「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    やはり前提としていい脚を使えるということ。

    そして新潟の軽さに対応できそうな馬、しかし瞬発力が全くないと残り400の速い脚を使うところでちょっと問題が出てくる。
     
    しかし今回有力だと思っていたダコール、ベルーフが外枠に入っちゃったのでかなりやる気がなくなってしまいました。

    なので簡単にいきます。

    ◎ショウナンバッハ
    ○アングライフェン
    ▲フルーキー
    △ベルーフ
    △シャイニープリンス
    △パッションダンス
    馬券
    ワイド一頭軸
    ◎-○▲△

    おそらく買っても500円くらいかな?笑

    ◎ショウナンバッハ

    極端な枠には入らなかったので、まぁOKでしょう。
    展望で言ったように、新潟好走歴あるし、長くいい脚を使うのが得意です。
    AJCCは結構強いメンバーでよくがんばったと思います。
    差してくるのもきつかったと思いますし。


    ○アングライフェン

    この枠で中団でうまくいい馬場を通ってこられたら、中日新聞杯で0.3差としっかり通用しているので充分足りると思います。
    もともと長くいい脚を使うレースでも好走していますし、穴ならこの馬かな。




    ▲フルーキー 

    この馬は流れたほうがいいタイプでポテンシャル戦だったらかなり強いので今回の展開のは合いそうだが・・・
    おそらく中山記念でそれなりに善戦したから人気になるのかなと思うが、それで人気するならちょっと嫌いたい。

    中山記念は
    12.6 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 11.1 - 11.8
    というラップ。かなり流れて最後は垂れている。しかもドゥラメンテが外から上がってきて相当タフな流れとなっている。先行勢はそれなりに流れたペースに対応しながら、ドゥラメンテのプレッシャーに耐えるというかなりきつい競馬をしている。
    だからドバイシーマ3着のラストインパクトも、中山巧者で前走も中山でしっかり好走したロゴタイプは最後たれてしまったと思っている。
    全然人気のないレッドレイヴンが追い込みで5着まで来ているところから、おそらく差し有利なレースだったかなと。リアルスティールも叩きだと思うので、純粋に接戦だとみていいか微妙。

    更にまだ2000の適正が微妙なところ。
    中山金杯はかなりのスローで、しかも小回りだったのでまだごまかし効いたかもしれないあが、もし新潟の広いコースでペースが流れた時にこの馬が中距離戦線で戦えるかの試金石だと思っている。


    と枠順確定までは思っていたが・・・
    ここで一番いい枠の2枠を引いたので評価を上げます。


    △ベルーフ

    いい脚を使うレースは小倉記念でかなり高いパフォーマンスを見せているし、京都もそれなりに走れているので、新潟も大丈夫だと思っている。
    外枠は嫌だが、おそらくかなり人気落ちるので、ここはねらい目。

    △シャイニープリンス

    2000にしてかなり強い競馬。ラップ自体も長くいい脚を使うレースで新潟大賞典と合いそう。もともと長くいい脚を使うレースになったら富士Sで大穴開けたり、東風ステークスきたりするのでここもワンチャンス。
    軽い馬場が未知数だが、人気が全くないのでここは買います。


    △パッションダンス

    言うまでもなく新潟は好走多く、合うのは間違いない。芝からダートはどうかと思うが、ダートから芝はまだマシな気がする。これも実力の割に人気ないので抑えで。



     

    twitterで2000円を5000円にする企画をやってたんですが・・・

    その日記をあとで書きたいと思います。


    とりあえず
    矢車賞

    1着 ◎ペプチドサプル

    2着 消エルテナミノル

    3着 ▲クリノラホール

    うーん、穴で推奨したクリノラホールが来たんですが・・・
    ちょっとルメール騎手にやられました。

    京都新聞杯

    1着 ○スマートオーディン

    2着 ▲アグネスフォルテ 

    3着 △ロイカバード

    4着 ◎ブラックスピネル

    うーん、これも穴で好評価したアグネスフォルテを好評価したんですけど・・・
    しかも重馬場じゃなければゼンノダチカラオはいらないというのもあってたのに・・・
    もうちょっとルメールには前に行ってほしかったが、まあしょうがない。これはあんま騎乗に文句は言えない。自分のせいです。

    プリンシパルS

    1着 △アジュールローズ

    2着 ○マイネルラフレシア 

    3着 ◎ゼーヴィント

    ワイドを買っていたので大的中!


    800円を8890円にして回収率1000%達成!
    なんで800円にしていたかって?
    それはNHKマイルカップかけるお金がなくなると危ないからです。

    企画では平場で結構いい感じでした。特に東京12Rは10番人気を本命にしてワイド的中!
    企画の詳細はtwitterのほう見ていただけたらわかると思います。

    しかしブログで発表している3つのレースのうち1つだけ的中できましたが、なんかすっきりいかない。
    もっと精進します。

     

    おすすめ馬をピックアップしていきます!


