「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年09月

    皐月賞馬ディーマジェスティ再び中山へ。



    セントライト記念の展望いきたいと思います。


    正直牡馬戦線は上位が強すぎる。

    ナムラシングンがあの休み明けの仕上げで1000万を楽勝してしまうわけで、それより強いマウントロブソン、またそれより強いディーマジェスティが抜けているのは百も承知。

    この二頭が実力は抜けているでしょう。

    ラップ傾向的には、まず去年はヨコノリさんのミュゼエイリアンにペースを見事に刻まれて前残りにされてしまったので度外視。中山2200はよどみのない淡々としたペースになりやすく、中速を持続する脚が求められる。11秒台後半ですね。
     
     


    ということで出走馬分析いきます。


    重要なのは馬場。馬場次第で大きく予想は変わりそう。

    ディーマジェスティ




    普通に行けばここは有力でしょうね。

    皐月賞で流れるペースからのバテ差しでとんでもない強さを見せている。ここだけならサトノダイヤモンドよりよっぽど強い。ただこのレースは明確なトップスピードは問われなかったわけだが、

    ダービーでそこの不安も一切消えた。
    マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティはレースを何回かやれば着順は入れ替わってしまうような差だと思います。
    スローからのトップスピード勝負でも全く見劣りしていない。

    淡々と流れるペースがどうかというところだが、まぁ大丈夫かな。



    重い印は確定です。


     



    ゼーヴィント


    おそらく戸崎人気でマウントロブソンより結構人気すると思いますが•••


    前走はエンジンのかかりが遅いこの馬にとってそれをよくカバーした。内から脚を溜めて前がすぐに開いてスムーズに追える最高の競馬。

    斤量も恵まれてましたし、有力馬が軒並み外を回される展開になったのもでかかった。

    今回はディーマジェスティ逆転候補になるとあげられると思うが、そもそも能力が見込まれすぎているし、今までスローからな上がり3Fだけが11秒台刻む競馬ばかりしてきているので、個人的には消しか抑えまでかな。


     マウントロブソン

     
    この馬のいいところは前目でしぶといということですよね。

    皐月賞はリオンディーズにぶつけられ、ハイペースで先行して、向かい風を受けでしぶとく6着。
    あすなろ賞でも捲って完勝という強い競馬。


    有力所で前目で競馬できる馬はこの馬とプロディガルサンくらい。

    それならこの馬かな。

    ゼーヴィントがおそらく戸崎人気で人気をかなりしてマウントロブソンが3番人気だと思うので、割と妙味がでてきたかな。
    前残り馬場なら。


    プロディガルサン


    人気がないなら狙ってもいいんですが、ここまで人気すると•••

    一応2歳で想定するようなペースで勝ってはいるんですけど、古すぎる。

    東スポ杯も、ダービーもトップスピード持続、質を問われるレースで今回とリンクしない。
    賞金も足りてるし抑えが妥当かな。


    メートルダール



    クラシックでそれなりに戦えてて賞金足りていないのはこの馬だけです。


    結局重賞3着、OP2着とちょうど賞金が取れない着順ばっかり。かわいそう。


    実力は全然ここでも通用すると思うし、もし追い込みが効く馬場なら、



    次回穴馬編いきます。




    それでは出走馬分析後半いきます。



    アドマイヤリード



    これルメール乗るらしいですよ。
    すごい怪しくないですか?

    賞金も足りなくてルメール騎乗なんていかにもここを狙ってきているはず。

    これが先行馬なら本命もありだが追い込み馬なので馬自体は微妙ですけど、レッドアヴァンセ、アットザシーサイドよりは買いたいかも。ちょっと調教師のコメントには少し注意したい。脚質転換されたら怖いので。



    フロムマイハート



    もし稍重で開催されるならこの馬一択でしょうね。


    稍重で開催されたあすなろ賞は途中でマウントロブソンによってペースが引きあげられたせいでかなりタフなレースになったのですが、牝馬ながら健闘。


    相手はノーブルマーズ、アグネスフォルテという牡馬クラシック上位勢なので誇れるレース。

    良馬馬でも同舞台で強いレースしてますし、スイートピーS負けちゃいましたが、相手はオークス4着のジェラシーなので仕方ないかな。


    オークスはとりあえず度外視。


    賞金足りてないですし、前行けるので有力ですね。



    デンコウアンジュ


    かなり能力は評価してます。オークス本命の一頭でしたからね。この馬はスローからの追い込みズドンが1番いい。

    ただその追い込みが決まるならたぶん前は総崩れなので今回の予想のポイントとずれます。



    クロコスミア



    スローからの上がり勝負ならそれなりに実力を見せている馬で、実際カイザーバルともそれなりの競馬をしている馬。
    なのでやたらカイザーバルが血統人気するなら面白いと思います。


