「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年09月

    オールカマー予想

    ◎クリールカイザー
    ○ゴールドアクター
    ▲サトノノブレス
    ☆ショウナンバッハ
    △ マリアライト
    △サムソンズプライド

    馬券
    馬連
    ◎-印
    3連複2頭軸
    ◎-○-印 


    ・展開

    逃げそうなのはエーシンマックス、サムソンズプライド、クリールカイザー。

    ただたぶん逃げるのはエーシンだと思うが、おそらく速い逃げになるとサムソンズプライド(ヨコノリ)とクリールカイザー(田辺)
    第二逃げの形になってうまくペースをコントロールすると考える。

    トライアルでもあることから、ノリさんor田辺が絶妙にスローに落として前残り決着になるのではないか。馬場次第だが。

    1,2着は前残りだろうと思っています。

    ◎クリールカイザー


    中山2200の実績は抜群。
    AJCCも強豪相手のなか余裕を残して勝利。

    ここでG2勝ちのミトラに完勝というのはすごい良い内容。
    個人的に能力はゴールドアクター、マリアライトに続く3番手だと思う。

    陣営は勝つならここか、AJCCだねといってるくらいなので仕上げはほかの馬達よりも一枚上だろう。


    七夕賞はあの展開でよくがんばったと思う。個人的にスローのがいいと思っている馬なのでハイペースであれだけ粘れたことからまだ実力は落ちてないと思っている。


    ○ゴールドアクター

    有馬記念がL2最速のトップスピード戦で、日経賞でも少し形は違うが、トップスピードを問われるとかなり強い。

    さすがに吉田隼人も乗り代わりのリスクが出てきそうだしここは無様な競馬はしないのでは?

    ▲サトノノブレス


    当初本命予定だったが、能力は3番人気じゃないと思うので相手に。


    ☆ショウナンバッハ


    最近の敗戦は後ろ過ぎる、後ろ過ぎる、馬場の読み間違え、後ろ過ぎるで度外視。

    AJCCで乗った戸崎騎乗だし、ゼーヴィントみたいな騎乗されたら前残りでも食い込んできそうなので。


    △マリアライト


    本当は消したかったのだが、少し渋っているし仕方なく抑え。
    前残り想定なので3着差込警戒といった感じ。

    この馬トップスピードでも、ロンスパでも、タフな流れでもそれなりにこなせる能力はあるのだが、実際去年はしっかり負けていることを考えると

    今年は有馬記念また仕上げを考えなければいけない立場ですし、斤量も重くなるし(この馬はあまり斤量苦にしないタイプかも)去年より人気するし、買いたくない要素はたくさん。

    結構テレビに出てるプロ予想家はエリ女から急に馬が変わったとかなり都合の良い予想をしているが、実際マーメイド、オールカマーはしっかり負けているわけなのでこれを無視はできない。

    有馬記念は大外だったが、内しか伸びない&前残りの馬場に嵌った可能性もあるし、日経賞はドスローすぎて、4コーナーの位置取りのままほぼゴールインなのでこれも評価に困るし、目黒記念も斤量はあれにしろクリプトグラムがそもそもどれくらい強いか?ヒットザターゲットは休み明けでしたし、これもなんともいえない。

    エリ女、宝塚は湿った馬場巧者ということで理由をつければ、まだ覚醒と断定するのは早い気がする。

    ただ今回も渋りそうなので抑えちゃいました。


    △サムソンズプライド

    ノリさんがうまくペースをコントロールしたときはその馬自身が粘ることがよくある。中山牝馬アルマディヴァン(4着)とかね。

    なので押さえ。




    日曜のおすすめ馬



    阪神7R

    カレンオプシス


    休み明けの仕上がりだけが不安かな。
    そこだけ。

    おそらくスローからのトップスピード勝負だが、今まで戦ってきた相手は強い。
    ピエールドリュヌとか、
    3走前は前残りのなかよくさしてきたし、相手はマリオーロ、グレイスミノルと強い馬。

    今回人気を不当に落としているのでここは。



    阪神9R

    ピエールドリュヌ

     この馬は安定して前目で速い上がりを繰り出せるところが魅力。

    前走ウインガニオンに惜しくも負けて2着、正直中京超前残り馬場の利を受けたかなと思い、1着のウインガニオンは軽視していた。しかしその後ウインガニオンは準OPも勝ったことから素直に評価して良いかなと。3着マリオーロも弱い馬じゃないですしね。


