「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年08月

    もう2週後は中山、阪神開催ですね•••

    早かったです。

    その次はもうクラシックトライアルで、紫苑にメジャーエンブレム、その次にセントライトにディーマジェスティ、ローズにシンハライトvsジュエラー、その次に神戸新聞杯、オールカマーとどんどんG1を見据える馬が出走してくるわけですから非常にたのしみですよね。


    毎日王冠とかも今年は超豪華メンバーになりそうですし、そのあとはずっとG1ですから楽しみが尽きないですね。

    夏競馬で驚いたことは、まず3歳のスプリント世代がかなり強いこと。

    ブランボヌールは休み明けであの強さ。シュウジも抜群の手応えだったり、キーンランドは本当驚かされました。自分はその可能性に賭けなかったら外したんですけどね。

    実際ソルヴェイグもそこそこ強かったですし。

    さらにクラシック戦線もナムラシングンがあの馬体重増での圧勝をみると、リオンディーズ、マカヒキ、エアスピネル、サトノダイヤモンドとかってどれだけ強いんだという感じ。


    毎日王冠はスマートオーディンとかがかなり世代を図る上で重要になりそう。

    ここで勝っちゃったら•••
    なんて考えると恐ろしいですけどね。



    ということで新潟記念の話にいきます。


    基本的に残り400からトップスピードが問われるレースだが、意外とペースは流れるのでそれなりに流れるペースに対応しながら脚を使えるかがポイントになりそう。
    まぁマイネルミラノ次第ではありますが。



    出走馬分析いきます。



    アルバートドック


    基本的に速い脚があまり使えない馬。

    使えてたらリゲルSとか、アンドロメダとか、エプソムカップとかもうちょっとやれてると思うので。

    ハンデも今回重いので、あっても最後のバテ差しで3着かなという感じ。


    アデイインザライフ


    人気になりすぎですよね•••

    流石にこの人気はないと思いますが、この馬もトップスピード戦になったときに甘さをみせるので、少し不安。



    ダコール


    この馬は本当に届くか?届かないか?というだけで毎回それなりに伸びてくる。

    新潟はそんなに抜群の適性があるという感じでもなく、小回りよりはすこし信頼は落ちるが、ただサマー2000シリーズを考えたら•••




    マイネルミラノ


    この馬は買った方がいいでしょうね。
    前走はそれなりに絡まれると思わって切ってしまいましたが、大きな間違いでしたね。


    前目でそれなりの脚を使えるので抑えなければいけないでしょう。



    ベルーフ


    この馬はアルバートドック以上に速い脚が使えないと思っている。

    前走は外差し決まる馬場に、かなりタフなレースになってこの馬に向いた展開。

    切るならこの馬でしょうね。


    ファントムライト


    オペラハウス産駒にしてはトップスピード戦にそれなりに強い。

    しかも藤原厩舎の叩き二走目なので状態も上がってくるでしょうし、新潟適性もかなり高いので信頼性は高いでしょうね。


    エキストラエンド



    そんなに新潟適性はないですね。

    基本的にトップスピード戦は得意なはずですが、エプソムカップの内容がすこし謎。

    前走も詰まって動けなかった分うまくパテ差しで伸びれたと言う印象で、あまり重い評価はできない。


    次回また続き載せます。

    おすすめ馬の結果です。

    小倉8R レッドカイザー(8人気6着)

    小倉はまだ差し有利ということが再確認できました。次はバテ差しの馬を買いたいですね。 
    レッドカイザーはそこそこ良かったんですが、ちょっと上位3頭は能力が違うかも。



    札幌11R ウインフェニックス(6人気2着)

    自分の想像通り以上に乗ってくれました。ただフェルメッツァが来なかったのが・・・


    穴目から2頭挙げましたが、当たって嬉しいです。



    キーンランドカップ 予想
     

    ◎エポワス
    ○ファントムロード
    ▲オメガヴェンデッタ
    △シュウジ、ブランボヌール、ナックビーナス、ホッコーサラスター、セカンドテーブル、オデュッセウス、サトノルパン


    ペースについてはかなり難しい。
    先行馬は多くても逃げたい!という馬はいないので、すんなりどの馬かがスタート決まっちゃえば他の馬はあまり動かない可能性もある。
    まぁ中盤流れてラストバテバテの可能性もあるし、隊列決まったらある程度そのまま淡々となる可能性もある。
    今日の500万は超ペース流れてラスト超タフになったりと少しわかりにくいところはあるが・・・

