「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    中山金杯は
    ◎ブラックバゴ4着、○ウインブライト2着、◎-○のワイドで撃沈。

    大外ぶん回しじゃ届くわけないよ岩田さん・・・


    ということで万葉Sの予想。


    京都の馬場は少し重いくらいか。
    差しもそれなりには決まる馬場で、3000mということもあったタフなレースが予想される。


    ◎リッジマン
    ○プロレタリアト





    ◎リッジマン


    前走は、
    7.0 - 11.5 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 13.0 - 12.8 - 12.7 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 11.7 - 11.8
    とラスト2Fからの加速で、そのまま減速しないラップ。洋芝や、タフな展開で実績を残してきたリッジマンには流石にきつかったか。

    今回休み明けを叩いて2戦目。しかも京都の馬場は重めになっている。

    札幌日刊スポーツ杯は、好メンバー揃った中での完勝だったので、条件、メンバーともに通用しそう。



    ○プロレタリアト



    タマモベストプレイと迷ったが、タマモは凡走するときはするし、休み明けも怖い。
    人気も鉄板の軸という感じなので、ここはワイドで外す形に。


    プロレタリアトは条件戦でも割とタフな展開での差し込みをしていた馬。

    丹頂Sは+14kgの休み明け。先行馬には厳しい展開になったが、1着と0.6差、動きがあったときにじっとしていたタマモベストプレイと0.2差とそこまで悪くはないし、

    ステイヤーズSはプレストウィックと僅差。

    割とタフな長距離戦で安定して戦えていているので、休み明けで人気しているタマモベストプレイよりはこっちかな。


    ◎-○のワイド一点。

    中山金杯

    馬場は前開催を考えると重め。

    マイネルミラノがいることを考えると、TS戦になる可能性は少ないか。




    ◎ブラックバゴ
    ○ウインブライト
    ▲デニムアンドルビー
    △アウトライアーズ、ケントオー




    基本は◎-○のワイド。



    ◎ブラックバゴ



    最近のレースというよりは1000万下勝ちを評価。
    このときかなり差し馬有利の馬場で、このレース自体も先行馬はほとんど残っていない。

    ブラックバゴは+16kg、4ヶ月明け、差し有利の中直線先頭に立ち押しきるかなり強いレース。
    このレースを見て、重めの馬場なら重賞でも・・と注目していた。

    前走も条件揃えば強いところを見せてくれた。
    今回もそれなりに重い馬場、実績がある中山2000mと条件は揃っている。

    ローテ、調教ともに良かったし、ここは期待。




    ○ウインブライト


    前走は先行してうまく立ち回って勝利。

    高速馬場じゃなければ毎回それなりに走ってくる馬で、内枠も引いたし相手で。






    京都金杯



    ◎レッドアンシェル
    ○マイネルアウラート


    単勝◎
    ワイド◎-○少し




    馬場は開幕週ということで、高速馬場の前残りで予想。

    差し馬が非常に多く、先行馬から買いたい。
    ダノンメジャー、レッドアンシェル、マイネルアウラートの3頭だが、
    ダノンメジャー、マイネルアウラートは高速馬場のTS戦はベストではないと思うので、

    それならレッドアンシェル本命でいいかなと。


    前走は、
    12.5 - 11.0 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 11.1 - 11.1 - 11.9
    3ハロンTS戦で、今回もTS戦になる可能性は高いと思うし、もしある程度流れてもアーリントンCで最低限走っているので本命。


    スズカデヴィアスも人気的にかなりおもしろいと思うが、スズカデヴィアスが来るくらいの差し展開ならラビットラン、ストーミーシーあたりの方もかなり怖くなってくるので、前残りに張る。

    馬場は標準~ちょい重くらい。

    おそらくスローから、キタサンブラックを早めに捕らえに行くロンスパになるか。

    馬場として土曜のグレイトフルSを見て、前残りだ!とする意見もあるが、ラップを見ると、
    7.0 - 11.5 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 13.0 - 12.8 - 12.7 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 11.7 - 11.8
    と後半2Fだけのかなり特殊なラップ。
    最終レース自体は差しもそれなりには決まってるのので、一応フラットで予想していく。
    当日のレース見て、前残りならヤマカツエースは評価を上げたい。



    ◎キタサンブラック
    ○サクラアンプルール
    ▲ミッキークイーン
    △ヤマカツエース




    ◎キタサンブラック



    JCは3着と正直がっかりした人も多そうだが、あれだけ早めに抜け出したら流石にきつかったかなと思う。もしこれが能力だとしても中山適性は完全にシュヴァルグランよりは上と考えていいし、JCはシュヴァルグランが嵌りまくったのでここは上位評価でいいだろうと。
    落鉄もあったという噂ですしね。


    宝塚記念は、超レコードの春天が原因だと思っているので、不良馬場の秋天の反動が怖かったがあれだけ走れば○。

    決め手勝負にならなければよっぽど大丈夫だと思うので、素直に。



    ここまでは何もおもしろみがないので、本当の予想はここから。


    ○サクラアンプルール



    単純に札幌記念、中山記念の評価が強かった。
    どっちも、
    中山記念
    12.6 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7
    札幌記念
    12.7 - 11.0 - 11.7 - 13.0 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 12.0

    スローからのロンスパになっていて、早仕掛けになりそうな今回と結構合うと思う。

    中山記念はイン突きが嵌ったといってもいいが、札幌記念は外からねじ伏せているので、内容が悪いわけでもない。

    相手はネオリアリズム、ロゴタイプ、ヤマカツエース、と休み明けにしてもいいメンバー。

    問題は距離なんだが、札幌2000mのタフなレースでそれなりにやれているので、ある程度こなしてくれると思う。


    ▲ミッキークイーン



    差しが決まっていたらヤマカツエースを▲にしたいが、とりあえず。


    ミッキークイーンは上がり勝負はダメなのと、エンジンのかかり自体はそこまで良くないのが重要。

    ただ今回はそういう展開にはならないだろうと。
    今年のエリ女は、唯一外からぶっ飛んでくるかなり強い競馬で、去年より内容はいいので、今回はもう一段感期待できる。




    △ヤマカツエース



    札幌記念、JCはもうちょっとやれてもいいかなと思った。
    休み明けはそれなりに走るタイプなので、あそこまで負けるか?という印象は札幌記念で受けたし、JCは外枠にしてもかなり上手く乗ったと思うので、あそこまで伸びない?と感じた。


    去年有馬記念で好走したのも、他の馬がキタサンブラックを捕らえるのに動いたのを動かずに、1テンポ待ったのが功を奏したと思っていて、今回は立場違うしどういう競馬をするか。

    有馬が上手くいったことを考えると、JCであそこまで伸びないのは距離がやっぱ長いのではないか?というのを考えていて、そうなると今回は過剰な評価はできない。ただ先行できる、内枠というのがメンバーの枠配置見てもかなり有利なので、それで評価を上げた形。

    このページのトップヘ