「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    京都新聞杯の展望していきます。こっちのが展開が読みづらくて、難しい。

    smartordin

    まず出走馬を見てみましょう。

     
    1スマートオーディン2.1
    2ロイカバード4.3
    3エルプシャフト4.4
    4ブラックスピネル6.0
    5ゼンノタヂカラオ9.7
    6ユウチェンジ34.4
    7ピースマインド42.5
    8スワーヴアーサー56.5
    9マイネルラフレシア58.3
    10カフジプリンス72.1
    ちょっとプリンシパルと両にらみの馬が多いのでわかりづらいが、おそらく5番人気くらいまでは出るでしょう。

    ラップはこちら
    京都新聞杯
     
    逃げ馬のピースマインドがおそらくプリンシパル。
    なので今回逃げ馬が不在なのでスローの可能性が高い。
    そうなるとあの馬を買わざるを得ない。


    中盤そこそこ緩んで、ラスト600くらいで11秒台前半を問われるレース。

    では上位5頭だけ見ていきましょう。


    スマートオーディン

    完全なスロー巧者。共同通信杯はペースが流れてしまいダメでしたね。
    本当は軽視したいが、今回も逃げ馬不在で先行馬も前走スロー経験してる馬ばかりで到底ペースが流れるとは思えない。ということはこの馬を評価せざるを得ないだろう。

    ロイカバード

    もともと掛かる馬で、距離延長+ペースが緩みそうというのはあまりプラスではない。
    普通に走れるなら上位もありそうだが、休み明けでもあるので・・・

    エルプシャフト

    ブエナビスタの妹ですね。未勝利を初めてのレースで勝利したのはすごいですが、いくらなんでも3番人気というのは・・・
    明らかに良血というだけで人気しているので買いたくない。
    前走は阪神のやや重ということでかなりタフな馬場。京都に合うかもわからない。


    ブラックスピネル

    この馬も割とかかる馬。しかしすみれステークススローからの上がり3ハロン上がり勝負に対応できてますし、京都でも瞬発力勝負でそこそこの競馬してますし、ここは有力じゃないでしょうか?

    ゼンノタヂカラオ

    この馬はどちらかといと長くいい脚を使うレースで未勝利、500万下、若葉S3着と好走しており割とキレを問われるレースではあまり向かないか。

    というような感じです。
    ペースがスローで上がり3Fでペースが急に上がる展開だと予想していますので、もし流れるとゼンノタヂカラオとか台頭してくるでしょう。まだまだ出走馬がわかりづらいので人気馬だけ分析しましたが、人気ない馬にも魅力がある馬がいるかもしれません。

    ということで京都新聞杯展望でした。






     

    展望part2いきます。
    ブレイブスマッシュ

    今度は穴馬サイドです。

    あと前提条件があって、これを読まないとおそらく「こいつなにいってんだ」みたいになると思います 。
    part1をぜひ読んでくださいな。 

    アーバンキット

    前走はスローすぎてあまり評価できない。
    しかし後半11.3-12.3とかなりタフなレースとなったアーリントンカップで好走している。
    もうアーリントンカップが接戦すぎて、このレースを評価するとほぼ全頭評価しなきゃいけないんですよね。



    ティソーナ

    この馬は先行する馬で、メジャーエンブレムのレップの影響をもろ受けるとなるとちょっと厳しいか。

    レインボーライン

    ドスローになるとあまりよくないタイプでペースは流れたほうがいい。
    となると結構展開は合いそうで、こんなに人気がないなら・・・


    ブレイブスマッシュ

    この馬は前がつぶれてバテたときに好走をしているのは明らか。
    ファルコンステークスは内の悪いところを通って好走していますし、今回横山騎手の思い切った騎乗は今回に限ってはいいかもしれない。
    全く人気がないですし、期待値的にはかなりいいだろう。

    というような感じです。

    3歳馬なので天皇賞春みたいにたくさん書くことはないんですよね。
    大事なのはアーリントンカップの評価となりそう。
    これを評価するか否かで買い方はだいぶ変わってくる。

