「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    2016年04月

    まず、青葉賞の話から。

    自信のヴァンキッシュランは1着!

    2着に△のレッドエルディスト!

    ワイドは外れましたが・・・


    ということで天皇賞・春の予想です。※これは決定版ではありません。13時に確定しますのでご注意を。

    ◎アドマイヤデウス
    ○ゴールドアクター
    ▲アルバート
    ☆サトノノブレス
    ▼シュヴァルグラン
    △サウンズオブアース
    △キタサンブラック
    △トーホウジャッカル
    ×カレンミロティック

    馬券
    馬連
    ◎-○▲▼☆△
    ワイド
    ◎☆-○▲▼×


    ◎アドマイヤデウス

    枠、コース、そしてみんなからずっと言われてた岩田騎手の調子。これが全部バシーンとハマった。
    だいたいアドマイヤデウスを消す理由はイワータかG1勝負ならないですから。

    今日の騎乗見て岩田騎手が不調なんて言う人はいないでしょう。中穴とかも持ってきますし。
    京都はいいし、日経賞のようなタフな流れでウインバリアシオンとかに圧勝してますし、ここ最近もいいわけある敗戦。(詳しくは展望へ)

    阪神大賞典も長距離で充分走れると確認できたレースでした。2kgの斤量+どん詰まりの不利がなくなってどれだけ迫れるか。

    ○ゴールドアクター

    枠は確かに嫌ですが、どうせ2番手とかにつけて不利を最小限にしようとするでしょうし、テンも速いのでスムーズにポジションは取れるので大丈夫でしょう。あとは京都の軽い馬場が合うかだけでしょう。

    ▲シュヴァルグラン

    普通に強いし、下手に乗らなきゃゴールドアクターとシュヴァルグランは馬券内だと思います。しかしシュヴァルグランは差しに回る可能性が高く、切れる脚がないので詰まるリスクを考えてこの評価。

    ☆サトノノブレス

    2014天皇賞春を評価していて、フェノーメノ以外は全て差してきた馬で、前に行って最先着はサトノノブレスだった。最近の充実ぶりは目を見張るし、忘れたころの池江厩舎ってね。

    △アルバート

    この馬は不気味。惨敗の可能性もあれば上位も全然あり得る馬。怖いから買います。

    △サウンズオブアース

    うーん、前の天皇賞と変わらないくらいの外に配置されてしまった。
    ゴールドアクターみたいに先行できればいいが、差し馬のこの馬にとって永遠と外を回される可能性は高い。
    内枠引いたら対抗もあったが、少しきびしい。

    詳しくは展望を見ていただけたらいいと思います!


     

    どうもこんばんわ。ギャロップ?かなんかの表紙見ました?

    藤田菜七子騎手と元アイドリング9号の横山ルリカですよ。スーパー可愛いね横山ルリカ。

    アイドリングはアイドル系バラエティのなかでも最高傑作だと思ってます。

    自分はアイドルが出てるバラエティをぼーぉとみるのが好きなので、youtubeでめちゃ漁ってみましたね。
    今は解散しちゃってますけどがんばってほしい。

    ということで

    青葉賞の予想です。でもお金なくてワイド3点しか買わないのであしからず。

    まず展開。

    トライアルなのもあって毎年ドスローからの瞬発力を問われる勝負。しかし今回はどうしても逃げるマイネルハニーと、番手でもいけるだろうけど、逃げで最近優秀なノーブルマーズがいます。

    おそらくドスローはこの時点でないでしょう。マイネルハニーは瞬発力はないですし、ある程度ペースを流して逃げる馬。しかも柴田大知騎手の継続騎乗なのでフリージア賞くらいのペースで逃げるんじゃないでしょうか?
    おそらくペースはスローから平均ペースくらいまでありそう。でも余程柴田騎手がマイネルハニーに距離不安を持ってない限りドスローにしないと思うし、賞金もあるので今回ある程度ダービーを見据えた競馬をするとなると、13秒台くらいの緩いラップが続く可能性はないのかな。

    だからある程度流れるペースに対応できそうな馬がいい。


    ◎ヴァンキッシュラン
    ○アルカサル
    ▲マイネルハニー
    ☆ロスカボス
    △レッドエルディスト
    △メートルダール

    ワイド一頭軸流し
    ◎-○▲☆

    青葉賞 展望を見ていただければ、もっと詳しく推してる理由がわかると思います。
    ◎ヴァンキッシュラン

    やはり前走を評価したい。前走は残りの1000mからずっと11秒台を使い続ける持続力を問われる戦いで内からでてきた、おそらく重賞でもそれなりの力を出せそうなジュンヴァルカンに完勝。しかもタイムも好タイム。
    この馬たぶん抜いても着差を離さない馬だと思うんですよね。シンハライトみたいな。

