的中実績はこちら!!!



 
競馬 ブログランキングへ
1クリックお願いします!



春天を目指す馬が出走のステイヤーズSの展望についていていきます。

カフジプリンス













長距離重賞を「適性バー」で考えて良いか微妙なところがあるんですが、
挑戦してみます。



過去の良馬場のときのラップを見てみると、

2015
13.2 - 11.6 - 12.7 - 12.8 - 11.6 - 12.6 - 13.0 - 14.4 - 13.2 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.4 - 11.8 - 12.0 

2014
13.3 - 12.5 - 12.9 - 12.8 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.4 - 12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.6 - 11.9 - 12.5

2013
12.7 - 11.0 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 13.3 - 13.3 - 13.2 - 13.2 - 13.2 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.0 - 12.5

2012
12.9 - 12.0 - 12.7 - 13.0 - 12.9 - 13.2 - 13.1 - 13.9 - 13.8 - 13.7 - 13.6 - 13.2 - 12.2 - 11.4 - 11.2 - 11.5 - 12.5

2011
13.3 - 12.3 - 12.5 - 12.6 - 12.0 - 12.6 - 12.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.7 - 13.0 - 12.6 - 12.2 - 11.3 - 11.9 - 12.1 


 
長距離重賞となるともう消耗戦で、スタミナめっちゃいるというイメージなんですが、ダイヤモンドSはたまにトップスピードが問われることもあります。

その理由としては、この時期の東京が高速馬場になりやすく、中盤のペースが速い馬場に対して結構緩んで、結果的にラスト3ハロンで脚が溜まっているということが起きるということです。


もちろんコテコテのスタミナ戦になることあるんですが、そうなると、アルバート、カフジプリンス、フェイムゲーム、ファタモルガーナの4頭で決まってしまいそう。


ということで今回の「適性バー」は・・・



馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





こんな感じでいきたいと思います。
 

それでは出走馬分析。






アルバート(58kg)



馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






この馬はタフな馬場のほうがいいというのは間違いない。

条件戦時代も、高速馬場のTS戦となった本栖湖特別でアルターに0.1差。
アルター自身もそこまでTS戦で強いという馬ではないですし、これは今の活躍を考えたら少し物足りない。


そして春天がファタモルガーナが大外ぶん回し、アルバートが内を縫ってきたんだが、それでもアルバートとハナ差。


これを考えたら今の高速馬場で良さが出るのかというと微妙。



やはりタフな馬場でロンスパになりやすいコースが良いと思います。


アルゼンチン共和国杯で一応トップスピード戦こなしてますが、このレースはみんなトップスピード戦に実績がない有力馬が集まったレースで、能力だけで上位独占したという感じだと思っています。

ムーアなら好走できる!という人気もあると思いますし、この馬軸ではおもしろくないですよね?






フェイムゲーム(58kg)



馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 
フェイムゲームが強かったのは、勝った2014年のアル共と、2015年の春天ですよね?


アル共はどちらかというと 軽い馬場でのトップスピード戦で強い競馬。
春天はそこそこ重い馬場(散水馬場)のなか、ロンスパでのバテ差し。
まぁあのときの散水した馬場がどれくらい重かったかは少し微妙なところがありまけどね・・・




ただ高速馬場はそこそこいけるると思います。ある程度速い脚も使えますし、あとは去勢明けがどうか?







 カフジプリンス(54kg)




 馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


速い脚が使えない、そしてエンジンのかかりが遅いと弱点が多い。
ただ今回は東京なので「余程」へんな競馬しなければカバーできそう ではある。



ただ基本的にバテ差し専門なので、もしドスローになってトップスピード戦よりになると厳しそうではある。
しかし、ローテは一番良い。ダイヤモンドS出走馬の中で一番賞金が欲しいのはこの馬で、他の馬が春天の叩きだということを考えたら相対的に抑えは必要になりそうかな。






ファタモルガーナ(56kg)





 馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 
レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





ファタモルガーナって結構どんな馬場、どんな展開でも長距離ならある程度格好つけてくるので、長距離ならこれくらい広い適性があると認めてもいいのかなと。


ただベストは去年の天皇賞でしょう。
内有利傾向、前残りという展開のなかで後ろから外ぶん回して0.5差7着に来ているので、結構長距離ならG1レベルでもやれそう。

このときが京都の軽い馬場で、上位4頭の中では馬場の適性は間違いないだろう。
更にOPの中距離戦でもそこそこトップスピード戦に対応できているなど、速い脚も使えるタイプで、アルバート、カフジプリンスとコテコテのステイヤーが上位人気の今回はチャンスありだと思う。





ということで上位はこんな感じでしょうか。



個人的にアルバートはもう来たらゴメンナサイという感じで予想していきます。


単勝でアルバート以外を買うのが一番おいしい気がしますね。
最終見解また明日載せます!