思ったのが理由です。


    ◎ルージュバック
    ○ディーマジェスティ
    ▲キタサンブラック
    ▼リアルスティール
    △ゴールドアクター
    △サウンズオブアース
    抑シュヴァルグラン
    抑トーセンバジル

     




    ◎ルージュバック


    この本命はどちらかというと消極的本命。
    ただ消去法でいろいろ考えた結果ルージュバック本命になった。


    いつもルージュバックのときは決まった不安要素を言うがそれはとりあえず置いとく。


    スローで予想するので、そうなったらこの馬のスローからの決め手、トップスピード持続はこの相手でも武器。
    しかも広いコースの東京は間違いなくベスト。

    前走はリアルスティールに被されて、エンジンのかかりが遅いこの馬にとっては致命的な不利を受けてしまった。ただエンジンかかってからの伸びは凄まじくて、ブレーキ踏まなかったらな・・・
    と思わせる一戦だった。
    ただアンビシャスが伸びない内から4着まで来てることを考えたら、毎日王冠はそこそこレベルは高かったかなと思います。

    アンビシャス比較でいけば、単純なものさしだと、リアルスティール、キタサンブラックに全く通用しないというのはないと思います。
    まぁ毎日王冠のアンビシャスは叩きとか、ルージュは賞金欲しかったとか、蕁麻疹があったとか状態面の差はなんとも比較が難しいんですけどね。



    エリ女、毎日王冠を見る限りやや重はあまりよくないので良馬場もプラス。

    データ的にも牝馬で、前走秋天組と買う要素は満載なんだが・・・

    不安は内枠。

    馬群での競馬はヴィクトリアマイルを見る限りクリアしてると思うが、問題はエンジンをかけてスムーズに追い出せるか?
    それをしやすいのは外枠で、内枠は良くないだろうと思っていて、これは明確に不安。

    ただトップスピード戦に実績のある差し馬が意外といないこと、ようやく人気が落ちてきたことを考えたら、
    戸崎騎手がうまく導く方にかけてもいいかなと思った。
    これで単勝10倍以下ならこのリスクを負うのはどうかと思いますが。


    6,7番人気ですしリスクはあるがこの馬から。


    ○ディーマジェスティ

    ダービーは
    12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 13.1 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 11.6

    コレだけみればスローでも・・・
    と思うが、ダービーの1枠は2割増しだと思っているので評価は置いときたい。

    セントライト、菊花賞のようにスロー競馬でやられているわけで、皐月賞のようなハイペースでタフな競馬がベストという可能性もなきにしもあらず。
    調教も思ったより微妙だったし、本命は避けた。

    ただ3歳世代総大将ではあり、差せる馬なので普通に買います。





    ▲キタサンブラック


    スローのレースは京都大賞典、大阪杯でこなしているので問題ないだろう。
    着差は少ないのでなめられるが、なんだかんだいつもいいレースするので、そういう馬なんだろうと思います。


    今回前に行く馬は厳しいと思っているので、それだとキタサンブラックは買えないだろう、
    となりますが、差し有利だった宝塚記念もなんだかんだ前で粘っているので粘る可能性は十分あると思います。


    ▼リアルスティール


    普通に外から中団にとりついて、決め手を使ったらたら有力だとは思う。

    秋天は
    13.3 - 12.0 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7
    ドスローからのトップスピード勝負。
    これで秋天最先着の2着。

    今回もスローからのトップスピード勝負だと思うし、それを考えれば本命でもよかったが・・・

    不安要素が何個かあって、

    まずムーア人気。

    ムーアはあまり乗れてないしそこまで信頼できるかというと微妙。

    あとムーアがどう競馬するか?
    前につけちゃいそうな可能性も結構あると思うので、もし前につけたら差し有利のときにどうなってしまうか。

    もうひとつは状態の上積みが本当にあるか?

