「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    予想するときに京都が(3,1,0,0)とか、坂ありコースが(0,0,0,6)とかG1が(0,0,0,4)とか
    こんな風に分析するときがありますよね?

    自分はあまりこのような評価は好きじゃありません。
    もちろん母数が増えたら別なんですよ、騎手のコース実績とか、種牡馬成績とか、施行回数が多かったりするのは傾向として掴めるので。

    しかし馬ごとの京都コースとか、G1とか、は基本母数が二桁に満たないわけですよ。


    この前とある記事で「アドマイヤデウスはG1で(0,0,0, 6)だからG1で通用しない」

    と言ってました。
    しかし自分はアドマイヤデウスの展望で熱弁しましたがわけある敗戦ばっかなんですよ。

    皐月賞、日本ダービーは、日経新春杯、日経賞の連勝をみたら、まだクラシックでは本格化してなかったと考えることもできませんかね?
    シュヴァルグランだってクラシックのときのことを持ち出して不安要素だなんて言う人もいないのと同じです。
    血統的にアドマイヤデウスが早熟だとかだったらしょうがないですが。

    あとは春天、秋天、ジャパンカップ、有馬記念。

    有馬と、ジャパンカップはまぁ力負けと言われてもいいんですが、その他はどうでしょう?

    春天は熱中症、秋天は致命的な大外+長期休養あけ。


    強い馬だったらそんなの関係ねぇよと言われたらそれまでです。ゴールドアクターを本命にしましょう。

    でもこのような分析をしたらちょっとデータの見方が変わってきませんか?

    この意見に賛同できる人もいれば、そんなの言い訳でしかねぇよと言う人もいるでしょう。
    競馬なんて結果論で当たった人が正しいんです。これでアドマイヤデウスが負けたら、そのデータは合ってることになる。そんなものです。

    自分はこのようなデータに疑いを持ってます。ひねくれてますかね笑

    まぁこれだけ言えばわかるように、たぶんアドマイヤデウス本命です。












    ゴールドアクターは日経賞の競馬で明らかに評価を上げましたよね。

    この安定感を見るとまず、連系の人気は単勝に直すと1倍代くらいかな?

    実際日経賞はサウンズオブアースとの2kgの斤量差、しかもそんな悪い騎乗はしていない。むしろ好騎乗だよ思っている。
    2chだったら福永のせいだで終了でしょうけど笑

    日経賞のラップは
    7.0 - 12.1 - 12.6 - 13.1 - 13.1 - 13.7 - 13.5 - 13.2 - 12.4 - 12.2 - 11.8 - 10.9 - 11.2
    完全なるトップスピード、瞬発力比べ。
    この分野ならまず負けないでしょうゴールドアクターは。

    しかし日経賞でこんな完勝をしといて、アルゼンチン共和国杯は0.0差。しかもメイショウカドマツという重賞じゃ東京2500くらいでようやくという感じの馬。

    3着のレーヴミストラルは前残りの展開でつらかった。むしろ強かったこのレースは。

    ゴールドアクター自身はこういう流れは得意なはずなのに、なぜかアタマ差。
    少し日経賞よりは流れていますが、13秒台のラップで少し緩んでいる。
    ラストは重馬場で11秒前半を要求される早いラップ。

    これはなぜでしょうね。ただ単にメイショウカドマツがハマったか、重馬場が実はあんまりか、日経賞より流れているからか。

    日経賞より流れた有馬も同斤量のサウンズオブアースにせまられているわけです。

    いうて有馬もアルゼンチン共和国杯も上がり3ハロンは結構トップスピードを要求させられている。

    トップスピード戦--日経--アル---有------------------------春天-------------------長くいい脚を使うレース

    図にするとこんな感じだと思うんですよ。
    ショウナンパンドラのJCみたいに永遠と11秒後半のラップを刻み続けるようなレース、いい脚を使うレースになった。
    もしゴールドアクターがそれなりにペースが流れ、右側の長くいい脚を使うレースの領域にはいると、未知数となる。去年の春天も長い脚を使うレースというか、右側の領域に入るレース。

