「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年06月

    CBC賞の展望です。
    エイシンブルズアイ
    まぁ個人的に愛着のあるとCBCなのですが、しかし頭数少ないし、なんか微妙。


    おそらく一円も買わないかもしれないが、出走馬分析を。


    エイシンブルズアイ

    京都ばかり使っていたがタフなスプリントになって着順を上げている。

    オーシャンステークスは賞金的に勝たなければいけなかったことと、他の馬が休み明けでもあったことを考えても強かった。
    ただネロがいるとどうしても差し有利になるのでそれをどう考えるかだが。

    ただもし人気する理由が高松宮記念なら、嫌いたい。

    高松宮記念は外を通って、追い込んできた馬はかなり恵まれたと思ってるので、エイシンブルズアイはその両方当てはまる。

    アクティブミノルも外通って4着で評価されていたが、あの函館の前が止まらなくて、内が超有利な馬場の中で、うまく先行してストレスフリーで追い出せたのに4着。
    正直エポワスのが強い競馬をしてる。

    このアクティブミノルの走りをみるとさっきの高松宮記念の自分の仮定はは間違いでないのかなと。

    そうするとエイシンブルズアイはG1、5着で人気するまでの実力ではなく休み明けなので•••コースは合うとは思うが•••

    当日の馬場が前残りならおそらく連も怪しいと思う。


    ベルカント

    まず、少し走りにムラがある。

    海外帰り初戦。

    おそらくベストは右回り平坦。

    この人気なら嫌いたい。


    スノードラゴン

    前走はスノードラゴンに明らかに合わないスーパー高速馬場だったので負けるのも仕方ないし、着順では負けてるが、エイシンブルズアイより強い競馬してると個人的には思う。

    斤量の問題はあるが、背負い慣れているのであまり神経質にならなくてもいいだろう。

    あとは馬場が高速か重めか前残りか差し有利かを見極めて判断。


    サドンストーム

    馬場が高速だと少し怖いが、斤量的にもコース的にもここはかなりいいだろう。

    最近もそんなひどい競馬ではない。

    ルメール騎乗ということで陣営の本気度を伺える?



    レッドファルクス

    芝て準オープン勝っているが、重賞レベルだと疑問•••


    ワキノブレイブ

    中京は悪くないとは思うが、去年のCBC賞でいいとこなかったのをどう考えるか。
      


    このように少頭数なのが逆にかなり難しいというか、少点数じゃなきゃいけないけど、なんか穴が突っ込んできてもおかしくないみたいな難しいレースになりそう。

    買うんだったら、エイシンブルズアイ、ベルカントを外したワイドとかですかね?

    soundtrue624
    帝王賞の予想です。

    まあおまけ的な予想なので、そんな期待しないでください笑

    ◎サウンドトゥルー
    ▲ノンコノユメ
    △クリソライト
    ×ホッコータルマエ

    対抗はクリックして、プロフィールに書いてあります!
    ぜひ1クリックお願いします!
     
    まず、コパノリッキーとホッコータルマエが出るときは展開がだいたい決まってます。

    ホッコータルマエは早めにコパノリッキーを捉えにかかります。行かないと逃げられちゃうので。

    そうするとコパノリッキーはプレッシャーをかけられまず垂れます。

    しかしホッコータルマエも強い馬にプレッシャーをかけているわけですからだいたい垂れます。 
    それをばて差しするのが誰か?
    これを予想するのが1番のポイント。

    JBCクラシックみたいにホッコータルマエがコパノリッキーを捉えきれない可能性もありますが、今回はアスカノロマンもいます。言うなればスタミナお化けクリソライトも。

    前走コパノリッキーに逃げられているのでそこを悠々と逃すとは考えづらい。

    そうすると差しで上がってくるのはノンコノユメとサウンドトゥルーですが、


    今回はオッズの妙味的にも、舞台設定的にもサウンドトゥルーで。

    ノンコノユメはファンが多いという意味でも人気馬なのでまず2番人気くらいかな?と。

    それにこの馬はなんだかんだ差し切れないことが多いのと、前走は小回りだったのもあるかもしれないが、意外と地方のダートが合わないという可能性もある。

    ジャパンダートダービーは極悪馬場すぎてちょっと参考外です。


    逆にサウンドドゥルーは大井の2000はしっかり勝ってますからね。

    前走はマイルという距離がかなり短かったと思っているわ、

    おそらくこのレースのおかげで少し人気落ちてくれると思うので、サウンドトゥルーで。

    川崎記念は2着てしたが、もともとサウンドトゥルーは展開の助けからのバテ差しが魅力だと思ってるので、普通にホッコータルマエが強い先行勢なしで楽な競馬したら負けてもおかしくない。
    ホッコータルマエだって弱い馬じゃないですしね。(個人的には今でなおかなり強いと思ってます)

