「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    今のところの天気は曇りということなので、今日の馬場を参考に予想します。

    今日の11Rを見ると1000万下の割にはかなりの好時計で、2000m戦でも500万下で2分を切るくらい馬場は高速だった。

    そうなると、例年よりも少し軽い馬場での小倉記念で少し捻る必要はあるかなと。


    おそらくメンバーを見るとそこまでペースをガンガン引っ張ってく馬もいないし、先行馬が多いわけではない。というか出足がそこまで速くない馬が多いので前半はスロー~ちょいスローになるかなと思っている。

    仮にバンドワゴンが逃げたとして、バンドワゴン自体スロー逃げが多い馬なのでそこまで気にしなくていいかなと思っている。




    ◎ヴォージュ
    ○ストロングタイタン
    ▲フェルメッツァ
    ▼ベルーフ
    △スピリッツミノル、タツゴウゲキ、カフジプリンス、ケイティープライド







    ◎ヴォージュ



    スローである程度高速馬場ならこの馬。

    前走は結構この馬にとって速すぎるペースでの追走になってしまったのが原因かと。

    自分が注目したいのが下鴨Sでラップは、
    12.4 - 11.5 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 11.4 - 12.0

    まず追走面から考えると、この馬自身は59秒後半くらいで追走していて前走ほどのペースでなければ脚を使ってくれることがわかる。


    そしてタイムが1:58:2とこのメンバーでも良い持ちタイムを持っていて、東京などの高速馬場開催で好走していることから、今の小倉の高速馬場にも対応できそう。


    上がり勝負というよりは、11秒後半くらいの脚を長く使わされるレースで好走していて、TS戦になりにくい小倉にも合っていると思う。


    今日の小倉を見ると、先行有利だったし内枠をゲットと好条件揃った。人気も前走のおかげで落としたのでここで狙う。



    ○ストロングタイタン



    正直強い馬だとは思わないが、タイムがそれなりに出る馬場ならそこそこ勝ってきている。重い馬場で泣ければそれなりの結果は残す。

    小倉大賞典は内を回っているので、不満ではあるがペース速かったし、しょうがない部分もあるか。



    ▲フェルメッツァ


    福島民法杯は強かったし、前走は休み明けということで仕方ない。
    高速馬場がどこまで・・・という感じだが、内枠先行できるということで少し評価を引き上げた。




    ▼ベルーフ



    ベルーフは休み明けこそ不安ではあるが、目標はここだったと思うし注意かな。
    前有利なのと、少し馬場が軽いのは逆風だが適性は抜群なはずだし、人気も意外としてないので。

    馬場は高速。

    今日のレースを見ると結構ペースが流れていて、10R、11Rともにハイペースだった。


    逃げ候補のノットフォーマルが1400からの参戦だったり、クロコスミア、ヤマカツグレースなどの逃げ馬が豊富。

    それを考えると思ったよりペースが流れる可能性は高そう。


    ただ先行有利っぽい馬場ではあるので、ある程度追走力のある馬を選んだ。



    ◎エテルナミノル
    ○アエロリット
    ▲シャルール
    ▼クロコスミア
    △クインズミラーグロ



    ワイド
    ◎-印
    ○-▲





    ◎エテルナミノル



    本当に展開に恵まれない当馬。

    前走はこの馬にしてはスローペースすぎるし、シルバーステートが強すぎた。
    それでもスローペースからのTS持続戦でアドマイヤリードを退けるくらいの能力は持っている。


    ターコイズSで外枠からハイペースを先行。先行馬総崩れの展開を粘っているところから、能力の高さを伺えた。

    ただ次走の京都牝馬S、2走前の福島牝馬Sはドン詰まりでチャンスを逃しかなり人気が落ちた。

    今回格上挑戦とはなるが、重賞でもハイレベルなレースで上位に来ているので、見劣りしないはず。


    ハイペース適性、タフな展開はかなり得意としているし、スローからのTS戦でもある程度やれてしまう。
    大外がかなり毛嫌いされてはいあるが、8枠の回収率は100%を超えているのでそこまで嫌う必要はない。

    これだけ人気が落ちれば狙ってみたい一頭。





    ○アエロリット



    順当にいけば1番本命にしやすいと思う。

    ただ一応休み明けではあるので対抗に。ノリさんも怖いですしね。


    ペースが流れても、スローでもある程度やれてしまうのはこの馬もで、こっちのがより高いパフォーマンスではある。




    ▲シャルール



    調教はよくなっているらしいので、あとは体重だけかなと。

    体重が増えてから全く好走できなくなり、正直この馬の実力と思えないレースばかりだった。


    しかし今回状態が上がってくるならおもしろそう。
    福島牝馬Sでは大外ぶん回してクインズミラーグロに勝っているし、後方待機で少し怖い馬。




    △マキシマムドパリ



    もともとマキシマムドパリは秋華賞のようなハイペースでも対応できていた馬で、TS戦になれなければ格好つけてくる。
    安定感はあるし、この馬も差しで。

    中京記念の予想です。


    馬場はちょい高速。内を立ち回り馬群を縫う競馬で上位に来ている馬が多い。



    ◎ダノンリバティ
    ○マイネルアウラート
    ▲グランシルク
    ☆トウショウピスト
    ▼ケントオー
    △レッドレイヴン、ウインガニオン、グァンチャーレ、ブラックムーン



    馬券
    3連複
    ◉-◯▲▼−印


    ◎ダノンリバティ



    先週のような馬場なら鉄板かなと思っていたけども、まぁ許容範囲。


    去年の中京記念と同じくらいの馬場か少し軽いくらいだと思うが、あのときの走りができれば十分圏内もある。
    大外回して前に置かれながらも5着と大健闘。最近は先行してでの競馬で好成績を残していることを考えたら、かなり良い内容と言える。


    この馬は上がりが速い競馬が良くて、あまり重すぎると良くない。
    リゲルSのようにかなり馬場が重くなったり、京成杯オータムハンデのようにペースが流れすぎて、消耗戦になるとダメ。

    今回のメンバーを見るとそこまでペースを引っ張るレースにならなそうで、この馬に向く展開になると思う。




    ○マイネルアウラート



    この馬の場合ハイペースにならなければ・・・
    というところ。
    スローなら馬場を問わず好走していて、信頼度は高い。


    ただ追いきりが少ないことや、休み明けが怖いので評価を少し下げた。



    ▲グランシルク



    どんな展開でもそれなりに走るタイプ。

    阪神Cだけ着外だが、メンバーレベルを考えたら0.3差は全然評価できる内容。

    前走もなんだかんだ前残りのなか追い込んできているし、評価しなければいけないかなと。




    ☆トウショウピスト


    安土城Sはペースがスプリントより少し緩くなったことで良さが出た。
    この馬スローからの競馬が得意で、スプリントを主戦場にしてたときも、後傾ラップで良さが出ていた。
    距離延長はいいと思うし、恵まれれば。





    このページのトップヘ