「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    宝塚記念の適性バーは、



    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     






    赤で塗った部分はスロー想定、青で塗った部分はハイペース想定です。
    確率としてはスローの方が高いと思っています。





    最初はサトノクラウン。京都記念を制し、重馬場なら・・・という声も多いはず。




    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     







    サトノクラウンはいろいろ条件が多すぎる。
    まずスローになること。そしてそれなりに重い馬場であること。それなりに上がりがかかること。


    まず馬場に関係なくハイペースならいらないと思います。

    それではスローなら?

    おそらく先週の馬場でスローなら上がりはおそらく33~34秒台前半が問われる。
    それはもう大阪杯で全く通用しないとわかっているので、もう高速馬場なら全くいらないでしょう。


    重い馬場でスローならチャンスはあると思います。
    今まで強いレースを見せてきたレースは全部そうですしね。








    次は有馬記念覇者ゴールドアクター。
    適性バーは、


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     





    春天本命にしたときの考察をのせときます。



    この馬が嫌われる理由として、休み明けで一回も負けてなかったのに日経賞負けた→衰え、勢いなし

    とするのをよく見る。


    ただ自分は日経賞は仕方ないと見ていて、それはオールカマーとの比較して判断した。


    オールカマー
    12.3 - 11.2 - 11.9 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.3 - 12.0
    2017日経賞
    6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6


    ラップをみたら、明らかに日経賞の方がタフな展開となっている。
    そして、馬場も日経賞の時のが明らかに重い。

    自分はゴールドアクターはスローペース、軽い馬場の方がベターだとおもっているので、日経賞の方が条件悪かったと思ってます。



    相手関係を考えると、
    オールカマーはサトノノブレスとクビ差で1着。マリアライトはもう勢いをなくしていました。

    日経賞はレインボーライン、アドマイヤデウスなどそこそこのメンバー。

    日経賞の方がどちらかというといいメンバーが揃ったと自分は思ってます。




    結局なにがいいたいかというと、
    オールカマーが休み明けでサトノノブレスとクビ差。

    じゃあ、オールカマーより馬場、展開ともに条件悪く、相手関係も強かった日経賞はあの負け方でも仕方ないんじゃないの?
    というのが自分の考えです。







    この馬はTS戦になればなるほどいい。
    なので先週のような馬場なら期待だし、スローなら少しくらい馬場が重くなっても。
    ただ重馬場になったらアウトかな・・・





    次はレインボーライン。 【宝塚記念 展望 サトノクラウン ゴールドアクター レインボーライン編】の続きを読む

    春天の適性バーは、

    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     






    赤で塗った部分はスロー想定、青で塗った部分はハイペース想定です。
    確率としてはスローの方が高いと思っています。




    3頭目はシャケトラ。
    シュヴァルグランが前走の強さで評価されているとしたら、シャケトラは適性で逆転があると思っている方も多いのではないでしょうか。



    適性バーは、

    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     





    シャケトラに関してはまず昨日の馬場状態が続くようならアウト。
    もし超高速馬場でハイペースで消耗戦になったとする。消耗戦は得意なのでいかにも穴で人気しそうではあるんだが・・・先週の超高速馬場ならまず消耗戦までいくには、前半600m34~5秒台、1000m57~58秒台のハイペースが要求されると思う。(米子Sが前半58秒台でもかなりTS問われるレースになりましたし。)

    今までシャケトラがそこまで速いペースを追走したことないというのがまず問題。スローならまずアウトだと思いますし(美濃特別の内容から)、この人気なら昨日のような高速馬場なら全くいらないかなと。



    では重馬場では・・・?

    重馬場は確かに強いとは思うが、58kgでどこまでやれるかというところ。

    日経新春杯はミッキーロケットと斤量2kg差でのレース。
    500万ではすごい差で勝ってはいるが、相手はライトファンタジア。
    このライトファンタジアはその後重馬場で走っているんだが凡走している。


    ミッキーロケットの人気を考えたら少し人気しすぎじゃないの・・・?
    と思ってしまう。







    次はミッキークイーン。
    有馬記念5着好走、阪神牝馬も完勝で期待されたヴィクトリアマイルを凡走。
    唯一の牝馬ではあるが、デニムアンドルビーなど牝馬の好走もある。




    適性バーは、


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     







    馬場自体は重馬場でも、秋華賞のようなレコードが出る馬でも活躍しているので問題ないか。

    前走の敗因をどう捕らえるか。
    自分はこの馬スローからのTS戦は苦手なのかなという印象を受けている。

    去年のヴィクトリアマイルと今年のラップを比較すると、


    2016   
    12.3 - 10.4 - 11.1 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6


    2017
    12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.1 - 10.8 - 11.9


    2017のほうが明らかにスロー。
    2016はTSは少し問われているんだが、全体としてスローになりすぎるとダメ。

    エリザベス女王杯で3着に負けたときも、
    12.5 - 11.2 - 12.8 - 12.7 - 12.6 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 11.5 - 11.2 - 11.4