    個人的に3,4番人気かなと思っていたら、人気なかったので本命。



    オールカマーの予想は馬場状態を最後まで読みたいので明日に。
    サトノダイヤモンド


    阪神の馬場は雨が降った影響からか、前残り傾向から差しが決まりやすくなってるなという印象。

    さらに阪神2400は差しが決まるコースなので先行勢は無視。バテ差し決めれそうな馬を選びたい。

    ◎サトノサイヤモンド
    ○ナムラシングン
    △エアスピネル
    △イモータル
    △レッドエルディスト
    △カフジプリンス


    3連単
    ◎→○→△

    サトノ1着、ナムラ2着固定で買います。買うなら。買わないかもしれません。


    ◎サトノダイヤモンド

    能力は2枚抜けてるでしょう。
    外枠を引いたのももまれない分いいと思うし、早めに抜け出すと目標にされる可能性があるので、外から内をみながら上がっていけるのはプラス。


    ○ナムラシングン

    個人的に能力はエアスピネルだとは思うが、エアスピネルはたぶん早め先頭になると思うのでそうなると、仕上げとあまりしぶとく脚を使うタイプじゃないところから差されちゃうかなと。

    そもそもエアを2着にしちゃうと3連単なのに8倍というわけのわからないオッズの馬を買わなければいけなくなるので、2着をこの馬に。

    皐月賞で唯一食い込んできたのはこの馬とマウントロブソンだけ。

    その後一回叩いてきているのは好印象。

    能力としぶとい差し脚があること、そして一回叩いてエアより状態がいいことから2着に。


    △エアスピネル

    たぶん早めに抜け出しても2,3着かな・・・ 全然2着もあると思います。
    実際弥生賞はとんでもない着差で勝っているように能力は抜けている。
    展開不利、たたき台でも馬券内はくるかな。


    △イモータル

    この馬はエックスマークと同じようにバテ差し馬だと思っていて、サウジアラビアロイヤルカップ、共同通信杯はラップとしてはかなり後半が減速するラップだった。

    NHKマイルは減速ラップではあるんだが、ペースが速すぎて追走にやられてしまったかなと。

    ダービーはマカヒキのためのアシスト役だっただろうし度外視。


    カフジ、レッドはそれなりに能力があってバテ差しできそうな馬。
    特に細かい説明はないかね。





     

    サムソンズプライドがノリさんと聞いて一気におもしろくなってきたなぁという感じですね。
    アンビシャス


    今回逃げ候補は

    クリールカイザー(田辺)
    エーシンマックス(バシシュー)
    サムソンズプライド(横山典)

    この3頭を見て思ったことは、


    これクリールカイザー、サムソンズプライドが逃げたら超前残り、スロー決着になるんじゃね?


    と思ったわけです。

    クリールカイザーは同舞台のAJCCで田辺騎手が見事にペースを落として逃げ切ったということもありますし。

    サムソンズプライドは、ノリさんの逃げがすごいことはみなさんわかりますよね?
    有馬記念はもろそれが出たレースですしね。1000m62秒くらいに落として、最終的に前にいかないと話しにならない展開にしたわけです。
    大阪杯も武豊と、ノリさんが合わさって、あのような超前残りになったと思っている。

    やっぱりノリさんは「本気出すと」すごいなぁーと思いますよ。

    しかもノリさんの庭の中山ですし、田辺も中山うまいすからね。


    あと今回先行馬多いですが、

    カレンミロティックは逃げちゃいけない馬ですし、出足もそんな速くないのですんなり3,4番手くらいだと思います。

    ゴールドアクターは前哨戦ですし、さすがに逃げたりしないでしょう。
    出足はかなり速いですけどね。

    このように控えたいという馬が多いので、そんなにペースは速くならないと思うんですよね。
    トライアルであること、さらに田辺騎手、ノリさんが逃げたらさらにスローになる可能性は高まります。


    そうなるとトップスピード戦になることも考えなければいけません。
    まさにクリールカイザーが勝ったときみたいな上がり3ハロンだけ11秒前半を刻むレースですね。