    かしわ記念の敗因はそもそも距離が短いというのもあると思うが、
     

    ローテも川崎記念以来で、おそらく春の最大目標は帝王賞だったと思うので、とりあえず地方のG1で叩いとくか。みたいなかしわ記念だと思う。

    もともと東京大賞典で初のG1を勝っているので、同舞台の帝王賞を最大目標にしてどこか休み明け叩くのはおかしい推測ではないと考えている。





    人気ブログランキングへは普通に前走強すぎた。
    地方ダートがどうかわからないが距離延長で良さを増していて、2000も普通に良さそう。


    ノンコノユメは不安も多いがサウンドトゥルーを買うならこの馬もという感じ。


    クリソライトは外枠にやっと入れたので、スムーズに運べれば大井2000はいい舞台。穴候補。

    ホッコータルマエは実力出せればかなり強いが、海外帰りなので。





    ジョルジュサンク
    人気どころはラジオNIKKEI賞展望のほうで紹介してます。


    ジョルジュサンク

    ブラックスピネル比較でいうと、キレだとブラックスピネルが一枚上手、タフさを要求されたり、上がりがかかるとジョルジュサンクが一枚上手という感じ。

    過去の戦績みても上がりだけの競馬で負けてるだけなので、そこの戦歴を消せばそんなに悪くない。



    ミライヘノツバサ

    ドスローからのロンスパが得意な馬で、他の人気どころよりは中盤流れたらどうなのかという不安もあるが、そんな悪くはないかなという感じ。

    ただほぼ3ヶ月振りとなるのでそこをどう見るか。
    馬主的にまだ活躍馬がおらず、重賞とはあまり縁のない馬主さんなので、重賞をとりあえず出したいという意図もありそうだが•••




    ロードヴァンドール

    個人的にはなみずき賞組は結構粒ぞろいだと思っている。(この前ホットファイヤーが人気薄2着とか、ノガロが500万勝ったりとか。)
    ゼンノタヂカラオも京都新聞杯は馬場の軽さとスマートオーディンが圧勝するようなスローペースでキレ負けしてしまったことが敗因として挙げられる。持続力勝負だったら結構強いと思っているので、そこを休み明けで接戦なら実力は申し分ない。

    過去負けたレースはドスローからの上がり3ハロンだけの競馬で負けているだけで、持続力が問われれば問われるほど内容が良くなっている印象があり、距離は別としてペースがそれなりに流れる福島1800は悪くはないと思う。

    逃げもラジオNIKKEI賞では過去10年で3/10と悪くないので1800の距離短縮がこなせるなら•••

    ローテ的にもはなみずき賞休み明けで500万勝って3走目なので好感の持てるローテではある。

    ストーミーシー

    NHKマイルは外通ったほうが有利だっだたきがするのであまり評価はできない。


    前提として追込み馬はこのレースきつい傾向があるので、今回有力馬が極端な脚質の馬が少ないメンバーでどう戦えるか?


    アップウォーク

    前走はドスローすぎてちょっと参考外かなと。新潟はクセあるコースですしね。

    勝った未勝利もペースはそれなりに流れてますが2着カマクラはキンショーユキヒメ、クィーンズベストのような牝馬勢上位ににぶっちぎられていて、正直500万下すぐ上がれるかはちょい謎。

    新潟の一戦が体重的にも本格化ならまだ一考の余地はあるが•••


    キャプテンペリー

    前走はダンツプリウス以外は上位が全て差し追込みで、先行勢のなかでダンツプリウスに次ぐ着順。
    先行して負けたショウナンライズもその後1000万下勝ってるので、それより粘っているキャプテンベリーは期待がかかる。