    穴で期待しているのはこの馬人気ブログランキングへ
    プロフィール紹介のところに載っています。


     

    ちょっとおまけですが、3歳戦ばっかりなので新潟大賞典の展望を。

    ラップを見てみましょう。

    新潟大賞典
     
    競馬KLANさん引用です。

     あまり中盤は緩まず、11秒後半から12秒前半のくらいのペースで、ラスト400からペース上がって、そのまま惰性でゴールという感じ。

    これを見ると瞬発力勝負というよりは、長くいい脚を使えることが必要となりそう。

    逃げ馬はマイネルミラノ、(メイショウナルト?)がいるのでおそらくドスローにはならないでしょう 。
    この例年のラップで考えて問題ないと思う。

    出走馬はこちら。

     
    1フルーキー3.0
    2サトノラーゼン4.6
    3ダコール4.9
    4ヒストリカル8.2
    5ショウナンバッハ10.4
    6ベルーフ12.8
    7ダービーフィズ13.6
    8マイネルミラノ18.4
    9シャイニープリンス29.2
    10アングライフェン29.7
    なかなか難しい。

    フルーキー(57.5kg)

    長くいい脚を使うという点ではかなり有力だが、好走している舞台が中山、東京、阪神とちょっと馬場重めのところの好走が多い。 京都は人気になるが、それなりの好走ばかりで馬券内はなし。
    更に今まで小回りの2000,1800を使ってきているので、なんとかごまかしついたかもしれない。初めて小回りじゃない2000になって、本職はマイルだっただけにスタミナがもつか。
    しかし堅実なタイプなので消すまではいかなくていいと思う。 

    サトノラーゼン(57kg)

    この馬AJCCは消しました。
    なんでかというと休み明け走らないと思ったからなんですよ。セントライト記念は普通に凡走で した。
    長くいい脚を使うタイプなので舞台設定がそんなに合わないとは思わないが。
    このAJCCが中山合わないからなのか、休み明け全くダメなのかによって評価は変わりそう。


    ダコール(58kg)

    もうこの馬は雨降ってなかったら買いましょう。それだけです。特に嫌う必要もないでしょう。



    ヒストリカル(57kg)

    この馬は明らかに阪神のようなタフな馬場に良績が偏っていて、そのほか東京と雨降った京都。
    ということは軽い馬場が合わない可能性がある。良い脚を長く使うところは問題ないが、雨が降らないとちょっと厳しいだろう。 

    ショウナンバッハ(55kg)

    雨降ったらアウトです。
    しかしAJCCはかなり新潟大賞典のラップと似ていて、ここで長く脚を使えるところを重賞のそこそこのレベルでも示せたのは大きな収穫でしょう。
    新潟も好走歴ありますし、斤量も魅力。よほど前残り馬場でない限り上位でしょう。


    ベルーフ(56kg)

    意外と近走は好走しているんですよね。
    前走は大外枠でずっと外回していましたからちょっとつらかった。しかも上位は内枠の馬が多かったし、タイム的にはあまり負けてない。京都の軽い馬場もこなせてるし、新潟も大丈夫そう。
    小倉記念がいい例で長くいい脚を使うレースは得意なタイプ。こんなに人気ないんだったら期待値的にもおいしい。

    ダービーフィズ(57kg)

    最近の好走は洋芝ばかり。その反対ともいえる新潟。
    しかも休み明けで、おそらく函館記念に向けての叩きかな?と思われる。

    マイネルミラノ(56kg)

    今回前にいける有力馬が少ないので前にいけて、新潟に良績のあるこの馬は抑えておいた方がいいだろう。
    しかしあれは雨の助けもあった気がするので・・・

    シャイニープリンス(56.5kg)

    前走はめちゃくちゃ強かった。
    2000mで覚醒しましたかね?そんなスローなレースなわけでもなかったですし。
    こんなに人気ないなら買っても大丈夫じゃないですかね?

    あとはパッションダンス、ロンギングダンサーとかがいいですかね。

    新潟大賞典おすすめ馬は人気ブログランキングへ




     

    このページのトップヘ