    12.6 - 11.7 - 13.4 - 13.2 - 12.1 - 11.9 - 12.1 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 12.0

    これは2段階で早くなるすごい特殊なラップなんですが、おそらく道中スローでトップスピード戦になるかなと思います。

    それで前残り。



    そうなるとどの馬を嫌い、どの馬を拾うのか。


    まず拾う馬。


    とりあえず、サムソンズプライド、クリールカイザーは拾うべきでしょう。

    特にクリールカイザーは同舞台でミトラ(金鯱賞勝ち、オールカマー3着)に完勝しているので買う必要あるでしょう。この馬はG1という感じでないですし、調教もしっかりやっているようですしね。
    七夕賞もかなり強かったのでまだ衰えは見せてないと思いますしね。


    あとゴールドアクターは絶対にいるでしょうね。

    トップスピード、その持続勝負なら有馬記念で強さを見せているので、まず間違いないでしょう。

    前目にもいけるでしょうし、ここで吉田隼人が負けるとおろされる可能性もありますしね。休み明けの日経賞は強かったのでここでも買わなければいけませんね。


    それではどの馬を嫌うのか。



    それについては競馬ナンデさんのツイキャスで話したいと思います!

    たぶん展望を見ている方はわかると思いますが笑

    おそらく神戸新聞杯についても話すと思うのでぜひ聞いてください!

    URLはこちらです。
    http://twitcasting.tv/c:nandecas

    時間は土曜日22:00からとなっておりますのでお暇な方は。





     

    神戸新聞杯の展望です。

    マカヒキ
     
    今回はこの実力伯仲の2頭が、海外、国内に別れたことでおもしろさ2倍ですね。

    去年は完全に抜けていたドゥラメンテが休養ということで完全に国内路線は今年ほどのおもしろさはなかったですからね。それでもキタサンブラックによってそれは変わるんですけどね・・・


    ラップは
    神戸新聞杯
     

    完全に上がり3ハロン戦ですね。
    このラップは残り1000から11秒台を刻むところ以外はダービーとだいたい同じで、同じようにトップスピードとその持続力が問われるレースになっています。なのでダービー好走組は素直に。

    ただ阪神ということでラスト1秒以上の減速をすることからある程度タフさも要求されます。
    なので神戸新聞杯はバテ差しが決まるので、差しが多くなっていますね。ただ今年の馬場は明らかに前残りなので相殺してフラットくらいで考えていいのではないでしょうか。




    ということで出走場分析。


    サトノダイヤモンド



    ここでは1つも2つも抜けています。

    ダービーでトップスピード戦は超強いことがわかりましたし、ここでもトップスピードが問われる展開ならまず負けないでしょう。

    ここは1着固定で。



    エアスピネル


    個人的にこの馬は弥生賞、皐月賞は本命、ダービーも3番手だったので思い入れは強いんですが・・・

    生まれた時代が悪かったですね。
    レインボーラインが札幌記念であれだけ強かったわけですから。


    この馬は器用に立ち回れるのが強み。
    そして前目でも中団でも確実に脚を使えるのでこれも安定勢力。

    ただサトノダイヤモンドほど圧倒的な勢力ではないので状態の差で3着も可能性はあると思います。


    ナムラシングン


    これはマウントロブソンと並んで第2勢力。

    この馬は一回叩いているので唯一エアスピネルを負かす能力と状態なのかなと思っています。

    2~3着候補ですかね。



    レッドエルディスト


    ダービーはあれだけ外をぶん回してまぁそこそこという感じだったので能力はある感じ。

    ナムラシングンと未対戦なので、どっちが強いかというところですよね。

    ただ今の阪神の馬場で大外ぶん回しは少し怖いのと、ナムラシングンは叩いている分少し劣るかな。



    ミッキーロケット


    つばき賞がナムラシングンに完敗なので、人気馬をがっちり買ってしまう自分にはまずいらないですかね。



    今回神戸新聞杯は見もありかなと思っています。

    買うなら、
    3連単で

    サトノ、エア、ナムラ
    サトノ、ナムラ、エア
    の2点ですかね・・・
    まぁ3着でエアが2着のときでレッドエルディストとカフジプリンスを足してもいいかなというくらい。エアスピネルがこの2頭に逆転というのは少し想像できませんしね。















     

    凱旋門賞を少し考えてみようと思います。
    マカヒキ

    今年から馬券が発売されるようになった凱旋門賞ですが・・・

    おそらくマカヒキが一番人気ですよね?
    今回は発売初年度ということでかなり記念馬券的な人気をするでしょう。

    ただそれをやってはおもしろくないですよね?