    ペースは流れたほうがいいと思うし、先行できる馬なので、展開利もありそう。

    人気薄なら狙い目。


    ダイワドレッサー

    クイーンカップは前に行って残っちゃった的な感じで、メンバー自体も強くない。

    おそらくオークスでそれなりにやれたので推されそうではあるが、まず展開が今回予想されるのと全く違うこと。
    そしてオークスは距離がみんな長いので、先行した馬が勝手にバテるので、追込み有利になりやすいこともあるだろう。外伸び馬場も働いたこともありそうだが。


    まず追い込んできて届くほど強くないと思うし、前に行っても•••



    ナイトオブナイツ


    距離延長でよくなってきていて、相手もそこそこ強い。

    どっちも上がりの競馬なのが心配だが、人気もないので。



    ということでだいたい見てきました。
     ブラックスピネルが斤量57kgということでかなり辛そう。

    ブラックスピネルがアンビシャス級なら別ですがね。

    そうすると伏兵をどう探すがとなる。
    今の所穴候補はこちら   

    クリックお願いします!プロフィール欄に載ってます!

    宝塚記念はこちら

    1着 消 マリアライト

    2着  ▲ ドゥラメンテ

    3着 消 キタサンブラック

    いやー完敗も完敗。

    マリアライトはエリ女、有馬からスローからのキレに定評あると思っていましたが(ラップ的に)
    なんかタフなレースが一番強かったってパターンでした。


    あとキタサンブラックは武豊が楽逃げすればもうよっぽどのことがない限り飛ばない気がする。
    でも番手に控えてもそれなりにまとめてきそうで、かなりの安定勢力になってる。
    菊花賞とか話を持ち出すのはやめたほうがいいかもしれませんね、なんか今日見たら完全に成長している気が・・・

    ドゥラメンテは安全第一。引退してでもいいから命は・・・・



    シュヴァルグランは道悪がダメなのか、ローテがきつかったのか、それとも前半速くなるとダメなのか。

    この馬は正直切れ味が求められる秋天、JCはかなりきついし、有馬もスローからの競馬になると少し疑問。
    ただエピファが勝ったJCみたいになればワンチャンスあると思う。


    ラストインパクトは道悪が一切ダメみたいです。秋天とかこの馬はペースが少し流れればおもしろいと思いますけどね。

    一番驚いたのがラブリーデイ。

    あの展開じゃまずこなくても不思議じゃないくらいきついペースだったが、かなり見せ場ありの
    4着だったと思う。本当にコース適正と地力だけで来た感じ。

    休み明けの一戦と秋天はかなり期待が持てます。おそらく陣営はもう2400,2500が長いことはわかってますから、秋天連覇に向けて全力を尽くしてくるはず。

    そうなるとこの馬の先行して出せる切れ味が生かせそうな秋天はかなり有力。

    ただ今回の宝塚記念は異次元に上がりが掛かる馬場だったので、再現性は低いんですけどね・・・・




    まぁ本当に完敗です。ごめんなさい。


    次につなげたいと思います。






    ということでラジオNIKKEI賞です。

    夏競馬ファーストステージともいえるラジオNIKKEI賞。
    去年はアンビシャスが伝説的な圧勝を見せましたね。
    アンビシャス

    ラップはこちら。

    ラジオnikkei賞


    まず小回り適正は必要だと。馬券内に入った馬は500万で中山、福島勝ちしている馬が多く、ケイアイチョウサンも京成杯3着があった。


    あまりキレ者すぎるのは厳しい。ペースがある程度流れることが多いのでそれに対応できそうな馬がベター。


    枠は完全に内枠有利。7,8枠は話にならない。位置取りは先行、差しでも中団前目。上りは33秒台はまったくもとめられないので、軽い馬場で好走が偏っている馬も少し怖いか。



    それでは出走馬分析。


    ブラックスピネル


    この馬は上りが速くなれば速くなるほど好走する。京都のドスローからのペース(萩S、若駒、白百合S)での好走が多い。
    ただすみれSのように上りが掛かると少し不安。
    距離自体はいいと思うが、人気とハンデほど強いとは・・・



    アーバンキット

    どんな展開でも来るけど、どんな展開でも善戦のなんとも難しい馬。
    スマートオーディンと0.2差でレインボーラインと0.0差がこの馬の安定感ぶりを見せつけている気がする。

