「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年09月

    ペースは予言者じゃない当てるのは限り無理じゃないかなと・・・

    ただネロが前走差す競馬で良い結果残したこと、ウチパクが乗るとそんな押していかないこと。

    シュウジは前走逃げて早めに抜け出しすぎて差されたのをみるとこの馬も先団の競馬か。

    ビックアーサーは前回逃げたのはいいが、スノードラゴンに競られて気性の悪さをみせてしまったので、たぶん逃げない。逃げてもそんな速い逃げになるとは思わないが。

    ローレルベローチェ、ハクサンムーンのような逃げなければいけないという馬はいない。
    おそらくテンが抜群に速いミッキーアイルがすっと先手をとるのではないでしょうか?

    そうなるとそこまで速くなるとは思えないんでよね。
    中山のコース形態を考えれば前半32秒台は考えられるのですが、そうするとビッグアーサーはまず上位なのでここは思い切って。

    当日の馬場によって変更あります。
    今年の高松宮記念の件もあるので(急に超高速馬場)

    ◎ミッキーアイル
    ○ウリウリ
    ▲ブランボヌール
    ▼ダンスディレクター
    △レッドファルクス
    △スノードラゴン
    △サクラゴスペル
    △レッツゴードンキ
    △ネロ
    △ティーハーフ 
    △ベルカント

    馬券 
    馬連
    ◎-印
    ワイド
    ◎-○▲

    3連系を買うとビッグアーサーが視野に入ってくるので、馬連で。
     

    ◎ミッキーアイル


    この馬は間隔をあけたほうが良いタイプ。
    わざわざ3歳のときも2ヶ月間隔のローテを組んでいたように、気性に難がある分詰めて走るとよくないタイプなんだろう。
    逆にセントウルS使ったら対抗に落としたいくらい。
    ローテに関しては問題なし。

    能力に関してはどんな条件でもG1上位クラスだと思っている。

    高松宮記念はビッグアーサーを勝たせるためなのかとも思える超々高速馬場。
    ミッキーアイルもがんばっているのだが、ビッグアーサーが適性で相対的に上にいった。
    ただ3着以下は離しているのは強かった。

    去年のスプリンターズは浜中のせいではなく音無調教師の明らかな指示で、差す競馬をするために道中ほとんど手綱引っ張っていた。
    あんな競馬をして見せ場たっぷりの4着。スローだったが上位は差しがほとんどで、前でよくがんばった。

    去年の高松宮記念も今年の馬場とは逆に重馬場。エアロヴェロシティは強かったが、これも4着以下は大きく離しての3着。上位とはほとんど差がない。


    スプリントなら間隔あければかなり安定していて、中山適性も去年で十分見せたと思うし、スローでもハイペースでも走ってくる。
    古馬初のG1GET、松山騎手の中央G1初制覇を期待。



    ○ウリウリ

    ーブログ展望よりー

     京都牝馬は上位にきた馬がほとんど外を回していたが、この馬はずっと重馬場の最内を通っていたので度外視できると思います。
    逆に57kg背負わされた割に頑張ったなと思うくらい。


    高松宮記念は最終週で急に超高速馬場になり、外がやたら伸びたりする意味のわからない馬場。
    あまりにも特殊すぎる馬場なので再現性が全くない。
    どちらかというと1400よりのスプリンターのウリウリにとって1.06.7の勝ちタイムというのは流石に速すぎたかなと思ってます。

    ヴィクトリアマイルは2014年も凡走してるので適正外ということで度外視すれば衰えと決めつけるのはまだ早い気がします。



    ということで衰えと決め付けるのは早いかなと。
    G1からずっと使い詰めだったことも考慮したい。

    この馬の対抗抜擢は厩舎と前走の内容。

    前走は明らかな前残りであの位置取りじゃもうどうしようもなかったが、藤原厩舎の休み明けということを考えればいい内容だった。

    ストレイトガールといいステファノスといいだが、藤原厩舎なので、
    そこから叩いてきて状態が上がってくるのは間違いないと思うし、ペースが落ち着くと予想しているので、1400よりのスプリンターであるこの馬にはプラス。


    ▲ブランボヌール


    前走は休み明けでかなりいい内容で、まだスプリント2戦しかしてないので少し展開の適性はわからないが、能力ならここでも通用すると思う。

    しかもローテはシュウジより抜群にいいのになぜか人気落ちしている。
    これはねらい目。



    ▼ダンスディレクター


    この馬もペース落ち着いたシルクロードで強さを見せている。
    ただ少し立ち回りに難があるのでどう競馬するか。





     