    マカヒキが1着に来ない馬券を買って、来なかったらお金が増える!
    1着になったらやった初優勝だ!

    という感じにしたいと思います。なので自分は買うなら単勝ですかね?


    本当はガチガチのラップ予想をしたいのですが、あまりラップを表示しているところがないのでデータとローテで攻めます。

    今年はシャンティ競馬場なので、データ参考程度に。

    それではそもそも凱旋門賞ってどんな馬が勝っているのか?



    2015  牡3  ゴールデンホーン(仏)  愛チャンピオンS
    2014     牝4 トレヴ(仏)        ヴェルメイユ賞
    2013     牝3 トレヴ(仏)        ヴェルメイユ賞
    2012     牝4 ソレミア(仏)        ヴェルメイユ賞
    2011   牝3 デインドリーム(独)    バーデン大賞

    これが過去5年。
    この前はワークフォース、シーザスターズ、ザルカヴァです。

    まぁシーザスターズとザルガヴァは少し別格なのでデータにはならないかな・・・

    まずポイント抑えておくと

    ・牝馬有利
    ・3歳有利
    ・フランス調教馬有利
    ・前走の勝ち負けは関係ない。


    牝馬、3歳はよく言われている話です。ただこのレース5歳がまったく馬券に絡まないというのは注目です。

    フランス調教馬は、最近過去4年では必ず2頭は絡んでいます。
    あと前走の負けも関係ないです。
    ここが本番という考えをすれば、叩きで負けてもという感じですしね。



    まず切りたいのは5歳馬。


    これに該当してしまうのは、

    ポストポンド
    ファシネイティングロック
    です。

    ポストポンドはおそらくマカヒキに次ぐ人気かなと思いますが、5歳馬なんです。
    しかもこの馬は左回りのが圧倒的に強いという傾向があります(と聞きまして、調べました)
    ドバイシーマも、その後圧勝した英コロネーションもそうでした。なのでここは思い切って消し。
    ドゥラメンテに勝った!的な人気もしそうですしね。

    ファシネイティングロックはまぁいいでしょう。



    個人的に期待しているのは

    ・ニューベイ
    ・ハーザンド

    でしょうか。

    この2頭愛チャンピオンSの負け組です。
    今年の愛チャンピオンSは賞金も多くなって、ここを使って凱旋門という動きが出てきている気がします。
    実際メンバーも強いメンバーでしたしね。

    ただなんで負け組を狙うの?めちゃくちゃ着差があったから無理じゃない?という方もいると思います。

    これはローテ面の判断になります。オッズもそれなりにつきそうというのもあるんですが。

    ニューベイは去年の凱旋門賞3着。しかもかなり大外ぶん回しての3着なので優勝馬のゴールデンホーンととんでもない差があるように思えなかった。イスパーン賞は長期休み明けでしたし、前走を叩き2戦目で、そこから3戦目に凱旋門賞を持ってくるあたり、ローテ的に良いローテ。しかもフランス調教馬というのがでかい。


    ハーザンドは明らかに前走は叩きとみていいのではないでしょうか?
    3ヶ月休み明けだったので、それを度外視とすれば、ダービーを連勝しているわけでここはねらい目。


    フランス調教馬で強そうなラクレッソニエール、アルマンザールですが、

    まずアルマンザールですが、この馬そもそも2400に不安、前走は一回しっかり叩いての勝利でしたし状態面的にも少し分があったのかなと。

    ラクレッソニエールもオークスがラスト100で完全に止まっていような感じがしているので・・・
    人気もしそうですしね。



    ということでおそらく買うとしたら
    ニューベイとハーザンドの単勝ですかね?金額は100円ずつかな?笑


    ということでおまけの凱旋門賞展望終わります。
    海外競馬をぜんぜん知らないのでかなり適当でしたが許してください。あまり参考にしないでください。

     

    このページのトップヘ