    ゴールドアクターを本命にする人に言いたいのは、これは不安ではない、未知数であって全然対応してもおかしくない。でも自分みたいにどうしてもゴールドアクターを本命にしたくない人はこういう可能性もあるということを示しておきたい。

    でも絶対ゴールドアクターは買いますよ笑 消すなんてことはしません笑

    以上ゴールドアクター気になることでした。






     

    ラストの出走馬展望です。


    アドマイヤデウス

    本当にこの人気になるんですかね?
    この馬は内枠を引かなきゃ全く話にならないみたいなことを言いますが、そんなことないと自分は思ってます。もちろん8枠は嫌ですが、それに限ってはどんな馬もだいたいそう。

    外枠を引いたのは天皇賞春、秋、ジャパンカップ。

    天皇賞春は、なぜかかかって、更に熱中症とかいう、内枠でも関係ないような要因。

    天皇賞秋は、そもそもこのレースで18番枠はどんな馬でも好走できないですし、この馬が外枠嫌いとかそういうことではない。
    岩田騎手も休み明けだということを理解して、あまり無理した競馬はさせなかった。
    それでも上りは最速なんです実は。

    ジャパンカップが唯一外枠がダメと断定できる理由といえるかな?

    でも自分が考えるに、最初の10.8のラップのところで、前に行かないと話にならないと思い、外からポジションを取りに行って脚を使ったのが原因かなと思ってます。
    カレンミロティックとアドマイヤデウスだけかなり外から被せているですよね。
    そのあとペースはあまり緩まなかったのもあって最後パテてしまいました。

    これはちょっとこじ付け感あるかもしれません。
    しかしそれでも外枠がダメと言われるレースはジャパンカップだけで、1戦のみ。
    メディアは字面上の成績でダメと言ってますが、内容みれば考え方は変わります。

    まぁ阪神大賞典は斤量2kg差あってどん詰まり。京都記念はサトノクラウン以外の上位は外をずっと回していたが、この馬だけ馬場の悪い内を回して唯一好走。

    この人気ならまぁ買うでしょうね笑


    サトノノブレス

    以外とG1初制覇はこの馬だったり笑そんなわけないですが、馬券内なら。

    なんせ最近の充実っぷりはすごい、一回休んでから斤量重いのに上位入線を何回もしてます。

    日経新春杯とか展開はあれにして、シュヴァルグランを斤量4kg差でいい勝負。

    距離適性はどうなのと言われるかもしれませんが、菊花賞2着もありますが、14'天皇賞春を評価していて、京都3200大得意のフェノーメノ以外2~7着まで位置どりでは後方にいた馬。
    先行した馬は見事に総崩れした最先着したのがサトノノブレス。それでもフェイムゲームと0.1差。


    最近の充実度をみたらこの時より強くなってるんじゃないかな?
    もうここまでくると推測ですが、この人気だったらこれくらいの不確定要素は目を瞑れる。

    カレンミロティック

    この馬が逃げるのかな?

    前走次第では本命もあったかなと思ってたんですけど、全くダメ。
    以外と逃げがダメなのかわからないけど
    衰えてる危険性もある。
    しかし前で粘ったらかなりしぶとい。


    ファントムライト

    サトノノブレスならに斤量差ありながら負け。長距離適性もはかりにくい。ここでどうなるか?


    トーセンレーヴ

    有馬記念は確かに強かったが、これは安定してるものなのか。不確定要素が多すぎる。

    ファタモルガーナ

    確かにステイヤーですが、ちょっと強調する要素が乏しく。

    ヤマニンボワラクテ

    うーん、一瞬この馬もワンチャンだと思ったんですよね。もし前残りになったらと考えたら•••

    でも福島民報杯杯外枠とはいえもうちょいがんばってほしかった。




    ということで全馬終了。カレンミロティックぐらいまでだったら全然ワンチャンス。アルバート、アドマイヤデウス、サトノノブレス、タンタアレグリアはワンチャンどころか普通に可能性あります。

    今回はオッズ以上に混戦なので、馬券の組み方次第ではいい配当が狙えるかも。


    ということで春天全馬展望でした。

    このページのトップヘ