    ◎エポワス


    もうこの馬8歳でそろそろ引退も考えなければいけない。
    この馬主さん自体エポワス以外は活躍馬がいないので重賞は取りたいと思っているはず。
    超洋芝巧者のエポワスは洋芝の重賞を勝つチャンスはおそらく最後になると思うし、もともと函館SS、UHB賞、キーンランドカップの3戦を前提に北海道の開催のローテを組んでいたと思うのでここの仕上げはG1も考える馬がいる中で一番だと思う。

    実力自体も申し分ない。
    函館SSは前にいなければ話にならない馬場だったのでしょうがない。まぁそれでもよくがんばっている方だと思うが。
    UHB賞も良く差してきたかなと。

    去年のキーンランドカップは詰まって度外視。

    洋芝ではコンスタントに能力をだしているのに人気があまりないのでここは狙ってみる。


    ○ファントムロード


    前々走は長期休み明けでかなり強い内容。
    前走はひどい騎乗だった割には手ごたえ抜群で、残り150からしか追っていないのに上りは最速。

    もともと先行もある程度できる馬で、この2走の実力を見たら全然3着くらいならチャンスある。
    今回しかも川田騎手で内枠なのでかなり期待できると思う。


    ▲オメガヴェンデッタ


    なんか人気全然してないのでここまで人気していないならという感じはある。
    ペースが速くなりすぎなければ・・・・



    そこそこ好調のおすすめ馬でございます。

    今回は少し穴目から狙っていきたいと思います。


    小倉 8R  レッドカイザー



    今回コース替りになってある程度差し有利だった馬場も少し変わってくるかなと。
    まぁこれは当日をも見なければわからないが、前にいく馬を買いたい。 

    ただ逃げそうな馬が3頭、しかもカレングランブルーとブボナは逃げなければいけないと思うので、逃げ馬は少し怖い。



    ということで先行できる馬からレッドカイザーにしました。

    この馬はもともと1000万でも3着があるような実力がある馬だが、ムラのある着順。

    ただそれは距離が長かったり、ハイペースに巻き込まれたりと様々な理由が。

    前走は手ごたえは良かったが、伸びきれず。
    ただそれは3か月休み明けだということもあっただろうし、結構前半ハイペースになってしまって差し勢と離れて先行した馬はきつかったとみている。

    もうちょっと平均からスローで流れてくれればチャンスあると思うし、人気も落としてくれると思うので。




    札幌11R ウインフェニックス

    初富士Sでエアアンセムなどと接戦、1着、2着のクルーガー、キャンベルジュニアは強かったが、斤量も有利だったことを考えれば見せ場充分の4着。

    去年のWASJもバイガエシを持続のラップでしのぎ切るなど中距離で、58kgでも強さを見せている。

    そもそも3歳時はハイペースに巻き込まれながら中山2000で3着に粘ったこともあるし、1800までこなせるなら2000でも大丈夫だと思う。


    洋芝巧者で、内枠で、前に行けると条件そろっている。
    今回早め先頭でという指示を受けて武豊騎手は乗るのでうまく内枠からロスなくいってくれれば。


    ただフェルメッツァは今回かなり信頼できると思うので、人気が落ち着けばフェルメッツァ軸で馬連、レッドカイザーへのワイドとかでもいいかも。



     

    小倉日経OPの展望です。

    簡単に出走馬分析していきたいと思います。 



    ウインフルブルーム

    能力は少し違いすぎますね・・・
    普通にG1でも馬券内くらいならあるんじゃねと思う。まぁ皐月賞ですでに馬券内ですが。

    ただこの馬は確実に京都のような軽い馬場の方がいいのは確かで、いまの結構タフな小倉はあまり向かない気がするが・・・

    ただ消すのは少し無謀ですね。



    ケイティープライド


    小倉大賞典は4着でしたが、52kgに内をきれいに立ち回れたから来れたし、前走も展開と斤量の助けはかなりでかかった。

    今回57kgで人気になりそう、妙味を考えるならまずこの馬を切ってしまった方がいいと思います。


    テイエムイナズマ


    前走は間隔があいて距離延長とあまり良くない条件だったが、全然よかった。

    今回距離短縮はプラスで、しかもタフなレースは得意。
    この馬はよさそうですね。


    アカネイロ


    強いと思いますが、斤量の恩恵を受けれないですし今まで牝馬とやっていたのがここで牡馬混合で別定戦というのはきつそう。

    ただ舞台設定は悪くないので抑えが妥当か。



    ウインリバティ


    いよいよ終わってしまったともいえるくらい最近はひどいですよね。
    小倉は得意ですが・・・


    プランスペスカ


    この馬は2000のがいいと思っていましたが、もっとスピード問われる競馬のがよさそうですね。
    この馬が高速馬場巧者なら今回は全くいらないですが、1800である程度スピードか問われればという感じもする。少し難しいですね・・・