    フローラSはあの展開で先行して残るのはさすがにきついので度外視。
    もともとタフなレースは無理なタイプなのでレースの流れも合わなかったということでしょう。




    鞍上岩田騎手らしいですが、積極的に競馬して欲しい馬ですね。

    腐ってもアルテミス3着。能力はあるはず。


    今の所期待しているのは、カイザーバル、フロムマイハート、クロコスミアですかね。

    3頭ともスローからのトップスピード戦で強さを見せている、先行できる、前に行けるというのが揃っています。


    この三頭からシンハライトにワイドでもオッズ次第では•••

    ジュエラーがなんとも言えないですからね。















    ジュエラーVSシンハライト再び・・・

    ローズSの展望にいきたいと思います。

    ジュエラー




    ローズS自体は1番人気は強いです。

    なんでかというと、そもそも桜花賞、オークスはスローからのトップスピード戦になるということが多く、ローズSもスローからのトップスピード勝負になることが多いのでだいたいオークスか桜花賞の勝ち馬がなる1人気は勝ってしまう。

    ダウンロード


    ラップも重馬場になった2013年以外は中緩みしてからトップスピード勝負。
    雨が降るかはわかりませんが、とりあえず良馬場で予想します。
    重馬場になったらちょっと大荒れも考えなければいけませんかね。




    ということで出走馬分析いきます。





    シンハライト



    正直いうとメジャーを抜いたらこの馬が一番強いかなと思っています。ジュエラー万全でも。

    競馬予想TVの小林さんという方がこの馬はソラを使う馬ということを言ってて、なるほど。という感じ。
    なので桜花賞はメジャーエンブレムを目標にして中団外から競馬を進めていたのですが、メジャーエンブレムが抜けれなかったので早めに先頭にたって、フワっとしてしまいジュエラーに迫られると。

    このフワっとしてしまうことからオークスはゴール前でしっかり差しきろうという池添騎手の心理からか後方でためる競馬を選んだわけですよね。

    まぁ内枠を引かなければよっぽど2着は外さない気が・・・
    ビッシュがあれだけ強いわけですから、そりゃシンハライトはもっと。

    不安は重馬場になったときか。





    ジュエラー



    ローズSで妙味を狙うならまずこの馬を少し嫌うところからスタートかな。
    消しはしないんですけど来ないでほしいなあ的な抑えが妥当でしょうか。

    そんな書くことはありません。


    ここから馬券組み立てで重要なところ。

    阪神の馬場を考えると、前にいけて、トップスピード持続できて、そして賞金が足りない馬をこの2強以外で選びたいですよね。
    紫苑Sも賞金足りていない馬のワンツーでエンジェルフェイスが大敗ということを考えたら・・・・





    レッドアヴァンセ


    この馬もスローからのトップスピード勝負なら全然上位でもやれることがわかりましたね。
    桜花賞、チューリップ賞は少し状態面に不安があった感じでここは度外視でいいかな。

    ただ追い込み馬であることと、賞金が足りているので抑えかなと。
    間隔が開いているのは悪くはないと思う。





    アットザシーサイド



    この馬は少し難しい。
    ただ差し馬で賞金が足りているのはあまりそそらない。
    距離も微妙。
    桜花賞はメジャーとラベンダーヴァレイはぶつかりあっこしていましたし、レッドアヴァンセは体重、状態が・・・、

    なのでアットザシーサイドは少し漁夫の利的な競馬になったのかなぁと。
    アドマイヤリードが追い込めちゃうくらいの差し有利だということを考えたら、ラベンダーヴァレイのが評価したくなる。
    ほかの新興勢力もおもしろそうですし、消しも含めた消極的な評価で。






    ラベンダーヴァレイ



    1200使っていたからクラシック出る気ないのかな・・・?
    と思っていましたが、

    出るんかい!
    と心の中で。

    藤原厩舎なのでそんあアホ使いはしないと思うので、この1200使いはなんだったのだろうか。
    中京の負けは仕方ないので、普通にまた新潟とか使えばよかったのにわざわざ1200を使う?

