「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    中京記念の予想です。


    馬場はちょい高速。内を立ち回り馬群を縫う競馬で上位に来ている馬が多い。



    ◎ダノンリバティ
    ○マイネルアウラート
    ▲グランシルク
    ☆トウショウピスト
    ▼ケントオー
    △レッドレイヴン、ウインガニオン、グァンチャーレ、ブラックムーン



    馬券
    3連複
    ◉-◯▲▼−印


    ◎ダノンリバティ



    先週のような馬場なら鉄板かなと思っていたけども、まぁ許容範囲。


    去年の中京記念と同じくらいの馬場か少し軽いくらいだと思うが、あのときの走りができれば十分圏内もある。
    大外回して前に置かれながらも5着と大健闘。最近は先行してでの競馬で好成績を残していることを考えたら、かなり良い内容と言える。


    この馬は上がりが速い競馬が良くて、あまり重すぎると良くない。
    リゲルSのようにかなり馬場が重くなったり、京成杯オータムハンデのようにペースが流れすぎて、消耗戦になるとダメ。

    今回のメンバーを見るとそこまでペースを引っ張るレースにならなそうで、この馬に向く展開になると思う。




    ○マイネルアウラート



    この馬の場合ハイペースにならなければ・・・
    というところ。
    スローなら馬場を問わず好走していて、信頼度は高い。


    ただ追いきりが少ないことや、休み明けが怖いので評価を少し下げた。



    ▲グランシルク



    どんな展開でもそれなりに走るタイプ。

    阪神Cだけ着外だが、メンバーレベルを考えたら0.3差は全然評価できる内容。

    前走もなんだかんだ前残りのなか追い込んできているし、評価しなければいけないかなと。




    ☆トウショウピスト


    安土城Sはペースがスプリントより少し緩くなったことで良さが出た。
    この馬スローからの競馬が得意で、スプリントを主戦場にしてたときも、後傾ラップで良さが出ていた。
    距離延長はいいと思うし、恵まれれば。





    馬場はちょい高速くらい。

    ただ以前のようなおかしい馬場ではなく、洋芝らしい感じになってきた。



    展開としてはマイネルミラノ、ステイインシアトル、ヤマカツライデンがそれなりにペースを引っ張り、マイネルミラノは早めに仕掛けていくと思うので、TS戦にはならず長く脚を使うことが重要になる。
    あと函館はいうても先行有利なので、外ぶん回す馬は消し。




    ◎ダンツプリウス
    ○マイネルミラノ
    ▲レッドソロモン
    ▼ツクバアズマオー
    ☆ケイティープライド
    △ルミナスウォリアー、アングライフェン、スーパームーン、ステイインシアトル

    ワイド
    ◎-○▲▼☆
    or
    3連複で。




    雨になったので大幅に変更します。



    ◎アングライフェン
    ○マイネルミラノ
    ▲レッドソロモン
    ▼ダンツプリウス
    △ケイティープライド、スーパームーン、ステイインシアトル、ツクバアズマオー、ルミナスウォリアー、パリカラノテガミ、タマモベストプレイ


    馬券
    ワイド
    ◎-○▲
    馬連
    ◎▲-印




    ◎アングライフェン



    重馬場になると仕方ないかなぁという感じの本命。
    もともと全く買うつもりはなかったんだが、京都記念で本命にしたように重馬場適性は高いと思っている。
    もともとアメジストSが強いレースをしていて、レースの上がり3ハロン37.6と超タフなレース。
    前半からマルターズアポジーが引っ張りハイペース、アングライフェンは少し離れた中団で追走。
    徐々に押し上げて、手ごたえ抜群で直線に入り3着以下を大きく離す完勝だった。


    そして京都記念は、少しアメジストSよりは馬場が軽かったしスローになったが、強いレースをした。
    1~5着の中では1番ロスの多い大外ぶん回しの競馬をしながらも、G1レベルの相手にほとんど差なしとかなり強いレースだった。


    人気の仕方がすごい嫌ではあるが、マイネルミラノは時計がかかりすぎると福島記念、小倉大賞典みたいに案外という可能性もある。
    他の馬もそこまで魅力なかったので、内枠からロスなく競馬できそうなこの馬本命で。