    NHKマイルはAコース最終レースということでレースは外通ってきた差し馬が一番有利な馬場だった。
    アーリントンカップやニュージーランドトロフィーをみる限り、能力はほとんど同じで、きれいに外から着順を上げている感じ。
    (余談だが、このレースを逃げて内ラチに張り付いて勝ったメジャーエンブレムは超強いと思っている。)

    アーバンキットはあのペースで先行し内を通っていたので、そんなに致命的な負けではない。

    もちろん印は回さなければいけないと思う。


    ゼーヴィント

    前走は出遅れしてしまったから後方に行ったが、もともと先行する馬。

    前走をみてもこのなかだとかなり強い馬だとは思うし、小回りも合う。

    ただペースが流れての先行は未知数。ただプリンシパルSも前半かなり流れた割に最後しっかり伸びてきているし、まぁこれも中盤淀んでいるが。
    未勝利で一回負けているのがペースが流れたのが響いたのかが気になるが・・・
    あれはマイルだったし、その後間隔明けて強くなったことを考えればまだ一考の余地はあるか。
    実力はかなりあると思うし流れが合えば普通に有力だと思う。



    とりあえずこの2頭。
    次回は残りの出走馬分析を。

    今のところの重い印を必ず打つのはこの馬です!


     人気ブログランキングへ

    ※体重や馬場によって15時まで変更があります。
    goldship

    過去の展望はこちら!
    宝塚記念展望 ドゥラメンテ編
    宝塚記念展望 キタサンブラック編
    宝塚記念展望 ラブリーデイ編
    宝塚記念展望 サトノクラウン編
    宝塚記念展望 シュヴァルグラン編
    宝塚記念展望 ステファノス編
    宝塚記念展望 マリアライト編
    宝塚記念展望 トーホウジャッカル編
    宝塚記念展望 穴馬編
    宝塚記念展望 道悪&ローテ分析
    宝塚記念 ドゥラメンテが捲る可能性を考える

    競馬ナンデさんのほうで消したマリアライトとキタサンブラックの理由について書いているのでぜひこちらも。
    http://www.keibanande.net/
    土曜日の時点の馬場をみると、阪神でかなり目立っていた前残りがなくなり、ちょい外伸びくらいかなと。
    しかし内につけすぎると少し伸びないくらいの馬場になっているのかな・・・

    まぁ内を付けなければフラットくらいで予想します。
    なのでとりあえず極端な内枠はマイナス(フェイムゲーム、アンビシャス、)


    ◎シュヴァルグラン
    ○ラストインパクト
    ▲ドゥラメンテ
    ☆トーホウジャッカル
    ▼サトノクラウン
    △ステファノス
    △ラブリーデイ
    △アンビシャス
    ×(カレンミロティック
    ×(ヤマカツエース体重減ってれば。





    ◎シュヴァルグラン

    福永騎手の不安を訴える人が多いが、ただ今回の競馬を意外と積極的に行き過ぎるとダメ(ドゥラメンテに必要についていくと・・・)という感じもするので逆に消極的な福永騎手やルメール騎手は今回はプラスになるかも。

    もともと持続の脚、そしてタフな展開に合うのは、阪神大賞典、オリオンSで明らか。
    日経新春杯は仕掛けが遅すぎたし、春天は初の58kgを背負って良く頑張ったと思う。展開的にもスローからの4ハロンだけの競馬でしかも最後もそのままバテずにゴールするというこの馬には少し合わなかった展開であると思う。
    タンタアレグリア比較で考えても明らかに京都より阪神のが適正があるのは間違いない。

    不安はローテで余裕があるのかというところ。
    正直阪神大賞典で結構仕上げていた感あるので・・・

    ただ去年のラブリーデイの件もあるし、
    タフな展開では全く底を見せていないし、ハーツクライ産駒の充実しだしたら止まらないというところにかけてみようかな。


    ○ラストインパクト

    レコードを出した金鯱賞を評価している。
    12.6 - 11.1 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.6 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 11.9
    かなりペースは流れていて、2着のサトノノブレスはラスト100まで差はなかったが、ラストインパクトはそこからもう一伸びして0.2差まで開いたところをみるとかなりタフなレース、持続の脚を使うことに適正があるだろうと。


    振り返っておきたいレースは何個かある。
    まず重馬場適正で評価を落とされそうな札幌記念と小倉記念。

    この2つのレースはまず前提として叩きだったということ。
    この馬叩き台は走らない傾向があると思っているし、

    小倉記念に関しては最初かなりペースが流れたのに外からかなり無理して先行しにいってかなりきつい競馬になったと思うので・・・・

    おそらくあれだけ完璧な競馬をして勝てなかったから・・・
    と言われるであろうJCだが、

    これはラスト3ハロンだけの競馬になったのがこの馬と少し合わなかったと思う。上がりも速かったですしね。

    ただそれをうまくカバーしたのがムーア騎手。

    こう考えるとJCの見方も変わってきますよね?