    ドスローからのTS戦。
    この馬の場合ある程度ペースが流れて、直線前で他の馬の脚が削がれることが重要か。

    有馬記念みたいに少し長いロングスパート戦になってもいい。



    シュヴァルグラン、シャケトラ、ミッキークイーン、サトノクラウンは同じくらいの人気になりそうだが1番信頼できるのはミッキークイーンかな。










    そうなると適性バーは、


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質(TS→トップスピード戦、消→消耗戦)

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     






    赤で塗った部分はスロー想定、青で塗った部分はハイペース想定です。
    確率としてはスローの方が高いと思っています。




    今回はシュヴァルグラン。
    去年は立場的には条件戦を上がってきた上がり馬という感じがあったが、1年たってキタサンブラックの逆転候補筆頭の位置となった。春天2着の雪辱晴らせるか。






    シュヴァルグランの適性バーは・・・


    馬場

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    ペース

    S

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    H

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    レースの質

    TS

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     








    シュヴァルグランにとって2200mは今まで使ってきた中では短めの距離。
    それにプラスして宝塚記念はペース流れるときは結構流れるので、追走に対応できるかが非常に重要。


    シュヴァルグランの見解については過去にも述べてるので引用。

    2017春天の展望より、


    シュヴァルグランもどちらかというバテ差しタイプ。

    ジャパンカップのラップは
    13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

     レースを見るとシュヴァルグランが追い込んで来たのはラスト150mくらいから。

    それまではなかなか伸びず、モタモタしていた。

    エンジンのかかりが遅いが、ずっとしぶとい脚を長く使えるという馬なので、ラストラップが落ちたところでバテ差しを決めるというのがこの馬のパターン。




    それを踏まえてまず前走を振り返る。



    2017春天
    12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2


    サトノダイヤモンドがシュヴァルグランに負けたことで結構評価下げましたが、シュヴァルグランは全てが噛み合っているのであの負けは仕方ない。

    まず枠、ポジションが向いたのは当然として、展開が去年より良かった。


    結構ハイペースになったので、ラスト3Fは11.6-11.7-12.2とそこまで速いラップを踏んでいない。
    この馬のようにそこまで速くない脚を長く使うことでラスト差し込む馬には絶好の展開だった。



    この馬にとって心配があるとすれば、去年の宝塚記念でしょう。

    やや重馬場で、ラップは
    12.6 - 11.0 - 11.1 - 12.3 - 12.1 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 12.2 - 12.7

    前半3F34.7、1000m59.1と馬場を考えたらかなりハイペース。
    中団前目につけたが、少しアンビシャスの処理に手こずる。ただ馬群を割った後も前にいたラストインパクト、サトノノブレスに全く追いつけずに大敗。


    このレースをどう考えるか?
    たぶん1番処理として楽なのは馬場渋ってたからという理由。その可能性はあるとは思うが、もう一つ気になることがある。



    それはペース。
    今までOPに上がってからのレースの前半600m、1000m通過を見てみると(2500mのレースは1000m通過のみ)
    2016日経新春杯
    前半600m36.1、1000m62.0
    2016阪神大賞典
    前半600m37.1、1000m61.6
    2016春天
    前半600m37.5、1000m61.8
    2016宝塚記念(唯一の大敗)
    前半600m34.7、1000m59.1
    2016アルゼンチン共和国杯
    前半1000m62.9
    2016JC
    前半600m37.2、1000m61.7
    2016有馬記念
    前半1000m61.0(マルターズアポジー大逃げ)
    2017阪神大賞典
    前半600m36.2、1000m61.5
    2017春天
    前半600m35.6、1000m58.3(ヤマカツライデン大逃げ)
    2番手通過は60秒後半~61秒前半くらい。





    このようにシュヴァルグランが好走するときは全て前半かなりゆったり入っている。
    唯一崩れたのがペースの流れた宝塚記念。

    宝塚記念はスローならスロー、ハイペースならハイペースと極端になることが多い。
    もしハイペースになると今の高速馬場を考えると1000m通過58秒台もありえる。

    そうなると今までゆったりと運んで良さを出してきたシュヴァルグランが崩れる可能性があるのではないかというのが自分の見解。


    じゃあスローならゆったり運べるし大丈夫じゃん!となるが、今の超高速馬場で前半60秒後半とか61秒前半のスローになってしまうと、ラストはかなりのTS力が問われる。小回りということもあってスッと抜け出す機動力、TSへの対応が大事になってくる。

    それを考えるとエンジンのかかりが遅く、バテ差しが持ち味のシュヴァルグランは、スローになるのもまずい。





    シュヴァルグランの見解にはいろいろバラつきが出てくると思う。おそらくほとんどの人が去年の宝塚記念は重馬場だったせい。という見解にすると思うが、キタサンブラックとシュヴァルグランを両方買うのは、オッズを考えるとかなり工夫がいる。



    自分はキタサンブラックはかなりの確率で馬券内になると思うので、人気馬を嫌わないと妙味は生まれない。それを考えると、シュヴァルグランの去年の宝塚記念の敗因はペースが速いせいとして嫌ったほうがベターかなと思う。


    追記
    ※重馬場の場合


    重馬場になったとしても、宝塚記念の負けをどうみるかという話になる。もしこれに加えてペースがながれてしまったら去年の宝塚記念の再現となる。



    このページのトップヘ