「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    まさか・・・ ごめんなさい・・・

    という感じです。
    競馬に絶対はないけど、出遅れでもなく、ハイペースでもなく負けるのを予想できた人は何人いたんだろうか。

    まぁそもそもジュエラーは買ってなかったのでアウトでしたけどね。

    1着 消 ジュエラー

    2着 ▲ シンハライト

    3着 △アットザシーサイド

    正直ジュエラーとシンハライトの甲乙はつけがたいですよね。
    シンハライトは勝ってもあんまり着差を離さない馬なので、前にメジャーがいなかったのは予想外でしたでしょうね。
    シンハライトは結構早めに先頭だったので、そこで気を緩めてしまったところをジュエラーが猛追してきて、シンハライトがまたがんばって対抗して盛り返したところがゴールだったので、シンハライトはジュエラーの勢いに負けてハナ差まけてしまいましたね。

    アットザシーサイドはフィリーズレビューで一頭だけ追い込んだ+叩き2戦目ですからふつうに買えましたけど・・・

    メジャーエンブレムの敗因は一つ。前にいなかったことだけでしょうね。
    流石にシンハライトと一緒の位置からそれなりにスローな流れからの瞬発力勝負はきつい。
    スタートして逃げ、または番手につけれないようにふさがれてたらしょうがないとは思うけど、ちょっとあそこで抑えた?また前目につけなかったのが疑問ではある。

    これはまぁしょうがないここまで含めて競馬だ。うん。メジャーエンブレムを買わなかったのがルメールがやらかすのではないか、包まれるのではないかと予想した人はすごい!

    おかげでサトノダイヤモンドが買えますよ笑

    本当ごめんなさい次はがんばります。

     

    とりあえず始めたばかりなので結果で示そうということで頑張ります!

    ◎メジャーエンブレム
    ○レッドアヴァンセ
    ▲シンハライト
    ☆デンコウアンジュ
    △ラベンダーヴァレイ
    △アットザシーサイド


    ◎メジャーエンブレム
    自分はメジャーエンブレムを買う側でいきます。
    脚質、調教見てもまず不安はない。自分でペース作ってくので差し馬のように他の馬には関係ない、ゴールドシップ、ルージュバックなどのような1倍代とは意味が違う。
    みんなが言う不安要素は出遅れ&競りかけられるくらい。
    出遅れはしたことない馬、というかゲートめちゃうまい馬なので、ほとんど確率はないだろうし、そのわずかな確率にかけてもいいとは思うが、1%もないかなぁというところ。
    競りかけられることに関しては、天下の社台系にわざわざ競かける騎手、調教師はいるのか疑問。
    自分は普通にこの馬1着でいいと思う。

    ○レッドアヴァンセ

    まぁあんまり血統は重視しないけど、クラシック、特に桜花賞はディープは間違いなく馬券内には来るのはあまりにも確率が高いのでディープ産駒を相手本線で買います。
    なんでレッドアヴァンセかというとエルフィンSの内容が凄いと思っていて、外々をずっと回してにフィリーズレビューで人気だったダイアナヘイローをあっさりかわしているので能力はありそうだし、調教は動いているので状態さえよければ2着はあると思う。状態がいいかの確率に関しては運次第。でもそれをまかなえるオッズはあると思っている。
    ※馬体重次第で評価下げるかもです。

    ▲シンハライト
    ディープ特有のクラシックに向けてどんどん良くなっている感じ。チューリップ賞はジュエラーがシンハライトより内をずっと回していながら、さらにムチを連打しながらいっぱいに追っていたものもシンハライトがわずかにしのいだのでシンハライトのが上だと自分は思っている。
    池添騎手はJCと同じように勝負所でムチを入れるところがあるので、チューリップ賞の直線ではたぶん追うだけでジュエラーには並べるであろうから、併せながら最後ゴールの一押しでムチを打って抜かそうっていう考えがあってあのようなムチの入れ方をしたと思っています。ということで普通にいけばシンハライト優勢だと思っています。

    ☆デンコウアンジュ
    たぶんメジャーエンブレムがきっついペースで逃げるのでスタミナがありそうなこの馬が前がばてばてになっているなか差してもおかしくないかなと思った。調教もよかったしね。

    消ジュエラー

    人気どころどこか消さないといけない思ったらジュエラーかな・・・・
    バテ差し得意なタイプだから合うとは思うけど、先ほどいったようにシンハライトに勝てる確率は低いと思ってるのでここは思い切って消してみようかなと。

    馬単一着固定流し
    5→11,12,15,7,10

    良かったらクリックしてください。


     人気ブログランキングへ

    桜花賞の展望です!

    今回はおもしろそうな予想になりそうですね。

    去年の桜花賞と同じでルージュバックと同じようにまた人気裏切るのを脳裏によぎるかもしれませんが・・・

    ルージュバックには

    ・小頭数経験なし

    ・脚質が差し(多頭数になるとそれだけ裁きが難しくなる。)

    ・マイルへの適正
    一番強い競馬が東京2000(レコードで勝っていた)

    おそらく中山牝馬ステークスを落鉄して2着してるくらいなのでマイルはおそらくこなせそうですが、
    脚質が差しというのはペース次第で自分でどうしようもないことがあります。そしてレッツゴードンキにしてやられたと。

    では今回一番人気になるであろうメジャーエンブレムはどうでしょうか?

    マイルはおそらくベスト。
    ペースは自分で作れる。
    スタートがうますぎるので包まれることがまずない。

    まず実力を出し切れるのは間違いないでしょう。
    あとは相手関係ですが・・・

    クイーンカップは追わずに前後半34.7-34.4の1分32秒5でした。

    去年の安田記念。馬場差があるとはいえタイムは34.6-34.4で1分32秒ジャスト。

    ほとんどペースは同じように刻んでると思います。
    これを見ると先行したモーリスに勝てるとは言いませんが、少なくとも古馬OPレベルで走れるとは思います。

    あとどこかで逃げ馬は2015年は例外で桜花賞は危ないと言った方がいたのでそれについて反論したいと思います。

    そもそも最近こんな強い逃げ馬いたでしょうかね?というのが第一印象。
    自分はダイワスカーレットの距離適性少し短くして、一回り実力を落とした感じだと思っています。

    過去の逃げ馬を見てみると、

    2015 レッツゴードンキ これはあまりにもドスローなので例外

    2014 フクノドリーム(18番人気)圏外

    2013 クロフネサプライズ(1番人気)4着 上位三頭は全部差しで、展開が少しどうなの・・・という感じ。

    2012 アラフネ(17番人気)圏外

    2011 フォーエバーマーク(7番人気)5着 

    というように逃げ馬でそんなつよい馬はいなかったし、フォーエバーマークは人気以上走ってますしね。




    ということで桜花賞では逆らわないほうがいいと思います。(オークスは別ですが)

    まず桜花賞で1着は間違いないと思いますけどね・・・

    相手選びに関しては次回!





     

    このページのトップヘ