「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    札幌は良馬場にしては馬場が重く、結構タフな馬場になっている。

    そして全体的にイン有利、前有利で差すにしても馬群を縫っていることに注意。




    ◎マイネルミラノ
    ○マウントロブソン
    ▲エアスピネル
    △ツクバアズマオー




    馬券
    ワイド
    ◎-印


    ◎マイネルミラノ


    ロードヴァンドールと迷ったんだが、カウントダウンSといい、パリカラノテガミに負けた藻岩山特別が少し引っかかったというのもあるし、オッズも。


    この馬については前走重い印にしてしまったのだが、今年の函館記念からこの馬のレースを見てみると、渋る渋らないに限らず2000mでは1着の走破タイムが1分台の競馬では好走していて、2分台のときは見事に凡走していることがわかる。


    前走は完全にダメなほうで、58kgという重斤量も重なって凡走。
    ただ今の重いけど、重過ぎない洋芝はこの馬にとってはかなり条件いいはずで、小回りも得意。


    完全に前走で見限られた感じのオッズで、妙味あると思うので本命。実力に関してはあまり言うことないかな。



    ○マウントロブソン


    ハイペース、向かい風の皐月賞を先行して粘り、ダービーは出遅れながらも健闘、菊花賞は大外ながら着は悪くなくクラシックでそれなりの結果を残してきた。

    エアスピネルとの比較が重要になるが、まず状態面、枠ではマウントロブソンが有利と見ていいだろう。他にもエアスピネルは気になることがあるので・・・



    ▲ヤマカツエース



    体重が増えてから絶好調。大阪杯も外から仕掛けに行って強い内容だったし、内枠もいい。
    ただ休み明けで体重が大きく変わっていたら変更も検討。





    エアスピネルは前に行けば普通に有力とは思うが、問題点が2点。


    1つめは調教があまり動かなかったこと。
    いつもなら坂路ですごいタイムを出すのだが、今週は微妙だった。

    2つめは大外枠ということ。前走はマイルだったので、距離延長からかかるリスクがかなり怖い。






    小倉は結構馬場が速く、1分7秒台の決着までありそう。
    例年と違い高速馬場適性を重視していきたい。


    ◎ラヴァーズポイント
    ○キングハート
    ▲ファインニードル
    ☆エイシンブルズアイ
    △アルティマブラッド


    ワイド
    ◎-印




    ◎ラヴァーズポイントは前走で復調気配を見せたのが好材料。
    今年のCBC賞は外枠から終始外を回されるしんどい競馬。しかもこの馬にとってあまり好材料ではない渋った馬場のなか7着というのは及第点。


    もともと高速馬場がいいタイプ。
    去年のCBC賞が2着だったが、このときは超高速馬場のなかでの一戦。
    セントウルSが3着だったが、相手はビッグアーサー、ネロとG1でも勝負になる馬だったのでかなりいい内容。

    このときのラップが、
    12.3 - 10.2 - 10.6 - 10.8 - 11.2 - 12.5

    前半からかなりペースが流れて、追走力が問われながらも最後抵抗して伸びてきている。
    CBC賞は斤量50kgと恵まれた感はあったが、54kgでも好走しているので、52kgはこのメンバーだと上位に入ると思っている。



    そこからの2戦はやや重馬場、1400mなので度外視。
    鞍馬Sは不満ではあったが、今年のCBC賞はいいレースをしている。


    叩き2戦目でチャンス。



    ○キングハートは明らかに高速馬場がベターなので、条件はいい。前傾ラップでも、後傾ラップでも対応できているので、安定しているのはこの馬か。




    ▲ファインニードルは前走の斤量57.5kgで1分7秒前半を記録したのは評価すべきか。
    前走のように、高速馬場でラスト少しラップが減速するというのは小倉でもよくあることなので、好走する可能性は高いと思う。




    ☆エイシンブルズアイはオーシャンS、高松宮記念を見ると、高速馬場のなか前半ペースが引きあがってのバテ差しが1番なのかなと。今回かなり条件は噛み合っていると思うが。

    馬場は高速。おそらく回復傾向だと思う。


    ペースはちょいハイから平均で予想していく。先行馬がかなり多いし、新潟1600は流れるときは結構追走力問われるのでそこに注意。




    ◎ウキヨノカゼ
    ○ダノンリバティ
    ▲ロードクエスト
    △ロサギガンティア、ブラックムーン、ウインガニオン



    馬券 ワイド
    ◎-印


    ◎ウキヨノカゼ




    ロードクエストと迷ったんだが、調教の良さとオッズでこっちに。


    ウキヨノカゼは馬場が渋らなければしっかり結果を残してくれる馬。
    だいたい負けるパターンとしては、前残りかドスローのことが多い。

    今回はペース流れてある程度差しも届くだろうし、それについてはクリア。

    あとこの馬は福島牝馬Sを勝っているが、本質的に速い馬場の方が向いていると思っている。


    3着に来た2年前のスプリンターズS、去年の高松宮記念、去年のヴィクトリアマイルを評価している。


    2年前のスプリンターズSはわかりやすく強い。去年の高松宮記念は超高速馬場で、追走自体はしんどそうだったが、ラストものすごい追い込みを見せた。

    ただスピードに乗ったところで前が塞がってしまい不発にはなってしまったが、地味に上がり最速。
    もし、あそこで詰まらなかったら掲示板内はあったのかなと。

    ストレイトガールが勝った去年のヴィクトリアマイルは7着ではあるが、マジックタイム、ルージュバック、スマートレイアーとなどの一線級の馬と0.2とかなりがんばっている。


    ターコイズSは結構うまくのっても・・・って感じだったし、福島牝馬Sもメンバーレベルが微妙なので個人的には高速馬場の方が良さは出ていると感じる。


    ペースが速くなると追走面に不安がでるが、ウキヨノカゼはおっつけてもなんだかんだ伸びてくる馬なので、あまりそこは気にしなくていいかな。もともとスプリンターだったわけだし、このメンバーに入れば追走面での問題はないと思う。



    いい枠引いたし、調教もかなりいい、オッズも妙味ありなので本命。




    ○ダノンリバティ



    前走は内前残りの中大外ぶん回しで5着とかなりいい内容。
    去年の内容を考えたらここでも期待できるし、ヤングマンパワーと違ってペースにもある程度対応できるので。



    ▲ロードクエスト



    上がりが速いレースで結果が出ていないのが心配で、早熟だと怖いので3番手に。
    もともとの素質を考えたらここでもかなり上位だとは思うが・・・


    このページのトップヘ