馬場は高速。

今日のレースを見ると結構ペースが流れていて、10R、11Rともにハイペースだった。


逃げ候補のノットフォーマルが1400からの参戦だったり、クロコスミア、ヤマカツグレースなどの逃げ馬が豊富。

それを考えると思ったよりペースが流れる可能性は高そう。


ただ先行有利っぽい馬場ではあるので、ある程度追走力のある馬を選んだ。



◎エテルナミノル
○アエロリット
▲シャルール
▼クロコスミア
△クインズミラーグロ



ワイド
◎-印
○-▲





◎エテルナミノル



本当に展開に恵まれない当馬。

前走はこの馬にしてはスローペースすぎるし、シルバーステートが強すぎた。
それでもスローペースからのTS持続戦でアドマイヤリードを退けるくらいの能力は持っている。


ターコイズSで外枠からハイペースを先行。先行馬総崩れの展開を粘っているところから、能力の高さを伺えた。

ただ次走の京都牝馬S、2走前の福島牝馬Sはドン詰まりでチャンスを逃しかなり人気が落ちた。

今回格上挑戦とはなるが、重賞でもハイレベルなレースで上位に来ているので、見劣りしないはず。


ハイペース適性、タフな展開はかなり得意としているし、スローからのTS戦でもある程度やれてしまう。
大外がかなり毛嫌いされてはいあるが、8枠の回収率は100%を超えているのでそこまで嫌う必要はない。

これだけ人気が落ちれば狙ってみたい一頭。





○アエロリット



順当にいけば1番本命にしやすいと思う。

ただ一応休み明けではあるので対抗に。ノリさんも怖いですしね。


ペースが流れても、スローでもある程度やれてしまうのはこの馬もで、こっちのがより高いパフォーマンスではある。




▲シャルール



調教はよくなっているらしいので、あとは体重だけかなと。

体重が増えてから全く好走できなくなり、正直この馬の実力と思えないレースばかりだった。


しかし今回状態が上がってくるならおもしろそう。
福島牝馬Sでは大外ぶん回してクインズミラーグロに勝っているし、後方待機で少し怖い馬。




△マキシマムドパリ



もともとマキシマムドパリは秋華賞のようなハイペースでも対応できていた馬で、TS戦になれなければ格好つけてくる。
安定感はあるし、この馬も差しで。