    まずオススメ馬から

    阪神7R カレンオプシス(7人気3着)

    阪神9R ピエールドリュヌ(4人気5着)


    人気薄が的中できて嬉しいです。
     

    阪神9Rはナガラフラワーは重めの印だったのですが、ピエールドリュヌがほとんど差のない5着。惜しかった。




    次はオールカマー。

    1着 ○ゴールドアクター

    2着 ▲サトノノブレス

    3着 消 ツクバアズマオー

    4着 ◎クリールカイザー


    悶絶しました。このクビ差ひっくり返れば対抗、3番手、本命で三連複で12000円くらいの払い戻しまったんですが。

    最後やられやした。

    去年のウキヨノカゼに差されたミッキーアイルのような。

    あれもクビ差で2万弱くらい逃したんですよね。

    こんなことは競馬をしていれば誰でもありますよねー。仕方ない。

    真面目な回顧ですが、



    ゴールドアクターはトップスピードが問われればまず馬券内かなと再確認。

    差し損ねというリスクがない馬なので信頼できる。

    JCはエピファネイアが勝った年みたいに割とタフになったらしんどそうですが、スローなら面白いと思います。

    有馬は言うことなし。



    サトノノブレスはここまで強くなってるかという印象。

    有馬記念もハマれば馬券内くらいあるんじゃないかなと思うくらい。



    ツクバアズマオーは中山やたら得意と言われてましたが、準OPは相手マイネオーラムというそこまで強くない馬で、函館記念もかなり恵まれていたので消したのですが、間違いでしたね。



    それでは次は神戸新聞杯


    1着 ◎サトノダイヤモンド

    2着 △ミッキーロケット

    3着 △レッドエルディスト

    ◎ナムラシングンはダメでした。

    サトノがここまで追い詰められるとは思わなかった。サトノダイヤモンド自身はソラ使うタイプではないはずなのですが、ミッキーロケットが来てからもう一段階ギアが上がった感じ。

    夏越して、大人になってソラ使うことを覚え始めたら嫌ですね。
    それでも有力だとは思います。


    ミッキーロケットはこれはビックリ。


    北海道見ててもそこまで強いとは思ってなかったが•••

    ディープの怖さか?
    仕上げなのか?

    ミッキーが120%仕上がってることを考えてもこれは強い。
    三強に次ぐ第二集団に仲間入りですね。



    エアスピネルはかなり評価落としてますけど、明らかに仕上げてなかったのでそんなにボロクソ言うか?という印象。

    騎乗は悪くないと思います。一回あそこまで溜めてみてどうなのか?それは自分も見てみたかったですしね。
    たぶん脚は溜めてもそこまで長い脚がないなと武さんも思ったと思うので、それに合わせた競馬を菊花賞でしてくれると思います。


    結果的に合わない競馬と、完全に叩き台ということを考えればそんなに酷いとは思いませんけどね。
    菊花賞は距離足りなくても道中緩むのでリアルスティールが来たり、サトノアラジンがとんでもない不利受けてもそれなりに上位に来てしまう。


    菊花賞は立ち回りが大事だと思うのでエアスピネルも面白いと思いますよ、まだまだ。

    自分は馬体も、走り方もわからないのでエアスピネルをマイラーと断定できない。

    最近の風潮は競馬で馬鹿にしたいときは「あの馬はマイラー」っていうのがありますから。

    キタサンブラックだって散々距離持たないって言われてたわけで、あんまり周りの意見に流されずにいきたいですね。

     




    それでは続き。

    ダンスディレクター


    この馬はある程度緩い流れだったら抑えなければいけない一頭かなと思ってます。

    前走は後方勢はどうしようもない展開だったのでね。
    去年の毎日王冠みたいな。



    レッドファルクス


    個人的にCBC賞は見ていて、「は?」みたいな感じでした。


    ノンコノユメの武蔵野Sも「おい、おいマジかよ」という感じだったんですが、これと似ている。


    この週の中京は超高速馬場でかなり逃げ残りが目立ったんですよね。
    なので本命はラヴァーズポイントにしたんですけど、レッドファルクスは拾えなかったですねぇ。

    レッドファルクス以外は全部前残りで決まってるんですよね。
    あんな外ぶっさしは中京開幕週でなかったんじゃないか?