    おそらくG1休み明けで2着だから上積みで勝てるだろう・・・
    という人気もあると思うが、いうてもノーザンファームなのでこの時点で普通に仕上がってた可能性もある。

    距離不安も2400は神戸新聞杯でリアファルに骨折明けだったけど負けているし、菊花賞の距離適性はそこまで関係ないと思うのでまだ完全に払拭できたわけではない。

    ルージュバックと違ってこっちは人気しているので相手で。




    ☆レインボーラインは速い脚を使われなかった菊花賞、札幌記念、NHKマイルが強かったので、
    今回トップスピードの質、持続力は問われたときにこの一線級と戦えるか未知数。
    ただ前走も唯一外からぶっ飛んできたり、能力は高いので相手本線で拾っておきたい。



    抑シュヴァルグランは前走は一応トップスピードが問われるレースだったが、正直相手が微妙。

    どちらかというと春天、阪神大賞典みたいに11秒中盤の中速的な脚を問われたほうがよくて、速い脚が問われると日経新春杯みたいになってしまうかなと。
    今は抑えとしているが消しもありうる一頭。



    △ゴールドアクターは器用さと、一瞬の脚で勝負するタイプ。前残りなら展開に助けられて・・・
    とは思ったが、差しも決まるとなればちょっと怖い。


    競馬 ブログランキングへ
    1クリックお願いします!
     

    キャピタルSの予想ですが、一頭しか買いません。


    ◎フルーキー


    馬券
    ◎の単勝


    一番おいしい馬券はこの馬の単勝だと思います。
    馬場的にもこの馬は軽すぎるよりは、ある程度タフな馬場になったほうがいい。パンパンの良馬場じゃない今回は馬場的にまずプラス。

    ペースが流れると強さをみせていて、
    中山記念は超ロンスパでかなりタフな競馬のなか、超好メンバーのなか4着。
    チャレンジカップも阪神1800でペースがそれなりに流れるタフな競馬のなか好走しているし、
    同じ舞台の東京新聞杯も2年前にある程度適性は見せている。

    前走は叩き立ったと思うし、ムーア人気でダノンリバティが人気吸ってくれるならおもしろいと思う。


     
     

    穴馬出走馬分析です。


    ちょっと重馬場の可能性も出てきたのでそこに触れながらいきたいと思います。



    ルージュバック



    前走はエンジンの点火が遅いこの馬にとって致命的な蓋のされ方。
    たぶんあれ蓋されなかったら2着まであったと思います。
    強い馬ならあれくらい被されても来るでしょ?
    というのも理解できますが、それはシンハライトのような反応が鋭い馬ならまだしも、ルージュバックのようにどうしてもトップスピードに乗るのが時間かかる馬は同じ不利でも致命的です。

    東京のスローペースになると必ずぶっ飛んでくる馬で今回も期待できる。
    ただそうは言ってもどの枠からの発送でもどうにかなるというわけではなく、
    できれば6〜8枠に入りたいところ。人気落ちするなら大外枠でいいと思います。

    そんな内を立ち回って器用にというタイプでもないので、大外からなるべくロスをなくしながら外を回って、最後この馬か届くと信じて追い出せばチャンスありでしょう。



    ビッシュ



    前走は輸送もありましたが、あまり速い上がりが問われるのもよくないかもしれないですね。

    とりあえず京都から東京にかわるのはプラスです。
    ただ良馬場だとまた前走みたいにキレ負けは考えられるのであまり買いたかはないかなという感じ。


    ただこの馬にとって朗報なのが重馬場。
    タフな競馬になれば紫苑Sでの圧勝劇の再現ありますし、重馬場は新馬で荒れた内側を悠々抜け出して圧勝しているようにたぶん大丈夫。

    もし重馬場なら一気に買いたい馬に浮上しますね。




    イラプト



    もし良馬場なら全くいらないと思ってましたが、馬場が重くなるなら買わなきゃいけないかなと。



    ラストインパクト



    おそらくスローなら1円もいりません。
    タフになったとき浮上しそうな馬ですが、それは重馬場でタフになるのではなく、ペースが引き締まってタフになる方がいい。

    宝塚記念はもし重馬場こなせたら面白いと思ってラストインパクトからもワイド、馬連を買ってたんですけどね。
    宝塚記念を重馬場のせいにするなら今回は買えないですかね。




    トーセンバジル
    ヒットザターゲット
    ワンアンドオンリー


    いらないと思います。
    ヒットザターゲットは実力的にもしかしてというラインですが、重馬場ダメですし、もし良馬場になったとして上がり勝負は最悪ですからね。




    良馬場ならスロー間違いなしだと思ったので、
    ◎ゴールドアクター
    ○ディーマジェスティ
    ▲キタサンブラック
    ほぼこの三頭で決まるかなと思ってましたが、

    重馬場になればゴールドアクターは少し不安要素がでてくるのかなと。
    あまりタフな競馬はダメだと思うんで。


    もし重馬場になれば
    ビッシュかレインボーライン本命で、
    あとはキタサンブラック、ディーマジェスティを重視しながら広く流すという感じですかね。




     


    このページのトップヘ