「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    馬場は回復しそうで、割と時計は出そうな感じ。

    ただ逃げ馬不在なので、ペースはそこまで上がる感じはしないので、ペースが流れることで好走してきた馬は軽視。


    そして、サマースプリント路線は低調だと思うので、古豪や別路線組を重視したいところ。





    ◎レッドファルクス
    ○ワンスインナムーン
    ▲セイウンコウセイ
    △2,,9,13,15


    馬連
    ◎-印


    ◎レッドファルクス



    単純にスプリンターズSくらい走っちゃえば2着には入るかなと。
    スプリンターズSは内前残りの展開で、レッドファルクスは外枠から追走して、一頭だけぶっ飛んでくる強い内容。
    外枠から逃げたミッキーアイルと、レッドファルクスは少し抜けた内容だと思っている。


    安田記念、CBC賞の内容を見ても、高速馬場からの末脚勝負なら圧倒的な内容で、普通に去年と同じくらいか、去年より時計が出そうでペースが落ち着きそうというのは普通にレッドファルクスにとってはプラス要素。

    高松宮記念は重馬場が原因だと思うし、このメンバーなら普通に勝って欲しいかな。




    ○ワンスインナムーン



    別路線組の一頭。


    調教が抜群なのもあるが、近走の内容がいい。

    2走前が福島で休み明け、10kg以上のプラス体重だった。
    それを
    11.9 - 10.5 - 10.8 - 11.2 - 11.1 - 12.1

    のラップを踏んで休み明けをもろともせずに完勝。

    実はこの2着のアレスバロースが佐世保Sでダイアナヘイローと戦っていて、5着と負けている。

    これを見ると、単純な比較ではダイアナヘイローのが強い競馬をしていると感じるが、佐世保Sのときは終始外を追走していて、アレスバローズは雑に外をぶん回していたのでこの着順もしょうがなし。ただ差は0.2差なのでそこまで開いてはいない。


    ワンスインナムーンが明らかな休み明け+アレスバローズの騎乗を考えたら、ワンスインナムーンがダイアナヘイローを逆転する可能性も全然あると思う。

    ローテもワンスインナムーンのが明らかにいいですし、調教も抜群。

    スタートもいいですし、内からうまくスタートしてロスなく立ち回ればチャンスあると思います。




    ▲セイウンコウセイも内前残り警戒。
    前走みたいな高速馬場はあまりにも特殊すぎるが、京都でもある程度の高速馬場でもやれていて、ペースも幅広く対応できるので、枠と展開を考えたら重視すべき一頭。

    メンバー的にもスローからのTS持続戦になると思う。




    ◎ベストアプローチ
    ○キセキ
    ▲サトノアーサー






    ◎ベストアプローチ



    長い脚を使わせたら青葉賞を見てもわかるとおりかなりの一級品。ただスピードに乗るまで時間がかかり、小回りの競馬場だと厳しい。


    ダービーは4コーナーで前にいたもん勝ちなので、まったくの度外視。
    逆にここで評価を上げたレイデオロを軽視する形になる。


    更にベストアプローチは収得賞金1500万(キセキと同額)とそこまで上の方ではないので、出走できると思うが、確実に3着に入りたいと思うので。



    キセキは叩いているので状態面では有利で、条件戦も強い勝ち方だったので、対抗。

    サトノアーサーはスローからのまともなTS戦なら台頭できると思う。前走は道中徐々に後ろに下がってしまったので度外視。距離は少し心配だが。



    ◎からのワイド2点。

    馬場は明日になれば高速くらいになっていると思うが、また超高速馬場になるくらいなら予想は変える。


    全体的に内先行有利なので、外からの追い込み馬は買わない。




    ◎ブラックバゴ
    ○マイネルサージュ
    ▲タンタアレグリア
    △ステファノス
    △カフジプリンス
    △グランアルマダ
    △デニムアンドルビー
    △モンドインテロ



    ◎からの馬連で。




    ◎ブラックバゴ




    評価しているのは4走前の1000万下で、このときの中山は全体的に馬場が重く、外差しも結構決まっていた。レースも後方待機勢が台頭していて、先行勢には辛かった。
    ただブラックバゴは2番手から早め先頭に立ち押し切る強い競馬を見せた。中山適性は高いと思う。


    前走の函館の内容から高速馬場でもそこそこやれそうで、
    他のメンバーに不安要素たっぷりなら、調教もよく、内枠で、ペースが遅めなら先行もできるこの馬から。




    ○マイネルサージュ




    1000万下、1600万下の内容からスローペースで上がりがそれなりに速くなれば重賞でも思ったが、目黒記念があんまりだった。

    ただ前走はしっかり掲示板には入れたし、叩き2戦目、条件戦みたいに前でサッと抜け出せばチャンスは全然あると思う。





    ▲タンタアレグリア



    消去法で残った人気馬の一頭。
    常にG1戦線のちょい下くらいの馬で、能力的にはステファノスくらいあると思う。ただステファノスは明らかに叩きなのでここはタンタアレグリアを上に。
    春天の内容からも高速馬場は得意、よっぽどのTS戦にならなければ崩れないと思うので、中山2200なら普通に買う。




    あとは前で残られるのが怖いので、グランアルマダ、マイネルミラノ、モンドインテロ、カフジプリンスを抑え、後方勢からはスロー小回りは得意なデニムアンドルビー。



    アルバートは内からどう立ち回るのがどうか?
    そもそもエンジンかかるのが遅い馬で、それを内枠からどうカバーしていくか。大外ぶん回しはおそらく届かないだろうし・・・

    ルージュバックも同じ感じ、内枠は良くない。

    このページのトップヘ