    でも瞬発力勝負でレーヴァテインとある程度やれてるところを見てもここは有力。
    枠もいいとこ引いたし、この馬もともとトーセンヴァンキッシュランですからね。しかも2億円くらいで買った。
    オペラ賞の勝ち馬が母、父ディープでだいぶダービーの有力候補として挙げられてたと思います。
    だからこの馬をどうにかして出してやりたいと思ってるはずです。これは僕の推論ですけど笑
    それを含めて馬券内は外さないかな。

    ○アルカサル

    この馬もキレるというより捲ってって徐々にポジション上げながらそのまま脚を使って勝っている馬。
    中山のようなコースよりも東京の方が合うと思うし、ポジションを押し上げるのにはいい枠に入ったので有力。

    ▲マイネルハニー

    マウントロブソン比較でいくとこの馬は評価しないといけない。皐月賞でも結構良かったですからね。イスラボニータの年だったらいい勝負してたんじゃないですか?
    ということでそのマウントロブソンと接戦をしたこの馬を評価する。
    しかし東京があまり前残りではなく差しも届いてるので本命にはできなかったです。

    ☆ロスカボス

    穴ならこの馬。全く切れる脚がないので東京スポーツ杯、若駒ステークスでは全く勝負にならず。

    すみれステークスは内を通ったジョルジュサンクが勝ちましたが、最後方外からぶん回した割にいい競馬、おそらく前半流れて上がりが掛かったからでしょうね。でも前残り馬場、このときの阪神の時計が速い馬場に泣かされた感じ。ミッキーアイルが1.19.9とかのタイムで勝っちゃう馬場でしたから。

    今の東京はそこまで高速馬場でもないし、ペースが流れてうまく競馬できればこの馬にもワンチャンスある。

    青葉賞当たって天皇賞に弾みをつけたい!以上。





     

    枠順確定しました!自分的には結構いいかんじかな?

    1-1 キタサンブラック

    いい枠引いちゃいましたね。もう5枠より外だったらまず消そうと思ってましたけど、芸能人パワーすごい。

    1-2 トゥインクル

    この馬のこの枠はあまり良くないのでは?
    なんかマクリをするというはなしだったので、だったらもう下げて外に出すしかない。どうするか?

    2-3 カレンミロティック

    いい枠。先行するのも、逃げるのも。これは池添騎手の手腕が光れば馬券内あるかもしれない。

    2-4 トーセンレーヴ

    この馬はおそらく追い込みなので、まぁどの枠でも下げるだろうし、関係ないかな。

    3-5 フェイムゲーム

    出たなりで競馬するには結構いい枠。包まれるのは怖いが。

    3-6 アドマイヤデウス

    外枠が苦手かについてだいぶ長い考察をしましたが、意味なかったですね。文句ない枠。
    もう対抗以上は確定かな?笑

    4-7 ファタモルガーナ

    まぁいい枠でしょうね。

    4-8 シュヴァルグラン

    もちろんいい枠なんですが、ただ包まれて、他の馬が外から位置を上げてく時に、遅れをとるとアウトでしょうね。キレるタイプじゃないので。

    5-9 トーホウジャッカル
    中枠なのでいうことはあまりない。

    5-10 アルバート

    あまり器用という感じじゃないので、枠なりに出て、早めに少しまくりながらスピードに乗せて直線迎えるのがベストですね。

    6-11 タンタアレグリア

    この馬早めに内のが良かったでしょうね。シュヴァルグランよりロスある競馬したくないでしょうし。蛯名騎手がどうのるか。

    6-12 ヤマニンボワラクテ

    あまりいうことはない。

    7-13 マイネルメダリスト

    あまりいうことはない。

    7-14 サトノノブレス

    おそらく外枠なので先行、または逃げも考えられますよね。
    ちょっと展開の鍵になるかも?

    7-15 サウンズオブアース

    この枠は痛い。どうにか内に入れないと前年の繰り返しに。
    かかっても終わりですし。

    8-16 ファントムライト

    きつい。ちょっと厳しい。

    8-17ゴールドアクター

    おそらくテンは良いので逃げ馬の一列後ろの外側に位置取る可能性が高いでしょう。なので内ラチから2頭分くらいのところは走れると思うので、あまり割引はしなくていい。

    8-18 レーヴミストラル

    最後方からの競馬なのであまり枠は関係ないでしょう。


    痛いのはサウンズオブアース、タンタアレグリアももうちょい内目欲しかったでしょうね。
    ということで枠順確定後の展望でした。

    予想するときに京都が(3,1,0,0)とか、坂ありコースが(0,0,0,6)とかG1が(0,0,0,4)とか
    こんな風に分析するときがありますよね?

