「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    愛知杯は◎エテルナミノル、▲マキシマムドパリで的中!

    調子いいので、ここも。


    日経新春杯

    馬場はやや重め想定。

    ペースはそこまで流れることはないと思うが、速い脚が問われないレースになると思う。



    ◎サンタフェチーフ
    ○ミッキーロケット
    ▲ロードヴァンドール


    馬券
    ワイド
    ◎-印




    ◎サンタフェチーフ


    条件戦勝ったばかりのパフォーマプロミスが人気するくらいなので、ここから入ってもいいかなと。


    もともと1000万下で、現OP馬のブライトバローズに完勝。展開恵まれた感はあるが、0.4差は非常に強い内容。そのときが、結構タフな馬場で持続力が問われる展開だったので、今回に結びつくものもあると思う。


    前走は高速馬場の上がり勝負なので仕方のない部分もあるかな。
    戦ってきた相手がパフォーマプロミスより先にOPいっている馬だし、単純に能力で負けていないと思う。

    あとはモンドインテロ、ロードヴァンドール、ミッキーロケットの牙城を崩せるか。



    相手はミッキーロケットとロードヴァンドール。

    ミッキーロケットはギアチェンジ、速い脚が問われなければ基本的に安定している。
    京都だが、これくらい馬場が重かったら適性的に問題ないと思うので、相手筆頭。


    モンドインテロとロードヴァンドールと3頭目迷ったが、ロードヴァンドールで。

    モンドインテロは次走海外遠征を控えているし、調教もあまりだったので。



    京成杯


    馬場は重めなので、タフな脚は問われないか。



    ◎イェッツト
    ○ダブルシャープ
    ▲ジェネラーレウーノ
    (△スラッシュメタル)


    馬券
    ワイド
    ◎-印

    ◎イェッツト


    新馬戦だけの評価にはなるが、暮れの中山の重めの馬場で、スローではあったが、
    12.9 - 12.6 - 12.7 - 13.2 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 11.4 - 11.3
    と加速ラップを踏んだ。
    3着以下は離れているし、2着もそんなに悪くなさそうなので、中山の舞台でしっかりいい走りをできていることを評価。



    ○ダブルシャープ


    前走、前々走は高速馬場でのレースだったので仕方ないかなというところ。

    重めの馬場ならタワーオブロンドンあたりともやれているし、実績はここでは1番。今の中山の馬場なら。



    あとは前走2着がしっかり500万下を勝っているジェネラーレウーノ、新馬の内容はいいスラッシュメタルを抑え。


    馬場は開幕週、雨もそこまで降っていないことからちょい高速馬場想定。

    ペースは、コパノマリーン次第。
    かなり予想するのは難しいので、ハイペースは割り切って、スロー想定で。


    ※馬場重めなので変更しました。

    ◎エテルナミノル
    ○リビカトス
    ▲マキシマムドパリ
    △1,13,14,16,17




    ◎エテルナミノル



    どんな展開でもある程度対応できることを評価したのもあるし、もともと追いかけていた馬なので本命。

    もともと一昨年のターコイズの内容が良く、そこからずっと追いかけていたが、直線で詰まったり、大外枠を引いたりと噛み合わない部分ことが多かった。



    前走も、出遅れて大外から仕掛けていって、0.1差まで迫るかなり強い競馬。もともとタツゴウゲキにも先着しているし、能力的にこの人気はおいしい。



    ○リカビトス


    3走前に休み明けでサーレンブラント、レッドローゼスなどの3歳牡馬でもそこそこのメンバーに完勝。
    2走前も強い競馬で、秋華賞おもしろいかなと思ったが、流石にあの特殊条件ではきつい。

    このメンバーなら差し決まってもいいかなと思うので、対抗。



    あとはスローからの競馬なら安定しているキンショーユキヒメ、前走そこまで得意ではない3F戦もこなしてきたマキシマムドパリ、決め手勝負に強いギモーヴを抑え。

    万葉S◎リッジマン、フェアリーS◎レッドベルローズで久しぶりにいい結果残せたので、
    今回も的中させたいと思います。



    ◎コスモドーム
    ○ナックビーナス


    馬券
    ワイド
    ◎-○


    中山は重めの馬場。

    先行馬もそれなりにはいるので、前半3F34秒台になるようなスローはないと思う。



    ◎コスモドーム



    人気どころを信頼できないので、ワイドで避ける。


    今回高速馬場では信頼できても、ちょっとタフな馬場のスプリントでどうか?という人気馬がそこそこいるので、去年のカーバンクルS、福島テレビオープンでしっかり実績を残しているコスモドームから。


    前走も、内前残りの割に外から追い込んできていたし、人気的にもとっつきやすい一頭。



    ○ナックビーナス



    前走の負けは高速馬場で、ペースバランスが33.9-34.0とスプリントにしてはTSが問われる展開になってしまったところを、アルティマブラッドにやられてしまった。

    今の馬場ならTSが問われる可能性は少ないし、タフな展開なら重賞でも上位クラスなので、流石に。




    人気馬のペイシャフェリシタは、前走は完勝だったが、11月の福島や、洋芝では結果を残せていない。高速馬場ならまだしも、今の少しタフな馬場なら嫌ってもいいかなと。ワイドだから最低来てもいいし。

    ロードクエストは今の状態面もあるが、そもそもペースが流れたマイルCSや、関屋記念を見てもそこまで追走力があると思えないので、1200mでこの頭数だときつそう。






    シンザン記念は牝馬、牡馬混ざるだけで難しいのに、更に雨が降るというカオスなレースになりそうなので、予想はしません。
    ただ自分の推しはやはりアーモンドアイ。
    3歳のこの時期は適性というよりは、純粋な強さで評価しちゃった方いいと思うので(実際ラップが優秀だったレッドベルローズは来ましたし・・・)、雨とかは気にしなければアーモンドアイ。


    未勝利は着差もすごいが、
    12.6 - 10.9 - 11.7 - 12.6 - 12.9 - 11.7 - 11.3 - 11.4
    と、おそらく最後普通に追えば余裕でL2ハロンから加速ラップを踏んでいただろう。
    更にすごいところは、L3ハロン目が11.7とそこまで遅くないこと。

    新馬は負けているが、

    13.2 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 11.4 - 11.5


    2番手から抜け出したニシノウララがこのラップを踏んでいたら流石に追いつくのは厳しい。
    しかもアーモンドアイ自体まともに追えたのがラスト200mからですし、
    ニシノウララは京王杯でも5着に来るくらいの実力はあるので、これはどうしようもない。


    雨は降るので、適性でどれくらい上げ下げがあるかわからないが、純粋な馬の強さでいったら、アーモンドアイは抜けていると思う。
    おそらくひどい重馬場までいかない気がするので、まともな馬場くらいならアーモンドアイでいいじゃないかなと思っている。


    このページのトップヘ