    セントウルステークスのビッグアーサーの逃げ圧勝を見ても全然ミッキーアイル本命を揺るぎなかったんですが、これを見たときはやばいかもと思いましたね。

    あの差しができれば、差し勢では1番有力だと思います。




    ネロ


    完全に夏に全力だったと思うので、さすがに厳しいかな。

    前走は後方にいた馬は勝負にならなかったので、ダンスディレクター、エイシンブルズアイ、ウリウリより強いとするのは時期尚早。



    ベルカント


    ムラっ気があるタイプだと思っていて、走ってしまえば十分可能性あると思うが、ダメな時は着外。

    わざわざ武豊をブランボヌールにしたのが少し臭いですが、人気が全くしないなら抑えくらいしてもいいかな•••
    消しもありだけど。



    ウリウリ


    前走外回して上がり最速ということで、そんなに悪くはなかった。
    そもそも藤原厩舎の休み明け、特にG1に向けての休み明けは本当に走らないのであんなに人気してたのはおかしい。

    買うならここでしょうね。

    やたら衰え衰えと言われてはいますが、
    実際衰えかなと思ったのは阪神カップくらいかなと思っています。

    京都牝馬は上位にきた馬がほとんど外を回していたが、この馬はずっと重馬場の最内を通っていたので度外視できると思います。
    逆に57kg背負わされた割に頑張ったなと思うくらい。


    高松宮記念は急に超高速馬場になり、外がやたら伸びるという意味のわからない馬場。
    あまりにも特殊すぎる馬場なので再現性が全くない。
    どちらかというと1400よりのスプリンターのウリウリにとって1.06.7の勝ちタイムというのは流石に速すぎたかなと思ってます。

