「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!





    ◎ディアドラ
    ○ポールヴァンドル
    ▲プリンセスルーラー
    △ルヴォワール、カリビアンゴールド、ナムラムラサキ


    馬券 馬連
    ◎-印



    開幕週ではあるが、去年は紫苑S、京成杯オータムハンデともに外差しが決まっていて、あまり前残りは意識しない。逆に先行争いに加わらない中団後ろの方が有利になりそう。


    馬場軽いので予想変えました。



    ◎ディアドラ



    しっかり札幌で叩いての参戦というだけでかなり評価としてはプラス。

    しかも相手は1600万でもかなり強い競馬をしていてほぼOPレベルと言っていいラヴィエベール。
    これを外からねじ伏せたのはかなり強い内容で、500万レベルが多い中では少し力が抜けている。


    HTB賞、オークスとも4F戦で長く脚を使う展開が得意で、紫苑Sに合いそう。
    人気だが思ったよりルヴォワールなどが吸ってくれているので。





    あとは高速馬場適性が高そうで、前目から鋭い脚を引き出すポールヴァンドル、新潟の内容がよかったナムラムラサキ、プリンセスルーラー。
    ポールヴァンドルと接戦のカリビアンゴールド、TS戦になったとき強そうなルヴォワールを相手

    スローからの決め手勝負になりそうで、速い脚をしっかり持続できる馬を拾いたい。




    ※印、馬券を変更しました。

    ◎ハッピーモーメント
    ○アストラエンブレム
    ▲タツゴウゲキ
    ☆フルーキー
    △2,4,5,8,10,12,13,14,16,17


    3連複
    ◎-◯▲-印






    ◎ハッピーモーメント



    わざわざ戸崎を乗せてくるところが臭い。

    目黒記念で3番手評価にしている馬で、スローからメリハリのある競馬になれば強さを見せてくれる。

    早春Sなんかはまさにその典型で最後の3Fだけの競馬でラスト抜け出した形。

    逆にメトロポリタンSやグレイトフルSのように淡々としたラップを踏むようなレースは苦手。


    あまり長い脚を使えるタイプではないが、抜け出す脚は一級品だし、目黒記念では最低限粘っている。


    斤量軽いしまた期待したい。




    ◯アストラエンブレム




    迷ったけど対抗に引き上げた。

    上がり勝負になるとどこまで•••
    という感じではあるが、前に行けばこのメンバーなら格好つけてきそう。

    新潟の実績もあるし、軸にはしやすいかなと。


    ☆フルーキー




    最近不調だが、2走前とかは前残りのなか唯一後ろから追い込んできたりとそこまで悪い競馬をしていない。エプソムカップは少し特殊な競馬になってしまったし、いい競馬した同じ舞台の新潟で一発。




    あとはサマー2000シリーズ優勝できそうなタツゴウゲキ、ルミナスウォリアーを3,4番手で。毎回サマー2000シリーズに出てる馬が一頭は来るので。

    マイネルフロストはが本質的には少しタフな馬場がベター、鳴尾記念は坂と前残りが味方した感じ。

    ソールインパクトは前走のレベルがそもそも疑問で、決めて勝負よりかはロンスパの方がいいタイプだと思うので切り。



    3歳牡馬勢はレベルが低いと思っているので消します。

    馬場は結構重くて、タフな馬場が想定される。

    ペースはそれなりに流れそうで、前半3F33秒後半くらいで入り、1分8秒くらいの決着になるのかなと。





    ◎ネロ
    ○ブランボヌール
    △シュウジ、ノボバカラ、ナックビーナス


    ◎ネロ



    ネロがノボバカラより人気していないので、さすがにこれは舐めすぎかと。

    前走の千直で負けはしてしまったが、去年と違い今年は休み明け。しかもネロ自身初の休み明けだったので、これは仕方ない。58kgもありましたしね。


    シルクロードとアイビスの間をみると、シルクロードはG1使って、そこから更に重馬場の京阪杯ということでローテに敗因があったのかなとみている。


    ネロはタフな馬場は滅法強く、上がりがかかる展開ならG1レベル。逆に過去2年のシルクロードSみたいに決め手勝負になると危うい感じ。


    馬場の重さ、レース展開ともに合いそうだし、内を立ち回った馬が有利な馬場なので内枠は絶対いいし、オッズのバランス、他の馬が休み明けということを考えて本命に。




    ○ブランボヌール



    条件としてはいいと思う。
    ただ問題は、スプリンターズSからの敗因はかなりなんとも言えないということ。

    前走は高速馬場が影響だったとしても、2,3走前の負けは少し不満。
    ただ重めの馬場のスプリントは去年の同レースといい強いですし、内枠というのが本当にいい。




    あとは洋芝は得意で、叩き2走目のシュウジ。
    前走良く追い込んだノボバカラ。
    内有利の高松宮記念を外から立ち回って結構がんばったナックビーナスを相手に。


    3歳勢は買わない。
    モンドキャンノはそもそもスローで良さが出た馬。スプリントの流れだった函館2歳でしっかり負けてしまっているのが不安。


    メイソンジュニアはそもそも通用するか?
    3歳牝馬は強くても牡馬はそこまでという印象で、前走もセカンドテーブル、アクティブミノルが残れてるのにメイソンジュニアだけ普通に後退していったのが不満。なので消し。

    このページのトップヘ