    自分はあまりこのような評価は好きじゃありません。
    もちろん母数が増えたら別なんですよ、騎手のコース実績とか、種牡馬成績とか、施行回数が多かったりするのは傾向として掴めるので。

    しかし馬ごとの京都コースとか、G1とか、は基本母数が二桁に満たないわけですよ。


    この前とある記事で「アドマイヤデウスはG1で(0,0,0, 6)だからG1で通用しない」

    と言ってました。
    しかし自分はアドマイヤデウスの展望で熱弁しましたがわけある敗戦ばっかなんですよ。

    皐月賞、日本ダービーは、日経新春杯、日経賞の連勝をみたら、まだクラシックでは本格化してなかったと考えることもできませんかね?
    シュヴァルグランだってクラシックのときのことを持ち出して不安要素だなんて言う人もいないのと同じです。
    血統的にアドマイヤデウスが早熟だとかだったらしょうがないですが。

    あとは春天、秋天、ジャパンカップ、有馬記念。

    有馬と、ジャパンカップはまぁ力負けと言われてもいいんですが、その他はどうでしょう?

    春天は熱中症、秋天は致命的な大外+長期休養あけ。


    強い馬だったらそんなの関係ねぇよと言われたらそれまでです。ゴールドアクターを本命にしましょう。

    でもこのような分析をしたらちょっとデータの見方が変わってきませんか?

    この意見に賛同できる人もいれば、そんなの言い訳でしかねぇよと言う人もいるでしょう。
    競馬なんて結果論で当たった人が正しいんです。これでアドマイヤデウスが負けたら、そのデータは合ってることになる。そんなものです。

    自分はこのようなデータに疑いを持ってます。ひねくれてますかね笑

    まぁこれだけ言えばわかるように、たぶんアドマイヤデウス本命です。












    ゴールドアクターは日経賞の競馬で明らかに評価を上げましたよね。

    この安定感を見るとまず、連系の人気は単勝に直すと1倍代くらいかな?

    実際日経賞はサウンズオブアースとの2kgの斤量差、しかもそんな悪い騎乗はしていない。むしろ好騎乗だよ思っている。
    2chだったら福永のせいだで終了でしょうけど笑

    日経賞のラップは
    7.0 - 12.1 - 12.6 - 13.1 - 13.1 - 13.7 - 13.5 - 13.2 - 12.4 - 12.2 - 11.8 - 10.9 - 11.2
    完全なるトップスピード、瞬発力比べ。
    この分野ならまず負けないでしょうゴールドアクターは。

    しかし日経賞でこんな完勝をしといて、アルゼンチン共和国杯は0.0差。しかもメイショウカドマツという重賞じゃ東京2500くらいでようやくという感じの馬。

    3着のレーヴミストラルは前残りの展開でつらかった。むしろ強かったこのレースは。

    ゴールドアクター自身はこういう流れは得意なはずなのに、なぜかアタマ差。
    少し日経賞よりは流れていますが、13秒台のラップで少し緩んでいる。
    ラストは重馬場で11秒前半を要求される早いラップ。

    これはなぜでしょうね。ただ単にメイショウカドマツがハマったか、重馬場が実はあんまりか、日経賞より流れているからか。

    日経賞より流れた有馬も同斤量のサウンズオブアースにせまられているわけです。

    いうて有馬もアルゼンチン共和国杯も上がり3ハロンは結構トップスピードを要求させられている。

    トップスピード戦--日経--アル---有------------------------春天-------------------長くいい脚を使うレース

    図にするとこんな感じだと思うんですよ。
    ショウナンパンドラのJCみたいに永遠と11秒後半のラップを刻み続けるようなレース、いい脚を使うレースになった。
    もしゴールドアクターがそれなりにペースが流れ、右側の長くいい脚を使うレースの領域にはいると、未知数となる。去年の春天も長い脚を使うレースというか、右側の領域に入るレース。

    ゴールドアクターを本命にする人に言いたいのは、これは不安ではない、未知数であって全然対応してもおかしくない。でも自分みたいにどうしてもゴールドアクターを本命にしたくない人はこういう可能性もあるということを示しておきたい。

    でも絶対ゴールドアクターは買いますよ笑 消すなんてことはしません笑

    以上ゴールドアクター気になることでした。






     

    このページのトップヘ