    ヴィクトリアマイルはいつも凡走してるので適正外ということで度外視すれば衰えと決めつけるのはまだ早い気がします。

    去年ほどではないと思いますが、ペースは例年より遅いと予想しているので、この馬の決め手が活きる展開になると思います。


    しかも乗るのは戸崎騎手。ようやく重賞連続記録が終わったので、人気薄てサイレント戸崎する可能性も。



    ソルヴェィグ


    この馬買うならシュウジ、ブランボヌール買ってしまうよなぁ。

    すごい微妙なラインにいると思うんですが、ここは消しで。







    個人的にこっちのがわかりやすい気がしますね。

    明らかに嫌える馬もいるので。

    スプリンターズは展開によってくる馬が分かれそうですし、シュウジ、ブランボヌールなどの3歳が難しい。

    こっちはブラックスピネルだけで、まぁこのメンバーだったら普通に有力馬なので嫌うことはないと思います。



    展開は難しいですね。ダンツキャンサーが逃げればもしかしたらペース速くなる可能性もありますが、最近はある程度控えて結果を出しているので少し難しい。

    とりあえずスローのトップスピード戦で予想していきます。

    一応当日までしっかり考えたいですねペースは。



    それでは出走馬分析。


    ブラックスピネル


    普通に買いますね。3歳だし。

    前走は仕方ないし、よっぽど大丈夫かな。




    ウインプリメーラ


    この馬は割と簡単でスローになると走らないんですよね。メリハリのある競馬苦手。

    京都金杯は中盤1ハロンだけ緩みましたが、それ以外は淡々としたラップ。

    好走した阪神牝馬と、凡走したリゲルSの違いを見ることが大事でしょうね。どちらも同舞台。


    阪神牝馬は一応トップスピード戦なんですが、前半ながれて、中盤も11.8~9で緩まず、その後L3で最速になったが、11.1-11.3-11.8。

    リゲルは前半スローで、道中も緩むレース。

    半マイルは阪神牝馬より2秒弱遅い60.2。
    かなり決め手勝負になっているんですよね。

    結果5着に敗れた。この馬は後半勝負になると厳しいところがあるので、スローだと怪しい思います。

    ペースが流れたら逆に買わなければいけない馬ですね。



    テイエムイナズマ


    この馬は大阪城Sのように決め手勝負はもってこいの馬。
    タフな阪神は合うし、不安は斤量くらいでしょうか。


    この馬は距離延長のときに嫌いたいんですが、今回短縮ですしね。



    マテンロウボス


    おそらくここから人気落ちてきますね。

    マテンロウボスは元町Sで、スローからのトップスピード勝負で、現OPのラングレー、ケントオー、ブラックムーン、ピークトラムに完勝してるんですよね。

    ノベンバーも同じような展開のレースで2着。
    安定してます。


    函館記念は特殊な競馬だったので度外視。そもそも小回りの淡々とした流れのレースは向いてないと思います。



    マイネルアウラート


    この馬は1400がベストだとは思うんですよね。ただスローならこなせると思います。

    東京新聞杯がスローからのトップスピード勝負で3着。

    ただこれはかなり前残りだったので額面通り受け取っていいのか•••



    ということで終わりです。なかなか面白そうなメンバーなので当日まで予想頑張りたいと思います。

    ついにきてしまいましたねG1が。






    スプリンターズステークスは展開の予想が非常に重要だと思います。

    これはビッグアーサーに密接に関係する話題なので、ビッグアーサーの話と展開の話を一緒にしてしまいまいます。



    ビッグアーサーと展開



    ビッグアーサーはおそらく断然の人気になってしまうでしょうね。セントウルステークスは完勝でしたし。



    しかしビッグアーサーはここ2戦は完勝ですが、それ以前の成績を見てください。


    シルクロードは5着、京阪杯は今回おそらく全く人気のないサトノルパンに負けてますし、その前も北九州記念で斤量で大きく不利なベルカントに負けてます。

    これが全て休み明けなら問題ないんですが、賞金積まなければ•••とおそらくある程度仕上げての負けなんですよね。なので力が足りない負けなんですよ。

    北九州記念のときはビッグアーサーあんま強くなくね?と言ってる人もいましたしね。

    条件がハマれば勝つ可能性はもちろんありますが、条件が揃わないとこのメンバーだと負ける可能性もあるんですよ。

    この完勝した2戦だけを見て断然の人気でも買うか?

    それともそれ以前の敗戦から疑ってかかるか?


    せっかくだから疑ってかかりますよね。

    マリアライトだって結局エリ女で覚醒して、去年のオールカマーは別物とかそんなことをテレビで言われてましたけども飛びましたからね。

    おそらくビッグアーサーも高松宮記念で覚醒したとか言われます。
    そうするとそれ以前の敗戦を振り返らなくていいですから。


    じゃあビッグアーサーはどんな条件で走るの?今回はどうなの?

    ということになります。


    それについてはセントウルステークス展望のビッグアーサーの出走馬分析で見てもらえればわかってもらえると思いますが•••
    URLはこちら!


    簡単にいうとこの馬の良さは圧倒的な追走力なんですよね。

    高速馬場で時計が速いほど、前半が速いほど、先行するほど好走するんですよ。

    他の馬が脚が溜まらないようなペースでもビッグアーサーは脚を溜めれるんですよね。


    セントウルステークスもまさにそうです。

    開幕週の阪神は超高速馬場、そして前半のペースは33.1、それで逃げているわけですからね。そりゃ勝っちゃいますよ。


    もう一回まとめると、この馬の好走のポイントは3つ。

    •先行すること。速いペースを追走するため。
    •高速馬場であること
    •前半が流れること。33秒後半なら怪しい。

    たぶん33秒前半で流れでも中団にいたらアウトだと思います。

    この条件全て満たしたセントウルステークスは完勝しました。高松宮記念も全ての条件にあてはまっています。ラピスラズリも。

    ただ満たしていないレースはコロッと負けたりします。これはレースのラップと位置どりを見てもらえれば分かると思いますが。



    それではスプリンターズステークスはどうなのか?


    今回逃げる可能性が高そうなのはネロorミッキーアイルです。

    シュウジは前走逃げて早めに先頭にたって差される競馬になってしまったので、おそらく今回は逃げないのかなと思います。

    ソルヴェィグのパターンは後述

    ネロは千直以外に限りますが、内田だとそんなに押していかないんですよね。

    三浦が乗ったオーシャンSはハクサンムーンが飛ばしたのもありましたが、三浦がかなり押していったのもペースが流れた原因です。

    ネロはたぶん押さなきゃそんなに速くはないんですよ。
     
    コース違いますが、福島で内田が乗って逃げたことありますが、前半33.9のスロー逃げになったりしてますしね。


    32秒台の逃げとかありますが、快速馬ルチャドルアスールと競っているものなのであまり参考にならないかと。



    個人的には逃げるのはミッキーアイルだと思います。ハクサンムーンもローレルベローチェもいませんしね。

    テンの速さはこの中だとだぶん最速なのでこの馬の逃げでしょう。

    実はいうとミッキーアイルは1200で逃げたことがないので、少し未知数ですが、

    一応それなりに押して出て行った阪急杯が33.7の逃げ。この時の阪神は高速馬場だったので、今の中山の馬場だとどうなるか、そして1200だとどうなるかというところですよね。


