「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年09月

    ◎プロディガルサン
    ○ディーマジェスティ
    ▲ノーブルマーズ
    △メートルダール
    △マウントロブソン
    △プロフェット

    馬券 3連複
    ◎-○-印

    ◎プロディガルサン

    メートルダールが内枠に入ったこと、そして前残りの馬場なのでこっちを本命に。

    ダービーは大外から先行して粘ったことを評価。

    先行はできるので2席のなかの1つには。


     
    ○ディーマジェスティ

    さっき2席といったのは、この馬の馬券内は間違いないから。

    特にいうことはなし。


    ▲ノーブルマーズ

    前目でしぶといのはこの馬。

    人気がなすぎなのでおもしろそう。


     

    忙しい中かえってきました。

    セントライト記念は明日。


    フロムマイハート
     


    ◎フロムマイハート
    ○クィーンズベスト
    △ 1,4,6,7,11,12,13,14,15

    馬券
    複勝◎
    馬連◎-印

    道悪ということで大きく予想チェンジ!
    当初軸予定のカイザーバルを消しました。


    ◎フロムマイハート

     12.6 - 11.0 - 11.7 - 13.2 - 12.6 - 11.7 - 11.4 - 11.5 - 11.5 - 12.6
    あすなろ賞はマウントロブソンによってペースがあがって、11秒台を刻んでからラスト1秒以上減速する超タフなレース。しかもやや重。

    結果として内を立ち回って5着なのだが、アグネスフォルテ、ノーブルマーズと牡馬クラシックでもそこそこの馬と接戦だったことを考えれば上出来。

     

    サトノダイヤモンドが勝った500万も道悪だが、及第点の走りをしている。

    さらにこの馬賞金足りない馬なので仕上げてきているはずという点も推せる。

    中団前目くらいで競馬してくれれば。前過ぎるとつぶれる可能性高いので。

    かなり条件はそろっている気がするし、その割にまったく人気ないので。 

    ○クィーンズベスト

     実はサトノダイヤモンドが勝ったハイレベル500万で2着。
    さらにフローラSのペースが流れて、すごいタフなラップを刻んでレースで前目かなり粘っていたを考えると本命級なのだが・・・

    心配は輸送してからの連闘。
    あと重馬場になったローズSの前に行く馬はかなりしんどいので、逃げ濃厚のこの馬が粘れるかといわれると・・・


    シンハライト、ジュエラーは叩き、タフな展開、道悪が未知数ということで軸にするのは怖すぎる。
    折角磐石じゃないのだがら、妙味を狙っていきたい。 

    明日は忙しいので簡単に。

    中山8R
     ◎ラペルトワ
    心配なのは距離。一応2400で負けているので2500がどうか・・・

    ただおそらくドスロー、かスローになってあまりスタミナの問われない展開になると思うので大丈夫かな。
    2200まではしっかりこなしてますしね。

    能力は間違いなくここでも上位。
    相手がファータグリーン、ベアインマインドなど500万通用レベルとそれなりにやれていること、そのときのラップも自分の予想しているラップに似ていることから本命。

    グランプリ覇者二頭が激突。




    早くも有馬記念覇者ゴールドアクターと宝塚記念覇者マリアライトの激突ですね。


    中山2200はAJCCと同舞台になりますが、ラップとしてはスローからのロンスパor序盤から11秒後半を淡々と刻むようなラップを刻みやすくなっています。

    今年のAJCCは後者のラップ傾向でした。
    マツリダゴッホが三連覇したときはトップスピードが問われる競馬になっていたのですが、最近はほとんど問われない展開になりやすいです。

    サムソンズプライド、クリールカイザーがどれくらいペースを作っていくかが重要ですね。


    クリールカイザーがAJCCを勝ったときはとんでもないスロー逃げをしていたのでなんともいえませんが。
    そこらへんは決め打ちでしょう。自分はトップスピード戦に入ると人気馬が普通に勝ってしまう気がするので、そうならない展開で予想していきます。




    ゴールドアクター



    スクリーンヒーロー産駒ってモーリスもそうですけど、圧倒的なトップスピードの質と持続力を持っている馬が多いんですよね。

    この馬も実は菊花賞を終えて条件戦から有馬記念を超えて日経賞までずっとスローからのトップスピード戦で勝ってきたんですよね。

    春天で久しぶりに少しロンスパ気味の競馬をしたんですが、全くダメでした。それ以前になぜかめちゃくちゃかかってましたし、外枠だったのも少しアレでしたが。


    今回トップスピードが問われない展開と読むならばこの馬は少し軽視する側になってしまう。

    ただこの馬の場合未知数なだけなのでこなされてしまう可能性はあるが。




    マリアライト



    宝塚記念は個人的にキタサンブラック、ドゥラメンテが強いレースだったと思っています。

    このマリアライトの勝利を額面どおり受け取ってはいません。

    マリアライトは、マーメイドSのようにタフな競馬で勝ちきれず、オールカマーのようにスローから持続力勝負のレースで完全に見劣ってきた過去がありました。

    なのでマリアライトは恥ずかしながら宝塚記念で消しました。なので外れました笑

    この展開で来ると思わなかったんですよね。どちらかというと有馬記念、日経賞のようにトップスピードを問われて良い馬だと思っていました。

    今のところの自分の見解はこの馬重馬場巧者なんじゃないかな?と。

    そうするとすべてが上手くまとまるんですよね。これが違ったマリアライトはただのスターホースなんですが、田辺騎手とか、蛯名騎手は乗ってる感じはそんな強い感じはしない、G1とるとは思わなかった。とウイニング競馬で言ってたんですよね。