    でも先行してしぶとい脚を使うので悪くないと思います。







    カイザーバル


    君子蘭賞は強かった、
    ラップは
    12.8 - 11.6 - 11.8 - 12.2 - 12.9 - 12.2 - 11.2 - 11.3 - 11.6
    でローズSと似ているラップ。12.9は少し緩みすぎですが。
    キンショーユキヒメに完勝というのは強い内容。
    前走はやたらかかっていましたし、休み明けでしたし、流れも淡々としていたので度外視。

    ここを叩いての2戦目ということ、先行できることを考えたらここは有力。
    気性が荒いので内枠を引いてほしいかな。

    ということで人気馬は終わりです。
    次回穴馬サイド。












     

    まずセントウルステークス。
    ハズレです。
    アットウィルは高速馬場はいけませんね。


    そして京成杯AHは•••


    1着 ▲ロードクエスト

    2着 ◎カフェブリリアント

    3着 △ダノンプラチナ


    ちなみに4着○ダイワリベラルで的中!

    抑えは広めにしたんですが、本線のロードクエストで決まってよかったです!

    少額投資ですが•••


    紫苑ステークスも◎ビッシュ△ヴィブロス○フロンテアクイーンで的中できましたし、今度は重賞が調子良くなってきました!


    ローズSとセントライト記念も頑張ります!




    簡単にいきます。
    馬場次第で当日変更の可能性あります!(特に京成杯)

    京成杯AH


    ◎カフェブリリアント
    ○ダイワリベラル
    ▲ロードクエスト
    △4,5,6、7,11、 13,14,15,16

    馬券は
    馬連 ◎-印
    ワイド ◎-○


    ◎カフェブリリアント


     5番人気で人気しすぎだろーと思う方もいるかもしれませんが、
    この馬阪神牝馬でスマートレイアー、ウインプリメーラに斤量プラス1kg差で差のない競馬。

    この馬はスローからのトップスピード勝負はダメで、それは関屋記念、ターコイズが当てはまる。

    それ以外平均からちょいスローくらいで淡々と流れれば、毎回しっかり馬券内。

    能力はまず間違いなく、ターコイズは特殊な競馬だっただけで中山1600も合うと思う。

    休み明けだが、この馬の場合はこっからマイルCS、エリ女ってタイプじゃない気がするし、堀厩舎を信頼したい。
    それに絶好調戸崎騎手なんだからこれで5,6番人気なら妙味あり。



    ○ダイワリベラル


    ダービー卿は内を立ち回った馬が有利だったが、外を立ち回った馬は厳しかった。

    そのなかで見せ場十分の4着。
    同じく外を立ち回った馬ロゴタイプは安田記念勝ち。内を立ち回ったマジックタイム、サトノアラジンは今後G1でも期待されるくらいの馬だということを考えれば強い内容。

    内枠を引いたし、やや重も走るのでここは狙い。


    ▲ロードクエスト

    3歳マイルで最上位。レインボーラインをみてもこの馬の能力はまず間違いないだろう。
    あとは差せるかだけ。



    セントウルS

    高速馬場なので一気にビックアーサーが有利に。

    なのでほんと少ししか買いません。
    もしかしたら買わないかもしれないので参考程度で。
    高速馬場はアットウィルにプラスではありませんからね。

    ◎アットウィル
    △2,3,6,10,13

    馬券
    ワイド ◎-印

    ◎アットウィル

    ネロとラヴァーズポイントに続く3番手が理想。

    急坂のコース替りはいいですし、ラスト減速するラップを踏むこの舞台は合う。

    条件戦は勝ちきれなかったが、位置取りが後ろになった割にがんばった淀屋橋S、差し有利の中先に抜け出して見せ場をかなり作った長篠Sなど評価できるものもある。

    千直がメイチということもないと思うので叩き3戦目で状態が上がってこればジャイキルもありうるかなと。


    ○ネロ

    ベストは千直競馬だと思っていて、1200は少しパフォーマンスを落とすと思っている。

    この人気はアイビス2着も踏まえた人気だと思うし、妙味がない。先行できること、休み明けじゃないことからもっと人気しそうですしね。

    ローテ的にも前走メイチでもおかしくはない。まぁ余力あるかもしれませんが。

    ただやはり前に行く馬のなかでは有力なのは間違いないので相手筆頭に。


    ▲ダンスディレクター

    休み明けでも走る馬ですし、あとは差し届くかだけ。


    △スノードラゴン

    前走を考えれば斤量面でもかなり恵まれている。

    CBC賞も前残りだということを考えればがんばりましたし、これも差しが届けば。

    このページのトップヘ