    レッドソロモンはアンドロメダSを評価。もともと未勝利で勝ったときが重馬場で他の馬をぶっちぎって完勝。時計がかかるのはプラスなので、レッドソロモンからもちょっと馬券を買いたい。




    遅くなりましたが、函館記念の展望です。



    今の函館は前がかなり有利で、基本的に大外ぶん回したら間に合わないと思います。
    なのでもうサクランプルールとかはいらないかなと。
    ただ時計はそこそこかかっているので、馬場は見極めたい。


    ペースはマイネルミラノがそれなりには引っ張るか。ヤマカツライデンが大外から動き、マイネルもそれなりには出していくのでドスローからのTS戦という感じにはならないだろう。




    今回はそれぞれの馬の短評だけで。







    サトノアレス(54kg)




    前走いらないと思っていたが、来てしまった。
    その理由はラップに表れていて、
    12.2 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.6 - 11.8 - 11.3 - 11.5
    中盤緩んで、0.8秒以上のギアチェンジ&TSが問われたレース。


    こういう一瞬の脚が問われるレースになってしまうとサトノアレスは強いんだが、流石に小回りコースでテクニカルな函館に合わなかったのかアングライフェンと僅差。

    もともとアングライフェンって、巴賞では押し出し気味の人気になっただけで、それまでの着順はひどい馬。

    そもそも今年の牡馬戦線はかなり弱いと思っているので、条件合わない&そこまで強くないなら内枠でも嫌う。というか内枠を活かして競馬できるような馬じゃないですしね。





    ステイインシアトル(57kg)




    ハイペースになると絶対しんどい馬。

    基本的にスローからの競馬がベター。
    VSマイネルミラノで早仕掛けされるとかなりきつい、ハイペースでもきついとかなり悪条件が揃っている。

    下鴨Sがかなり不満だし、正直この斤量でこの相手関係だと抑え止まり。







    ツクバアズマオー(57kg)




    去年は内がありえないくらい上手く開いて、そこを通っての3着。

    今年は3番人気、重賞ウィナー、休み明けと条件が変わっていて、立場が変わった今回も去年のように決め打ちでイン突きできるか?というところ。

    この枠だと外を回す競馬になりそうで、そうなるとどうか?


    ただ条件はかなり合いそうで、追いきりも良いという情報なので悪くはない。





    マイネルミラノ(58kg)





    58kgですが、57.5kgでサンデーウィザードなどの強い馬を破ってるので特に問題はないでしょう。


    この馬は誰がどう考えても休み明けってとき以外は、しっかり走ってくれる馬。


    エプソムカップはマイネルハニーに逃げを譲って5番手からの競馬になってしまいましたし、毎日王冠は超外差し馬場の餌食になっての負け、新潟記念も外差しが有利のなか逃げてそこまで悪くはなかった。

    どう考えてもここを狙ってきているだろうし、コース適性は抜群なので特に言うことはないかなと。
    本命or対抗かな。






    アングライフェン(55kg)




    巴賞押し出され気味の人気→2着好走→人気爆上げと全くおいしくない馬。

    OPに上がってから掲示板内に入ったレースは重馬場の京都記念と、前走の巴賞のみ。
    マレーシアカップも長期休み明けのヴォルシェーブが相手だったので、これだけでヴォルシェーブ以上とするのは安易。今まで人気してなかったわけだから、誰もヴォルシェーブと接戦してるなんてことを唱える人はあまりいなさそうではある。




    サクラアンプルール(56kg)




    枠が悪すぎ。フルゲートの函館2000で大外はねぇ・・・
    中山記念のようにイン突きで嵌ればおもしろそうではあったが、どう考えても厳しそう。
    そもそも休み明けでもある。





    ルミナスウォリアー(55kg)




    結構重賞戦線でがんばっている馬。どの展開でもある程度こなす実力があり、能力的にも足りそう。

    ただ一つ気になることがあって、柴山騎手が騎乗するということ。

    自分はAJCC本命にしたんですが、内枠でありながら4コーナーで大外を豪快に捲くる競馬。
    1着のタンタアレグリアはイン突き、2着のゼーヴィントですらルミナスより内を上手く立ち回っていた。

