「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    ヴィクトリアマイルはかなりローテと位置取りがカギを握りそう。
    枠順確定前ですが、位置取りもふんわりとした予想をします。


    一頭一頭いきましょう。

    ミッキークイーン

    次はおそらく体重が減らなければ宝塚記念が濃厚でしょう。
    ジャパンカップに出るほど強気ですし、去年の牝馬2,3着フィニッシュをみると宝塚に出そう。

    しかし初戦に阪神牝馬を使ってくるあたり結構ヴィクトリアマイルも取りたそうな感じはする。まぁただ単に大阪杯が手強すぎてここくらいして間隔をある程度あけて出走できないからだとも思うが。間隔あけないと体重減りますからね。でも宝塚メイチが濃厚でしょうね。

    位置取りは枠次第だが、中団でしょう。
    おそらく8~14番手くらいにはつけるのではないでしょうか。
    前提としてあまり無理して追走すると宝塚に不安が残るので、先行はしないだろう。 


    ルージュバック


    キャロットで宝塚出れる馬がステファノス、マリアライトくらいしかおらず、どうにか今トップクラスのスターホースのこの馬を宝塚に出したいはず。賞金足りなくても人気は高いですから人気投票上位に入れると思いますし。

    桜花賞かなりの惨敗をしていて、ヴィクトリアマイルに出るあたり叩きだとは思うんですよね。
    中山牝馬は賞金を稼ぐチャンスで宝塚を目指すならどこか叩かなきゃいけないので、だったらヴィクトリアマイルにという感じでしょう。

    前走こそ前半のペースがかなり緩んだのである程度中団にいけたが、今回のタイトなペースじゃおそらく中団にもいないだろう。おそらく後方待機が濃厚だと思う。
    おそらく11~16番手くらいでしょう。ルメールがそんなに積極的な競馬するとは思えないですし。


    スマートレイアー

    この馬はおそらくここがメイチでもう秋はエリザベス目指して全休でしょうね。 

    おそらく豊騎手なのでこの馬で逃げるか?というのもあるし、最近豊騎手が逃げて結果が出過ぎているのでおそらくもう逃がさないでしょう。絶対この馬は逃げなくてもいいという意識をかなり持っているだろうし、出たなりじゃないですかね?

    おそらくこの馬は位置取りが一番図りづらいかもしれない。ゲートとテンは速くないので、今回のスプリントや、マイル路線のテンとスピードの持ち主と比べると、押していかないとまず後方。

    おそらく3~14番手くらいまであるかなというところ。

    でも東京新聞杯はドスロー前残りは間違いないと思った吉田隼人騎手が、最初から逃げようと必死に押したのもあるし、阪神牝馬ステークスも逃げる馬があまりにもいなかったので、デムーロが出たあと周りを見て押していったという感じでした。

    東京新聞杯、阪神牝馬と違って、今回テンが速いレッツゴードンキ、スプリント路線からきた馬、ウインプリメーラとかもそこそこテンが速いですしおそらく、豊騎手は押して前に無理やりいくみたいなことはしないと思います。


    マジックタイム

    この馬もここメイチでしょうね。次使うG1なんてないので。

    ボウマン騎乗なのでそんなに前にいくかというと・・・

    Bコースに代わって、ヴィクトリアマイルは前残りになるなんて知らないでしょうからね。
    だから天皇賞春はあんなことになってしまう。
    おそらくアーバンキットで先行して大失敗してるので、おそらく今度はあまり先行したいとおもわないでしょうね。
    と勝手に予想してます。


    クイーンズリング

    この馬は一応宝塚の距離もこなせないことないと思うが、京都牝馬を使っているのでおそらくヴィクトリア狙いは間違いない。しかもあえて1400を使ったというのは評価できる。

    位置取りだが、ここまでの有力馬は後ろから競馬をするばかりなので、スタートはあまりよくないが、出た後に少し押して前にいくんじゃないかなと思う。京都牝馬みたいな感じで。デムーロは馬場次第で積極的にポジションをとるので、4~8番手くらいにはいるんじゃないでしょうか。

    といことでこれくらいにします。

    残りの馬はほとんどヴィクトリアマイルがメイチだと思うのでローテは考えなくていいと思う。

    次回他の馬の位置取りについても書きたいと思います。





     

    ヴィクトリアマイル出走馬分析です。

    一回書いたのが消えちゃってかなり意気消沈してます・・・

    前提条件があってそれを読まないと訳が分からないと思うのでこちらを読んでください。




    ショウナンパンドラ

    この馬は最初どうしても消したいなあと思ってましたが・・・

    天皇賞秋は直線400mまで追えなかったのに、ステファノスと上がりは一緒。
    トップスピードを問われても、ジャパンカップみたいにタフなレースになってもめちゃくちゃ強い。

    今まで使われたのは全部中距離で、今回はマイル、しかもスプリント馬が来てしまうくらいの追走をさせられる。

    ローテもおそらく宝塚記念が100%で、ここは90%くらいでしょう。それでも勝てるかがポイント。

    去年のヌーヴォレコルトみたいに下手に追走して、宝塚記念で全然ダメというのも考えられるので、たぶん最後方からの競馬にはなると思う。
    更に追い込み馬はブエナビスタがようやくヒカルアマランサスに届くくらいなので、ヴィクトリアマイルで追い込みはかなりきつい。特に最近のヴィクトリアマイルは前残りになりやすい。あっても内から縫ってくる馬が来るくらいなので、外からズドンというのが通用するのか。



    ルージュバック

    この馬は基本的にいい脚を長く使う馬だが、速い脚があまり使えない。
    そもそも桜花賞は上がりも全然出せてないし、そもそもマイルのスピードが合わないとしか思えない。
    もしスピードがあったらオークスは勝ってると思いますし。速い脚が使えないのでスローだと早めに抜け出すしかなく、それでもスローの流れからのトップスピード戦にも対応できるミッキークイーンに負け。

