「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    やや重だが、馬場は高速馬場っぽいのでそれを踏まえて。


    スローになる可能性が高く、雨の影響で内が有利になると思われるが、最近の東京は割と外差しも決まるので、そこを注意して。


    ◎デンコウアンジュ
    ○アドマイヤリード
    ▲クロコスミア


    ワイドBOX
    ◎○▲


    ◎デンコウアンジュ



    この馬はまずTS戦にあること、そして長く脚を遣わされないことが重要。

    エプソムカップとかは11秒台半ばのラップをちょいちょい刻んでいて、脚をつかわれてしまい凡走。
    ヴィクトリアマイルみたいに上がり3ハロンだけの競馬などのほうが好走しやすい。


    このレースのラップ傾向、メンバーを見るとラスト3ハロン勝負になる可能性は高そう、そして割と外差しも決まっているのが追い風。賞金もG1出るには確実にたりないので。




    あとは一戦叩いて、キレ勝負は屈指のレベルのアドマイヤリード、あとはクロコスミア。

    馬場の回復が早く、高速馬場でのレースになりそう。

    基本的に前が有利だとは思うので、それを念頭に。




    ペースはまずスロー、TS戦で間違いないだろう。



    ◎ハッピーモーメント
    ○スマートレイアー
    ▲サウンズオブアース
    △シュヴァルグラン、フェイムゲーム、トーセンバジル、カレンミロティック、レコンダイト





    ◎ハッピーモーメント





    前走本命を打ったが、凡走。

    その理由として挙げられるのが二つあって、まず休み明けということ。


    そして単純に新潟記念のペースが結構流れてしまったことだと思う。

    ヴォルシェーブと僅差の日本海S、外伸びながら内で抵抗したオクトーバーS、1600万勝ちの早春S、そして重賞3着の目黒記念全てにいえることは、この馬自身かなりゆったり追走しているということ。

    全て1000m通過61秒以上で追走していて、ゆったり追走してから、前目で速い脚を使って粘りこむのがこの馬のスタイル。


    逆に新潟記念は1000m59.0秒、馬自身もそこそこ逃げ馬から離れずに追走していたのでそれが影響したのかなと。


    今回はまずペースが流れることはない。そして決め手勝負になるだろうと。前目で恵まれそうなので、条件戦の2戦で出したときの決め脚が使えれば、おもしろいと思う。





    ○スマートレイアー




    単純にこの馬高速馬場ならかなり強くて、ヴィクトリアマイルとか、ノボリディアーナに負けた府中牝馬みたいに馬場が渋ると少しパフォーマンスが落ちる。


    休み明けではあるが、前目から速い脚を使っていけるのは魅力で、安定感もあるので相手にはピッタリかなと。




    ▲サウンズオブアース



    サウンズオブアースは毎回京都大賞典は後ろから届かずという競馬になっているが、今回は叩き2戦目、そしてノリさんに代わってどこまでというところか。

    届かずとはいえども、毎回強い競馬はしているので相手候補。




    △シュヴァルグラン



    上記2頭より評価を下げたが、この馬は基本的にジリジリと長くいい脚を使っていく馬ということと、そこまでエンジンのかかりがよくないというのが不安かな。


    内枠で一応包まれて、アクセルを踏み遅れてしまうとレーヴミストラルに負けた日経新春杯になってしまう可能性はある。




    ミッキーロケットは単純にタフな馬場で好走してきた馬で、決め手勝負でどこまでやれるかかなり未知数なので今回は様子見。


    抑えにフェイムゲーム、トーセンバジル、カレンミロティック、レコンダイトあたり。

    東京の馬場が内から乾くということで、内前残りが予想されるが、去年は外差しガンガン決まってたので一応当日の馬場は確認したいところ。


    このメンバーだとスローは間違いないと思うので、TS戦に強い馬を選びたいところ。






    ◎リアルスティール
    ○マカヒキ
    ▲ソウルスターリング
    △ヤングマンパワー、グレーターロンドン


    馬券
    ◎-印




    ◎リアルスティール




    思ったより外差し決まっていたのでこの馬に・・・
    という感じかな。


    決めて勝負にはなると思うが、新馬、秋天の内容を見てもスローからのTS戦はかなりいい内容を見せていて、調教も動いているので期待できる。

    外枠にあまりデメリットがなさそうなので、外から動けるというのはかなりいい材料だと思う。秋天の再現してくれれば。




    ○マカヒキ



    やはりこの馬は高速馬場で速い上がりが問われるTS戦よりの競馬がベターかなと。


    古馬になってからは、重馬場の京都記念、そして阪神小回りで雨で標準くらいの馬場だった大阪杯と噛み合わないレースが多かった。


    ダービーみたいにスローからのTS戦なら屈指の能力だと思うので、ここは名誉挽回してほしいところ。




    ▲ソウルスターリング



    前にいけて、内枠、この斤量なら・・・
    という感じだが、いうても今年の3歳のメンバーは微妙。

    重賞でもOPレベルで古馬に通用してる馬はほぼいないので、ここは様子見かな。




    最初はアストラエンブレム本命にしたかったが、今回は道中後方に下げると言っているので、末脚勝負になるとちょっと分が悪いかなと。

    このページのトップヘ