    あの騎乗を見て、ちょっと豪快すぎない?と絶望したのは良い思い出です。


    こんな経験があるので、これまた柴山騎手が騎乗すると大外捲くってくんじゃないかなと思ったりしちゃうわけです。


    そうなるとちょっと厳しいかなと思います。ハイペースならバテ差し気味の3着ならありそうですが。

    ただ普通に競馬できればおもしろい一頭とは思います。







    ヤマカツライデン(55kg)






    斤量軽くなったのはプラスだとは思うが、この枠は・・・・


    ただもともとハイペースの方がいいと思っている馬で、条件はそこまで悪くはないと思うが、マイネルミラノがものすごく厄介でつぶされる危険がある。

    ただ最近は強敵相手だったり重馬場だったりと条件が全く合わなかったので、抑えておきたいとは思う。







    ケイティープライド(52kg)



    なんでまだ52kgなんでしょうか・・・


    内枠を引いたことで、去年の再現性はかなり高くなった。
    前にいけて、長く脚を使える馬なので今回も普通に有力でしょう。






    レッドソロモン(56kg)



    長く脚を使う展開は得意で、更に洋芝、小回りともに実績がある。

    小倉大賞典は休み明けの割には悪くなかったし、前走の鳴尾記念はそもそも位置取りが悪すぎた。

    ペースがそれなりに流れるのは歓迎で、枠もいいし、穴でおもしろい一頭。





    ダンツプリウス(56kg)




    斤量が重いといわれていますが、OP1勝のレッドソロモンが56kgですよ?
    今回の斤量を見ると、重賞OP複数勝ち馬のマイネルミラノが58kg、重賞1勝馬が57kg(サトノアレスは軽いですが・・・)OP2勝のタマモベストプレイが56.5、OP1勝馬のレッドソロモンが56kg、OPで勝ち鞍ない馬が基本的に55kgで、あとは前走のハンデに依存している。


    それを考えると、OP1勝、G21勝があるこの馬が56kgというのは恵まれたのではないでしょうか。
    普通に計算すれば57.5でも問題ないくらいですが、最近の凡走で斤量を軽くできた。


    ダンツプリウスはものすごく期待している馬で、展開さえ恵まれれば重賞勝ちもまたあるんじゃないかなと思っているんですよ。なのでちょくちょく本命or対抗or穴の印をつけてるんですよ。


    それの根拠となったレースが、NHKマイルカップとキャピタルS。
    NHKマイルカップはメジャーエンブレムの作ったペースをそれなりの位置で先行して、前が崩れた展開のなか4着に粘っている。このNHKマイルはかなりレベルが高いはずで、メジャーエンブレムは今活躍している牝馬4歳世代のエースだった馬、ロードクエストは重賞勝ち、レインボーラインは菊花賞2着、G1掲示板もある。

    キャピタルSは57kgと古馬換算したら59kgというかなり重い斤量を背負わされていた。
    ラップも前半3F34.1と超ハイペースでこれをまともに先行してしまう。
    このときの東京が外伸び馬場だったこともあって、かなり厳しい展開だったが6着で見せ場を作っている。


    前走は残り800mで12.6と超減速をされてしまい、しかもラスト2Fが11.3-11.5とTS戦になってしまった。
    結果的に他の馬にキレ負けしてしまった。


    この馬は休み明け、重馬場、スローペースからのTS戦はダメで、厳しいペースで長く良い脚を使わされて輝くタイプなんですよ。


    ダービー卿で自分の得意の先行する競馬ができなかったが、最後それなりに追い込んでくるあたりまだ力はありそう。

    今回はマイネルミラノ、ステイインシアトル、ヤマカツライデンがいるのでそれなりにペースは流れる。流れなかったとしても、マイネルミラノがロンスパ気味に持ってくと思うのでTSは問われづらい。更に先行できる。そしてそれを最大限に活かせる1枠と条件はかなり揃った。


    おそらく本命にします。








    今のところの印は、



    ◎ダンツプリウス
    ○マイネルミラノ
    ▲ツクバアズマオー
    ▼ケイティープライド
    ☆レッドソロモン
    △スーパームーン、ステイインシアトル、ルミナスウォリアー、アングライフェン


    って感じですかね。























    このページのトップヘ