    速い追走もどうかってとこあるし、この馬もおそらく追い込み。
    不安要素が多い。どう考えても3,4番人気は濃厚ですしね。


    ミッキークイーン

    前走でマイルもしっかりこなせて、それもかなり強い内容。
    この馬に限ってはある程度中団での競馬も考えられる。浜中騎手は積極的な競馬できますしね。

    しかし体重は注目。420kg台になったらおそらくパフォーマンスは落ちる。まぁ叩き2戦目までしか走らないっていう可能性もあるが。
    ジャパンカップの負けがあまり理由が考えられないので、体重のせいにするなら体重に注目。

    スマートレイアー

    この馬は有力どころでも前にいけるのですごい心強いが・・・

    なんかこの馬安定感ないんですよね、ずっと連勝してても急に負けだしたりする。
    2年前のヴィクトリアマイルもストレイトガールに不利を受けましたが、もうその前に手ごたえは微妙だった。

    東京1800になると走るけど、東京1600で厳しいペースになると走らなくなる。
    おそらく高速馬場適正がないのか・・・
    でも阪神1400はこなせているのでそんなスピードが足りないとは思わないが、軸で買いたいかというと微妙。


    マジックタイム

    前走はスーパー好騎乗。

    でも同じところを通ったサトノアラジンにしっかり勝っている。斤量差はあるけど。

    前々走は外から唯一飛んできてかなり強い内容だった。
    1400も重馬場ながらこなせてるし、長い脚をつかうレースもできている。
    しかし心配が・・・

    それは差しということ。ある程度先行もできそうだが、ボウマンが騎乗というのがなんとも・・・
    短期免許の外人はこういうときに前にいかなきゃ届かないという意識になりづらいだろう。
    だからフェイムゲームみたいなこともあるし、うまくいけばアジュールローズみたいなこともある。

    ヴィクトリアマイルはかなり特殊なレースだと思うのでここはどう乗ってくるか。


    人気どころはここまで。

    次はすこし穴のその3へつづく。








     

    いやー、土曜日で2000円を12000円にしたんですが、結局7500円くらいになってしまいました。。。

    ということでがんばります。

    まずどんな流れになるか確認しておきましょう。

    ダウンロード
     KLANさんから引用しています。

    これをみるとずーっと11秒台後半を要求される流れ。
    2015年はミナレットの大逃げでダントツペースが速いですが、2番手ケイアイエレガントからの流れだと例年と同じくらいでしょう。

    おそらく逃げるのはレッツゴードンキか。ちょっと見当つかないが流れはスローになることはないでしょう。
    スローになればなるほど有力馬が優位に立ちますから。

    ある程度追走できるスピードがないと最後脚が溜まりません。ヌーヴォレコルトが例として一番わかりやすそうですが、このようなタイプは厳しいということですよね。

    ヌーヴォレコルトっていい脚を長く使えても速い脚はつかえないんですよね。
    11.5~12.0くらいのいい脚をずっと使い続けるところがいいところなんですよ。なので追走でそれくらいのペースをしてしまうときつい。

    ラキシスに負けたエリザベス女王杯で瞬発力勝負で勝負になってるやんと思うかもしれませんが、あれは結構早めに先頭に立った岩田騎手の好騎乗があったからだと思うんですよ。
    スローだということはわかってたので早めに先頭に立って持ち味の持続力がある脚を繰り出したが、キレ勝負だとラキシスに負けてしまった。

    いやラキシス、ディアデラマドレヴィクトリアマイル負けてるやんと思う方いるかもしれませんが

    ラキシスは体重が過去最低体重で448kgで出走。一番仕上げているであろうエリ女でも458kg。
    着順も15着と能力を出しきっていない感じ。

    ディアデラマドレは位置取りが後ろ過ぎるんですよね。ヴィクトリアマイルで追い込みは至難の業。
    ブエナビスタがようやくヒカルアマランサスに届くくらい。

    届くわけがないしブエナビスタが出るときはある程度前にいくメンバーがセーフティリードをとりたがるのもあって、前残りが起こりにくくなるのもあったでしょう。
    あとマルセリーナとかも追い込みましたけど、マルセリーナは1400で好走できでましたから。


    なので重要なのは・・・

    ・1400以下の実績。または1600でも11秒前半を長く使わされるレースで先行したりなどして対応できている。
    (ケイアイエレガント、ストレイトガール、アパパネ、メイショウマンボ、ドナウブルー、など)
    速いペースの追走になれているということ。

    ・さらにペースが流れて最初から最後まで持続力を求めれられるレースができていた。

    これを前提条件としてこれが該当しない馬は

    ・トップスピードの質が高い。(マイネイサベル、ホエールキャプチャ、ヴィルシーナ)
    まぁそれ以前にマイネイサベルは前の年に前残り展開のなか追い込んできた経緯があり、好走してもおかしくはなかったんですけどね。

    ・追い込みは相当な実力がないと厳しい。(ブエナビスタ)

    なので基本は一番上の1400以下、または1600での速い流れの好走できている馬をしっかり拾って、例外で少しマイネイサベル、ホーエルキャプチャみたいな馬を拾えたらという感じ。

    でもこれだとショウナンパンドラは買わなきゃいけないんですけど、

    なんかいい絞り方ないですかね?


    とにかく速いペースの追走ができるかつ、ペースが流れても大丈夫な馬を中心に買っていく。

    それに抑えでトップスピードがありそうで、前に行く馬を拾っていく感じでいいんじゃないでしょうか?

    ということで、出走馬分析は後程。

















     

    このページのトップヘ