的中実績はこちら!!!



 
競馬 ブログランキングへ
1クリックお願いします!



小倉大賞典の展望です。


その前に世間話。


清水富美加の引退騒動はだいぶ波紋を呼んでますね・・・


いろいろな意見が飛び交っています。

所属事務所のレプロの給料が安くて、そのストレスから宗教への信仰心が・・・
という説が今のところは主となっています。
まぁこればかりはわかりませんが。



それに対して坂上忍さんはこれくらいの給料、労働時間で働くのはそんな驚くことではない。といったところからまた議論が広がっています。

自分が思うことは、時代背景が違うというのがまずひとつ。 
3,40年前の話を持ち出すのはどうなのかと。

あと伊集院光さんが言っていたのは、世に出ている人の意見は参考にならない。
ということでした。


これには僕にも賛成で、成功したから言えるけど、このままあまりパッとしなかったらこのまま月給5万円なんて許されるのかということですよね。

自分は最低限度の生活は保障されるべきだと思っているので、寝る時間もなく月給5万というのは少しいかがなものかと思います。

ただ芸能界は特殊なところで、雇用契約ではなく、マネジメント契約だから労働環境について保障しなくていいと言われたらそれまでです。それが今の制度ですからね。


ただこういう問題を起こすことはかなり事務所のイメージダウンであることは間違いありません。
このような無理があるマネジメントの仕方は、短期的に見るといいかもしれませんが、
中長期的に見るとこういうリスクがともないます。

これによってレプロってあの清水さんが・・・
そんなところ行きたくない・・・・

といわれてしまい質のいいモデル、タレントさんたちが集まらなくなる可能性があるわけですから。
評判というのは一回落ちてしまったら戻すのは難しいですからね。

日本の労働環境はどうになかならないものか・・・
そもそも模範となるべき公務員でもワークライフバランスでいろいろ言ってますからね。
厳しそうです。





ということで世間話終わり!




小倉大賞典の展望いきます。

マイナルハニー


小倉はかなり前残りの傾向が強いですね。

月曜はほとんど前残りで、外から差してきた馬はかなり厳しい馬場でした。


馬場はそこまで重くなく標準くらい。

ペースは先行馬が多いのでそこそこ流れて、持続力勝負になると思います。



なので今回の「適性バー」の設定は・・・


馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



レースの質(TS→トップスピード、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



こんな感じになります。



キレ味系の馬はあまり選びたくないですね。





ということで出走馬分析です。






マイネルハニー(56kg)




馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



レースの質(TS→トップスピード、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




前走は全体的に差し有利の流れで、その中でまともに先行して粘ったのはかなり好内容。
しかも外枠で、斤量も56kg。エアスピネルが56.5kg、ブラックスピネルが55kgということを考えたら結構評価するべき内容だと思う。

チャレンジカップも相手は強かったなか、差しが決まりやすい舞台のなかで見事逃げ残り。

小回りになるのも確実にプラス。トラックバイアスもこの馬に向きそうで、重い印で良さそう。





ベルーフ(57kg)



馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




レースの質(TS→トップスピード、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




新潟記念でトップスピード戦はこなしていて、そこは肌色で塗っているんだが・・・


この馬が一番ベストな条件はタフな馬場で、ある程度ペースが流れるほうがいいバテ差しタイプ。
ただ今の馬場が思ったより軽いのと、外差しがあまり届かないので抑えが妥当か。








マルターズアポジー(56kg)




馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




レースの質(TS→トップスピード、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





前走は度外視でいいでしょう。



2走前は少し重い馬場で、スローからのロンスパで完勝。
12.3 - 11.3 - 12.0 - 12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 12.8


相手もゼーヴィント、マイネルハニーと相手はそこそこ強い。


3走前は中山では重賞レベルのグランシルクに完勝しているし、連勝してからはまだ底を見せていない。
同型マイネルハニーと兼ね合いは大事だが、普通に買いたい馬。

たまに崩れてしまうのは玉にキズだが。
 








フルーキー(57.5kg)



馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




レースの質(TS→トップスピード、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フルーキーは最近で掲示板外になったのは、+16kgの富士Sと菊花賞のみなので、
このように広い幅になりますね。


ただベターなのは高速馬場だと思います。

前走はかなりうまく立ち回った割にそこまででしたし、キャピタルも重い馬場のなかの敗戦。

勝ったチャレンジカップはかなりうまく競馬できたのもありますからね。


ただ今の小倉の馬場はそこまで重くないし、基本掲示板以内にはくるので抑えがベターでしょうか。



クラリティスカイ(57.5kg)





馬場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ペース(S→スローペース、H→ハイペース)

S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




レースの質(TS→トップスピード、消→消耗戦)

TS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





中山金杯分くらい走れば、この中でもかなり有力ではあるんだが、ちょっと条件は違いそう。

同じ舞台なのに、ディセンバーSと中山金杯で走りが違う・・・
と思ったのでラップを見てみると、


ディセンバーS
12.8 - 11.4 - 12.7 - 12.4 - 12.2 - 11.5 - 11.9 - 12.1 - 11.7 - 12.2

中山金杯
12.4 - 11.0 - 12.7 - 11.8 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.4

 

後者のほうがタフな競馬になっていることがわかりますよね。
もちろんロスのない競馬をしたというのもありますが、ラップ面から見るとこういう違いがわかります。




今回馬場自体がそこまで重くないこと、中山金杯ほどタフな競馬にならなそうというのがひとつ。

あとアイルランドTの負けはちょっといただけないので、3人気なら消してもいいかなと。







ということで人気馬はこんな感じでしょうか。



今回も穴馬を一頭。絶対2ケタ人気ですが。予想オッズは100倍以上ついてますw

人気ブログランキングへ 
(クリックしてプロフィール欄で見れます!)






前走は斤量を考えればかなり善戦の部類だと思う。

実は小倉大賞典の好走歴もありますし、去年も差し有利の流れのなか外枠から先行
して結構がんばっていた。

今回は去年よりも1kg斤量減る、枠も良くなる可能性あり、前残りの馬場のなか先行もできると、かなり条件は揃っている。