    ビッグアーサーが逃げる可能性もあるとは思うんですけど、そしたら負けです。
    そこは割り切ります。でもたぶん本番では逃げないと思うんですけどねぇ•••
    圧倒的な人気ですし、前走逃げるのを競りかけられて、不安を見せてしまいましたし。福永ですし。


    ソルヴェィグが逃げる可能性も少しあると思うのですか、たぶんそんなに速くならない逃げになると思いますね。スピードガツンガツンて馬じゃないですし。田辺らしいですし。田辺のスプリント戦の逃げをあまり見たことがないのでわかりませんが。



    いろいろ可能性を述べましたが、陣営のコメントなし、枠順なしの段階では

    ミッキーアイルが飛び出してテンの速さですんなり逃げだと思いますね。
    ネロは押さずに2番手、その後にシュウジだと思っています。

    ネロが逃げてもミッキーアイルは逃げなきゃダメな馬じゃないので、すんなり隊列決まると思います。


    今回は逃げなきゃいけない馬が全くいないので前半速くなる可能性は低いと思います。

    そうなると、馬場も高速じゃないし、ビッグアーサーはアウト。


    先ほども言いましたがビッグアーサーが逃げたら福永さんごめんなさい!

    という感じです。

    ただ断然の1番人気なので福永が逃げる可能性にかけるのは•••これは陣営のコメントが非常に重要でしょう。逃げると言うならもう見です。



    まとめると

    ペース設定は前半33秒中盤から後半、下手したら34秒台突入。
    馬場は普通。

    馬場が高速馬場ではなくて、ペースを流れないと読むのならビッグアーサーは軽視。



    ということで他の馬の出走馬分析いきます。




    ミッキーアイル


    音無さんの呪縛にずっとあっていて出世が遅れちゃいました。

    この馬は結局逃げる、逃げないじゃなくて気分良く走らせることが必要なことだと思います。


    高松宮記念もそうですが、スプリンターズステークスは道中ジェットスキーみたいに引っ張ってむちゃくちゃだったのに勝ち馬とあまり差のない4着。


    去年の高松宮記念も勝ち馬と差のない3着、今年も2着。


    馬場が渋っても、超高速でも、スローでも、ペースながれても、全て対応できる強さを持っています。

    高松宮記念はビッグアーサーが全ての条件に噛み合ったので、どんな条件でも安定してG1通用レベルにいるこの馬は逆転可能だと思います。


    あとローテがぶっつけとか舐めてんの?とか思ってる方もいると思いますが、これはミッキーアイルの好走パターンなんで全く問題なし。実際鉄砲はかなり安定して走っていますしね。

    去年のスプリンターズステークスも安田記念からのぶっつけだったので問題なし。

    これで人気しなかったらかなり美味しいと思うんですが、あまり人気は下がらないっぽい。










    シュウジ

     
    今年の3歳は本当強い。スプリントも。

    この馬はどう馬をコントロールするか?

    前走は逃げて結果的に早め抜け出しで痛い目に遭ってるので、おそらく3,4番手の競馬が理想かなと。


    問題は夏使っていることもありますし、前走の内容。前でじっとして勝負どころで追い出せればチャンスあると思うがただそれができる条件なのかは•••


    ブランボヌール


    個人的にNHKマイルで☆をつけるほと能力はある思っていましまが、キーンラントは強かった。

    この馬はしっかり叩いての2戦目なので、シュウジよりローテ的にはいい。 

    わざわざ武豊というのも臭う。
    その分ベルカントはかわいそう。


     
    とりあえず長くなったのでこの二頭だけ!


    こっから先の出走馬分析はまた後日載せます。


    なんか中山が少しずつ馬場が軽くなってる気がするので、また中京みたいに超高速になったらこの理論は破綻しちゃいます。馬場はこのままでたのんます。






    このページのトップヘ