「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    馬場は標準くらいの馬場。

    ペースはスロー想定。




    ◎アドマイヤリード
    ○クルーガー
    ▲ディバインコード
    △3,10,11,12,15,16



    ※馬場回復したので変更しました。


    ◎アドマイヤリード
    ○ダイワキャグニー
    ▲ディバインコード
    △ベルキャニオン、グレーターロンドン


    馬券
    ワイド
    ◎-印


    ◎アドマイヤリード


    単純にG1馬で54kgではあるのにもかかわらず、この人気はおいしい。

    馬場に関しても、高速馬場から重馬場まで広くこなす。
    ペースに関してもスローなら、かなり安定している。

    近走だが、クイーンSは脚を淡々と使わされる展開になったというのと、外枠から外を回して・・・というのは流石にきつかったか。

    府中牝馬Sは、騎手が進路取りミスった割にかなり追い込んできていたので、むしろ評価できる。1着はエリ女2着のクロコスミアですしね。



    前残りというのが少し不安ではあるが、かといって信頼できる先行馬がいないので、実力を信じて。




    京都の馬場は重め。

    ペースはそこまで速くならなくても前傾ラップになるようなタフなスプリント戦になるかなと。



    ◎ナックビーナス
    ○カラクレナイ
    ▲アットザシーサイド
    △グレイトチャーター、セカンドテーブル、セイウンコウセイ


    馬券
    ワイド
    ◎-軸


    ◎ナックビーナス


    不安は騎手がスローに持ってくか、後ろに下げて後ろの位置になってしまうことかなと。


    基本ナックビーナスはタフな馬場のスプリントなら、キーンランドC、カーバンクルS、オーシャンSなど安定はしている。

    とりあえず先行馬を軸にしたいというのがあったし、その中でも実績、高速馬場以外での安定感をとって本命に。

    ペースはスローに振りすぎると少し不安。できればハイバランスで引っ張って欲しい。




    ○カラクレナイ



    前走でようやく復調気配。
    1600mは長いと思っているので、1200mに変わるのはプラス。
    桜花賞は手ごたえは良かったが、残り100mくらいで急にピタッと勢いがなくなっていたので、1600mより短い方がベターと思っていた。

    もともとフィリーズレビューもそうだが、ハイペースでのバテ差しで結果を残していた。
    追走ペースがどうか微妙なところだが、戦ってきた相手も強いので、ここは期待しても。



    あとは前走詰まって人気が下がったアットザシーサイド。
    CBC賞を評価、京都の適性も高いセカンドテーブル、
    グレイトチャーター、セイウンコウセイなどを抑え。

    馬場は思ったよりは軽くなってきている印象。

    ペースはスロー想定。
    AJCCは前残り多いので穴馬は前残りで考えたほうがいいかな。



    ◎トーセンビクトリー
    ○ミッキースワロー
    ▲ダンビュライト、レジェンドセラー
    △1,2,5,7,9


    馬券
    3連複
    ◎-○-印


    ◎トーセンビクトリー



    馬場が想定より軽いということで一気に本命に。

    もともとマーメイドSみたいなタフな展開は苦手で、前走は仕掛けは遅かったが、馬場の重さ、ポジション、不利といろいろ噛み合わなかった。
    基本は2~3F戦くらいで、ラスト減速しすぎないラップがベスト。4Fまでいくと微妙だが、とにかくタフな展開は×。

    エリ女は本当は好走するべき展開ではあるんだが、
    ポジションが後ろだったのもあるし、エテルナミノル、スマートレイアー、デンコウアンジュ、クイーンズリングなどが上位に入れないくらいのレベルだったので、しょうがない。


    今回頭数的にも、他の馬を考えても出脚がいいのでいいポジションは取れると思う。AJCC自体前残りが多い、馬場がそこまで重くない、人気がないということを考えるとここは期待してもいいかな。



    ○ミッキースワロー



    セントライト記念だけ見るとTSが持ち味で、中山2200はどうか?というところだが、未勝利戦自体は上がりのかかる展開で完勝、2着馬も500万下を勝つレベルくらいなので、ある程度違った展開でも悪くない競馬をしている。


    現牡馬4歳組はレベル高いと言えるくらい活躍はしているので。


    同じ現牡馬4歳だとクラシックから来たのでダンビュライトがいるが、個人的に高速馬場のがベターだと思っていて、単純にミッキースワローのが能力は上なのでは?というのもあるし、ここは3番手。

    このページのトップヘ