    まず京都9R 矢車賞


    逃げるのはおそらくグランドサッチャー。
    この馬は過去3戦のうち2戦は中盤緩めながらも、スローに落とし込みラスト600mからのトップスピードと瞬発力戦にもちこんでいる。一回序盤飛ばしたレースで大敗をしてますし、おそらくそんな飛ばさないでしょう。

    他に一頭ダートで逃げていた馬がいましたが、逃げているのは前走だけで、他のレースでは控えているのでおそらくそんな無理に競りかけてこないでしょう。

    更に京都1800mの3歳500万クラス戦を平均したラップを見ると、(データ対象のレース数は13です)
    12.711.311.712.412.712.211.611.411.7

    これもKLANさんから引用してます。
    中盤緩んで ラスト600から11秒台を要求されるラップ。
    脚を長く使えるというより、ある程度キレとトップスピードが必要かなというところ。

    ということでスロー、中盤のペースが緩むというのを前提とします。

    ◎ペプチドサプル
    ○デルマオギン
    ▲クリノラホール
    (△ウォータピオニー)

    ◎ペプチドサプル

    おそらく圧倒的1番人気ですが、ちょっと逆らえないかな。
    前走は残り600mまでかなりのスローでラスト600mから11.1-10.9-11.7とかなりの瞬発力戦。
    その中である程度前残りのなかで、唯一3列目から差してきた。
    しかしアネモネS、紅梅Sはある程度流れたが、それでも後の重賞ウイナーに善戦。
    ということは結構柔軟なタイプで展開にあまり左右されないタイプということでしょう。
    京都もしっかり走れてますし、瞬発力勝負も大丈夫で、脚質も割と自在。
    2着は間違いないと思いますが。

    ○デルマオギン

    これも前走ペプチドサプルと同じレース出ていましたが、他の馬がスローなので外から動いていくなか、内にいたのでなかなか前にいけず、かなり位置取りが後ろになってしまいいい脚を使っているが届かなかった。
    今回もおそらくスローなのでまたその危険はありますが、前走重賞、OPで好走している馬がいるなかでも同等の脚を使えたのは評価できる。京都もレッドエルディストの2着があるので苦手ということはないだろう。          
    今回もスローで相手弱化となれば浮上は考えられる。   

    ▲クリノラホール

    穴ならこの馬。
    前走は1400で度外視。
    君子蘭賞は中盤緩んでラスト600mからの11秒台前半を刻むレースで、今回と傾向が似ているレースといえる。1着のカイザーバルもペースが緩めば結構実力あると思うし、2着のキンショーユキヒメはそのあと500万下で圧勝していて、それと0.3差ならそんなに悪くない。 
    更にエルフィンSも同じような展開のレース。1着レッドアヴァンセ、2着はフィリーズレビューでかなり本命を打たれ前にいけずに飛んだが、その後自己条件でしっかり圧勝をしたダイアナヘイロー。3着はシンハライトに詰め寄ったワントゥワン。それと0.2差くらいだったら今回相手がダートからの転向馬や、あまり瞬発力戦に向いてない馬が多く相手弱化なら、前にいけば馬券内はあると思う。

    ウォーターピオニーは人気しだいで買います。


    しかし雨が心配ですね・・・ 雨が降ってタフな戦いになるとすこし読めないから降らないでほしい。

    あと京都新聞杯の予想です。
    ちょっと人気馬に逆らえないので、簡単にやります。
    詳しくは「京都新聞杯 展望」を見ていただけたらわかりやすいと思います。

    前提として今回は逃げ馬不在で、いつもよりスローになるかもしれない。
    ということでスローで予想します。
    ◎ブラックスピネル
    ○スマートオーディン
    ▲アグネスフォルテ
    △ユウチェンジ
    △ロイカバード
    ※△スワーヴカイザー 14時に変更しました。
    ◎ブラックスピネル

    この馬はルメールをのせてきたのが勝負気配かな。
    ルメールは差し馬にのせて消極的になってアウト。みたいな感じですが、先行馬なら問題ないかな。
    あと京都でもドスローからの瞬発力&トップスピード戦でも、若駒Sで結構いいレースをしていること。
    しかもポテンシャル戦でもそれなりの実力を発揮できているし、安定感はある。
    スマートオーディンのが強いとは思うが、こっちはリスクがあるので・・・

    ○スマートオーディン

    まずスローとペースを決めればまずこの馬を軽視はできない。
    しかしかかるし、賞金足りてるし、京都コースが未知数。
    不安が多く本命にはできない。

    ▲アグネスフォルテ

    2走前はレッドエルディストの2着という結構強い内容。これは京都2200と結構似ているラップ。
    前走はタフなレースになってすこし向かなかっただろう。まぁ位置取りが後ろすぎるというのもあったが。
    しかし人気がないので京都が苦手でなければ好勝負でしょう。

    △ユウチェンジ

    この馬は海外帰りの疲れがなければ好勝負でしょう。

    △ロイカバード

    京都では結構つよく、休み明けという点が心配なだけ。
    しかし人気があるので少し評価を落とした。


    ※14時現在 スワーヴカイザーを足します!
    ヴァンキッシュランが勝った未勝利が瞬発力戦でそこそこの内容。
    京都も距離もこなせそうで、人気が全然なくおいしいので抑えます。

     

    このページのトップヘ