    いつも人気は全くしないが実力は見せている馬。海外帰りは心配だが、ここは狙ってみたい。


    ▲ドゥラメンテ

    海外帰りということがまず一点。
    そしてこの馬自身一瞬の脚で突き放してそのリードを守るという競馬が多い。
    ただスローからのロンスパになると少し不安があったりと完全な信頼はおけない。

    おそらくこの馬が負けるとしたら、キタサンブラックを捉えに行って、抜け出してから坂で垂れて後ろにいた馬に差されるという展開だろう。

    ただ能力は明らかに抜けているし、3着内ならまとめてくるかなと思いこの評価。


    ☆トーホウジャッカル

    まず神戸新聞杯と去年の宝塚みても阪神コースは大丈夫だと。

    菊花賞を見ても脚の持続力は圧倒的だと思っている。
    あとはタフなレースがどうかと思うが、
    去年の宝塚記念もラップがかなり速いところから捲っていた割には、ラストもしぶとかったのでおそらく大丈夫。

    前走の敗因だが、春天はラスト4ハロンだけの競馬になっていて、そのなかで一番ラップが速かったところでこれも捲っていたので流石にきつかったのかなと思っている。

    ハマらないと全然だが、ハマるとかなり強い馬。単勝は結構売れてるが他はそんな売れてないので期待値も悪くない。

    ▼サトノクラウン

    本命まで考えていた馬だが・・・

    それは京都記念、ダービーの強さからわかると思う。
    血統初心者の自分が見てもいかにもタフな展開が合うタイプだと思う。

    ただ岩田騎手が逃げるつもりで・・・
    と言っているのが怖い。
    ドゥラメンテは先行しているキタサンブラックを早めに捕まえに行く。
    そうすると先行勢にはかなりきつく、キタサンブラックをと同じくらいのプレッシャーを受ける可能性もある。

    差すのもできるのでそんな先行にこだわってほしくないが・・・


    △ステファノス

    ベストは秋天みたいにスローからの上がりを問われる競馬だと思う。

    持続力が問われたり、タフさを問われているレースでも少しはかりにくいがそれなりにこなせている。

    去年の中山記念は3着。ペースは流れラストはタフな流れに。

    ヌーヴォレコルトは休み明け、更にヌーヴォレコルト、ロゴタイプは斤量が重かった。

    それを考えると評価したくないが、ステファノス自身も長期休み明け、更に結構前残り気味だったのでいろいろな要素を加味するとかなり難しい。


    鳴尾記念もペースが流れた割に、休み明けでいい競馬ができている。

    しかしフランスペスカ3着でそもそものレースレベルに疑問。

    こうなると抑えが妥当。


    △ラブリーデイ

    この馬も秋天みたいにスローから先行しながらも鋭い脚を繰り出して粘り切るというのが強みだろう。
    更にこの馬はある程度もったままで抜け出せる、そしてギアチャンジに手間がかからないので去年の安定感があったのだろう。

    ただ今回は去年の宝塚記念と違ってペースは流れる可能性は高い。それでドゥラメンテの存在を考えると去年ほど楽なレースにはならないと思う。

    更にルメール騎手の消極的な騎乗によってもし、内にこだわって仕掛けが遅れると、ラブリーデイ自身バテ差しできるタイプじゃないと思うのでそこが怖い。

    ただ大阪杯の負けはしょうがないし、この舞台はかなりいいと思うのでここは抑えで。

    △アンビシャス

    小回りはいいと思うが、まず内枠がそんなプラスじゃない可能性もあるし、先行してドゥラメンテの捲りを耐えきれるほどの能力かというと微妙。

    中山記念、大阪杯は展望で言ったようにかなり恵まれていると思うのでここは抑え。


    最後に1クリックお願いいたします。。。。 人気ブログランキングへ


     

    このページのトップヘ