    明らかにテイエムイナズマとウインフルブルームはかなり有利ですね。
    この2頭の馬券内率はかなり高いかな。 

    それでは続き。


    エポワス

    もうこの馬が重賞を取るのはここくらいしかありません。
    なのでここが一番仕上げてくるのは間違いないでしょうね。

    函館SSも唯一差して上位にきた馬ですし、洋芝なら能力は最上位。
    普通に軸ならこの馬でいいと思います。 今回はシュウジ、ソルヴェイグ、サトノルパンあたりがそれなりに人気をしてくれると思うので、人気も手ごろに落ち着けば本命で。



    オデュッセウス


    個人的にはオメガヴェンデッタよりは少し落ちるとは思うが、まあ普通に強いと思います。
    ただこの馬が来るならオメガヴェンデッタも来るでしょうし、オメガヴェンデッタのほうが安定感はあると思うが・・・

    抑えが妥当かなと。



    ナックビーナス


    雪うさぎ賞の2,3着馬は普通に強い馬、特にキーナンバーは1000万でも圧勝しているのでこれに圧勝しているこの馬は・・・・
    となるが、人気しだいといったところか。


    ホッコーサラスター


    この連勝は少し相手関係に恵まれた感じで、いきなり重賞は少し荷が重い気がする。
    あっても今のところは3着かなという印象。

    成長していることが明らかに感じられればまだしも、そんなようにはあまり感じられないかな・・・

    連闘してまだ余力が残っているかがポイントか。
    ただ洋芝はかなり強いので調教次第でもあるが。


    ファントムロード

    個人的にエポワスが人気なら本命でもいいかなと思っているのがこの馬。
    2走前の1600万下が手ごたえ抜群で直線入って3着以下にかなり差をつけての勝利。
    これは半年以上の休み明けで2着とハンデ1kg差を考えればかなり強い内容だろう。

    前走は最後方で直線に向かい、藤岡兄が伸びる内にいけばよかったのに外にわざわざ出して、前が開くまで追うのを待つとすごいひどい騎乗だった。

    ほとんど残り150まで追えてなかったのに上りは最速。ほんと直線の手ごたえはかなり抜群だったんですけどね・・・
    ファントムロードがこんなひどい競馬をしているとき、オデュッセウスは内をかなりうまくすくっていたが、それでも0.2差。

    ほとんどファントムロードの伸びは見ることができないがいかに最後伸びてきているか。
    オデュッセウスはそのあとUHB賞でこれも前残りの中外回してそこそこやれていますし、それを考えなくてもうまく追い出せた外の追い込み勢にハナ差まで来れていることを評価したい。


    これが追い込み馬なら全く買う必要はないと思うが、前走は出遅れたから仕方なく下げたという感じ。

    もともと前にも行ける馬で、前半3F34.0のそこそこ速いレースで先行して完勝した過去もあるのである程度先行しての競馬も期待できる。

    休み明けから結構強い競馬をしているし、チャンスあると思います。たぶん全く人気しないでしょうし、

    まだ確かなソースはないですが、川田騎手が乗るらしいのでこれは・・・・



    ブランボヌール


    この馬NHKマイルで実は☆を打っていて、15番人気6着で0.3差。
    個人的にはメジャーエンブレムがきついペースを作るのでレインボーラインくらいの中団くらいで進めてくればもっとチャンスはあったと思うが、まぁ三浦騎手なんで・・・

    ディープ産駒だが、上り勝負になると弱く、阪神JFやNHKマイルみたいにペースがかなり流れてラストバテバテになればチャンスが出てくる馬。今回スプリント戦なのでペースはもちろん流れるが、キーンランドカップはあまりバテバテという感じではない。
    函館2歳はやや重なのに前半かなり流れて前後半34.1-36.5と超タフなレース。  

    この馬にもってこいのレースだったわけです。
    おそらくこの馬を本命にするのに函館2歳圧勝してますし・・・
    という方もいると思いますが、あまり再現性がないのでどうかというところ。

    ただ今のところ雨の可能性があるので渋った馬場なら一気に本命候補といったところでしょうか。



    今のところファントムロードが全く人気していないので、ワイドから適当に流しという感じですかね。
    正直スプリントの予想はあまり得意ではありませんし・・・

    ただ普通に買いたいならエポワスか、オメガヴェンデッタからの流しですかね。
    エポワスはデムーロ騎乗ですし、いかにもここを取りに来ている感じですよね。

    今回上位人気しそうなシュウジ、ソルヴェイグ、レッツゴードンキは明らかに前走だけの人気なので、特にシュウジとソルヴェイグは危ないと思います。

    だったら安定しているエポワス、オメガヴェンデッタが良いと思いますね。
    大荒れの可能性もあるので買うなら点数は広くいきましょうね。

















     

    このページのトップヘ