「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    重馬場消耗戦をふまえて予想。




    ◎リスグラシュー
    ○ミリッサ
    △3,7,8,10,11,13,14






    ◎リスグラシュー



    1番本命にしやすかった。

    桜花賞は置かれながらも、持続力でなんとかレーヌミノルを抑えた形。ペース、馬場ともにかなりタフな展開だった。

    阪神JFで重い馬場の中で大外ぶん回してソウルスターリングを追い詰めているのと、チューリップ賞のTS戦でソウルスターリングに突き放されたのを考えるのを踏まえても消耗戦寄りの競馬になるのはベター。


    1600より少し距離が長くなるのはプラスだと思う。
    オークス組は毎回来ているし、その中だとこの馬が妥当かなと思い本命。




    ○ミリッサ



    単純にシンハリーズ一族が重馬場に強いというのもあるが、この馬の脚の使い方を見るともうちょっと消耗戦寄りの方がいいと思っていた。


    一回7月使っていることからリスグラシューと迷ったが、やはりまだ未知数な部分もあるので対抗止まり。




    あとは穴どころを馬連で拾っていく。


    サトノアリシア、メイズオブオナー、ブラックスビーチ、レーヌミノル、メイショウオウラ、ハローユニコーン、ラビットランを抑え。


    ファンディーナは長く脚を使わされる展開はきついと思っていて、結局皐月賞以前の3戦もスローからの2ハロン戦。
    皐月賞で3コーナーからの4ハロン戦の競馬になると一気に崩れてしまったと解釈している。

    高速馬場がダメだったという可能性もあるが、ここまで重馬場になると・・・
    人気のリスグラシュー本命にしているし、馬連を買うので3着以下に外れてくれれば。少し博打。


    モズカッチャンはオークスはソウルスターリングが外から仕掛けてくれたおかげで、内の最高のポジションを確保。直線もすんなり前が開くという最高の競馬。かなりあの日の馬場は前残りひどかったし、恵まれた部分も大きい。
    上がりのかかった3走前もここで1番人気を争うほどの内容かというのは微妙で、基本は高速馬場がベターかなと。

    超高速馬場ということで様相が大きく変わった。

    先行勢もボンセルヴィーソ、マルターズアポジー、ウインフルブルーム、マイネルアウラートとかなり揃っており、マルターズアポジーの近走を考えるとかなりペースが流れそう。

    おそらくこの馬場でペースが流れると、前半1000m57秒台とかも覚悟しなければいけない。そうなると追走力が必要になってくる。

    なのでどちらかというと短距離寄りの馬に期待して、中距離から短縮してきた馬は嫌いたいところ。





    ◎ウキヨノカゼ
    ○グランシルク
    ▲ブラックスピネル
    △ロサギガンティア、トーセンデューク、ミッキージョイ、ガリバルディ、マルターズアポジー、




    馬券
    馬連
    ◎-印




    ◎ウキヨノカゼ



    関屋記念でも本命にしたがもう一回。

    関屋記念は内で前にいたほど有利になる競馬で、大外ぶん回してきたウキヨノカゼはさすがに無理だった。

    前にも話したが、ウキヨノカゼはスプリンターズSや、ヴィクトリアマイルから高速馬場の方がベターだと思っている。ヴィクトリアマイルなんかマジックタイム、スマートレイアーなどの牝馬最上位勢と同じくらいやれているわけですし。



    あともともとスプリント上がりということで、追走力的な余裕はあるだろうと。そして叩き2走目と条件揃っているので素直に本命で。





    ○グランシルク




    グランシルクもある程度ペースが流れても大丈夫なタイプで、中京記念はブラックムーン、ウインガニオンと内を通った馬が上位に入った中、唯一外から伸びてきた。


    安定感抜群で、ここでも有力だが1000m57秒台まで行くと少し不安なので対抗。




    ▲ブラックスピネル




    安田記念はさすがにオーバーペースだったが、京都金杯のように前に馬を置いて溜めればエアスピネルともやれている。京都金杯が100057秒後半のハイペースで通用する下地はありそう。

    高速馬場は問題なく、あとは騎手がうまく内でタメながら競馬できるか。




    あとは恵まれないながらもそれなりのレースをしているトーセンデューク、1400巧者だが超高速馬場&ペースが流れて良さが出そうなロサギガンティア。
    あとはマルターズアポジー、ガリバルディ、ミッキージョイなどを抑えで。



    ボンセルヴィーソは重賞で今まで通用していない3歳勢で、先行勢も揃ったので消し。

    阪神も超高速馬場。

    差しは思ったより決まっていて、単純な前残りにはならなそう。



    ◎メラグラーナ


    馬券
    ◎の単勝


    ◎メラグラーナは最近凡走しているが、毎回直前で雨が降るという運の悪さによるもの。


    CBC賞のとき現地にいたが、かなり雨が降っていたので本命にしながらメラグラーナは無理だろうなぁと感じていた。


    まず良馬場、しかも高速馬場というのがかなりプラス。
    セプテンバーS、フィリピンTでは圧倒的なトップスピードで次元の違うレースをしていて、今のスプリント戦線でもトップスピートの質、持続力はトップクラスだと思っている。



    ただメラグラーナの強いところはペースが流れて少しくらいタフな競馬になっても対応するところ。


    ラピズラズリSなんか前半からそれなりにペース流れた上に、外枠からポジションを取りにいったんだが、しっかり脚を使ってナックビーナスを0.2差突き放すレースをしている。


    高速馬場は合いそう。ダンスディレクターがどれくらい力を出せるか微妙だがこのメンバーなら力上位だと思っている。

    2連続の凡走のおかげで、人気も落ちているので本命。
    相手はかなり難しく感じたので、メラグラーナの単勝一点で勝負します。

    このページのトップヘ