    それは置いておいても、去年は休み明けでダメだったわけです。今年も宝塚記念を勝って人気するということしか条件はほとんど変わりません。

    去年は外外回されたから•••
    という言い訳は効かないです。

    ショウナンパンドラも外回していましたし、そもそもマリアライトの今までの戦法は外から捲っていく競馬ということを考えれば外を回されることは必然です。


    そうすると買う要素は皆無なんですよね。



    サトノノブレス


    この馬の場合G1行くぞ!って感じでもないし、サトノの馬の賞金大将という感じですよね。この馬のおかげで、高額馬をポンポン買っても大丈夫という感じ。


    そんな話は置いといて、この馬は休み明けはしっかり走るタイプなので全く問題なし。

    去年のオールカマーは8ヶ月振りのレースで間隔が空きすぎですし、明らかに順調度を欠いていて、立て直しのための一戦だと思うので度外視。


    ラップ傾向的にも合うのでここは期待。



    カレンミロティック


    この馬は去年の宝塚記念や、秋天で本命にしていたり、かなり能力は高いと思っているんですが•••

    今年の阪神大賞典の走りから春天のあの好走を見ると、休み明けの今回は割引かなぁと。

    次走はメンボルンカップらしいので、抑えまでですかね。調教良かったらまた考えますけど。



    ツクバアズマオー


    ラップ傾向的には合うのですが、能力の割に人気しすぎ。

    函館記念なんて内立ち回って前にいたもん勝ちなので評価できない。

    ただスローからのロンスパは得意なので抑えは必要だと思う。




    とりあえずこれぐらいですかね。


    マリアライト、ゴールドアクター本命は絶対にないです。

    ゴールドアクターはトップスピードが問われてこそだし、

    マリアライトは去年のオールカマーを見ると軸にしたくはない。


    ローズSは本当もったいなかったので、しっかり分析したいと思います。




    個人的にセントライト記念よりローズSの方が荒れる可能性は高いと思っています。

    中山はロードクエスト、ダノンプラチナがある程度届く程度に差しは効きますしね。

    阪神は逆に高速馬場の前残り気味ですよね。
    さらにローズSの人気になるメンバー見てください。

    シンハライト→差し、追い込み
    ジュエラー→追い込み
    アットザシーサイド→差し
    レッドアヴァンセ→追い込み
    デンコウアンジュ→追い込み(先行もできなくはないが結果は出てない)

    この人気5頭すべて賞金が足りてる+馬場が前残りなのに差し馬ばっかなんです。
    (デムーロがジュエラーを先行させるという可能性も少しはあるかも。)

    シンハライトとジュエラーは能力は抜けてますが、

    それではレッドアヴァンセ、デンコウアンジュ、アットザシーサイドが馬券内にくる展開なら、

    シンハライトとジュエラーは来てしまうでしょう。
    それだったらもう旨味もクソもない配当です、諦めましょう。

    それなら前に行く馬、賞金の足りない馬から狙いたいですよね。

    個人的にはカイザーバル、フロムマイハート、クロコスミア、(クィーンズベスト)あたりなんですが、

    全部人気落としてます。そういうことです。

    ここまでローズSの話をしてしまいましたが、セントライト記念も少し面白そうな馬はいるので出走馬分析いきます。



    アルカサル


    結局ヒプノティストがどれくらい強いかによるんですよね。

    レース数が少なくてなんとも言えないところ。
    ただ叩いてるのはプラス。


    プロフェット


    ちょっと能力は落ちちゃいますよね。京成杯は強かったんですが、恵まれた感もあった。

    ただ前に行けるのは大きくプラスで展開次第で。


    カルヴァリオ


    この馬なんでこんな人気ないんですかね?

    不安は坂ぐらい。気性も少し不安ですが。


    前走の相手はかなり強かったですよね? 

    2着ミッキーロケットに完勝してますが、そのミッキーロケットはスプリングを前残りのなか差して5着。
    ナムラシングンともそれなりにやれていたりと、牡馬クラシックの中上位くらいですよね?

    3着メイクアップはそのあとワールドスーパーオールスタージョッキーの1000万のレースを勝ちます。

    このメンバーに完勝って余裕でオープンクラスで戦えますよ。

    先行できる馬ですし、中山も合うと思う。内枠引いて前に壁が出来たらディーマジェスティ以外なら倒すチャンスあると思います。 

    新潟でアップクォークに負けてますが、これはスローからのトップスピード持続勝負で今回のレースと全く関連性がないのでいいでしょう。

    黛騎手なので人気もなさそうですしね。


    ノーブルマーズ


    逃げてしぶとくしぶとく粘る馬。割とどんな展開でも対応できる。

    この人気なら買っといて損はないと思いますね。


    ケンホファヴァルト


    500万下は超前残りで恵まれた勝利。クラシック戦線では全く歯が立たなかったように、普通にきついかなと思います。



    ステイパーシスト



    すごい抑えるか微妙なところですね。

    アジュールローズと接戦してますが、プリンシパルSは内をきれいに立ち回り、しかも前残りの恩恵も受けれた勝利。
    ゼーヴィントが割とめちゃくちゃの競馬していた比較になりません。

    ダービーもあれが同枠、同じ勝負服のリオンディーズが同じ競馬出来たらおそらく勝ってたと思うくらい最高の競馬で歯が立っていない。

    寒竹賞みても明らかにタイセイサミットに劣っているわけで•••



    こんな感じですかね。


    カルヴァリオは少し舐められすぎだと思いますけどね。


    カルヴァリオセントライト記念でないみたいですね。
    ごめんなさい。

    このページのトップヘ