「適性バー」で読み解く競馬予想ブログ!回収率150%目指す!

「馬場」「ペース」「レースの性質」の三つの適性から、馬自体の「適性バー」を導き、そのレースに問われる適性と、馬自身の適性が合致した馬を本命にする予想です。更にローテーション、妙味にも重きを置いて総合的に予想を組み立てます。 2017年重賞複勝回収率144%と好調! 愛知杯◎サンソヴール、東京新聞杯◎プロディガルサンなど穴目からの本命も的中多数!

    高速馬場だが、例年よりは差しが決まるイメージ。



    ◎サトノクロニクル
    〇トーセンバジル
    ▲シュヴァルグラン
    △2,8,12,14,16

    馬券
    馬連
    ◎-印
    ワイド
    ◎-〇▲



    ◎サトノクロニクル

    最初はトーセンバジル本命かなと思っていたが、枠でサトノクロニクルに。

    阪神大賞典は、不利を受けながらレインボーラインに喰らいついたのは評価したい。
    距離伸びて良さが出ているし、高速馬場のがベターなので、馬場も適性とマッチ。

    エンジンのかかりが遅いが、それは下り坂でカバーしていけるので、阪神3000よりも条件が良くなる。

    今年の重賞戦線での4歳馬の活躍、大阪杯の1,2,3着が4歳馬ということを考えるとサトノクロニクル本命でいいかなと。人気も落ち着いてくれましたし。


    〇トーセンバジル


    高速馬場のが絶対いい馬なので、日経賞はしめしめという負け方。
    ただ枠が悪い。これをデムーロがどうカバーしれくれるか。
    京都大賞典、香港でのレースを見ると、高速馬場なら、G1クラスでも通用すると思うので、対抗で。



    ▲シュヴァルグラン



    何回も好走しているから言うまでもない。
    ただ、好走した2回は騎手がうまく乗ったのもあるので、ボウマンに代わってどうかなと。
    高速馬場では安定している馬ですし、特にケチつけるとこもないかな。大阪杯はドスローで特殊なレースになりましたし。


    ガンコは買いたくないかな。日経新春杯では3着、そこから重い馬場で活躍したのを考えると、京都のしっかりとした高速馬場はマイナス。

    馬場は標準~少しタフ。

    ペースは例年の感じでいくと、前半600m33秒前半で追走していき、決め手勝負というよりは少し消耗戦寄りのスプリント戦になりそう。



    ◎ブリザード
    ○レッドファルクス
    ▲レッツゴードンキ
    △レーヌミノル、シャイニングレイ


    馬券 ワイド
    ◎-印


    ◎ブリザード



    この馬を本命にした最大の理由が、今年のスプリント路線のレベルに疑問を感じたから。

    スプリンターズSでのビッグアーサーが0.2差まで来たのが怪しくて、適性的にスローからの決め手勝負は京阪杯でサトノルパンに負けているようにそこまで得意てはない、しかも状態も長期休み明けで不安がある中でそこそこの着順に来れているのが・・・


    ブリザード自身はスタートごちゃつき、後方から。前半無理矢理追って中団までポジションを上げ、そのまま直線。
    内有利ではあったが、レッドファルクスには劣ったが、外からしっかり伸びて5着。


    決め手勝負では滅法強いレッドファルクスに劣ったのはしょうがないとして、内を回したレッツゴードンキ、ワンスインナムーンとは同等もしくは、前半のごちゃつき考えたらそれ以上の評価をしてもいい気がするんですよね。


    ブリザードには左回りがどうか?という問題はあるが、高松宮記念になって良くなる点もある。

    それは今の中京の馬場、そして最近の高松宮記念の傾向を考えると、スローからの決め手勝負にはなりづらいということ。

    ブリザードの香港でのレースを見ると、前走なんかはドスローの決め手勝負のレースなんだが、そこでは完敗。(休み明けもあっただろうけど)

    ただ香港スプリントのようににしっかりハイペースバランスに入るスプリント戦ならラッキーバブルスのようなスプリント上位組ともそれなりにやれる。


    ブリザードはエアロヴェロシティのように香港トップレベルではないが、それでもスプリンターズSの内容を考えれば全然通用すると思う。
    枠も前回よりいいし、スムーズな競馬できれば。人気もそれなりでおいしい。




    ○レッドファルクス



    ずーっと言っているが、CBC賞、1度目のスプリンターズSを見てから、この馬は高速馬場ならだいたい本命にしている。
    ただ今回はそこまで馬場は良くない。

    それでも、得意条件でなかった去年の高松宮記念なんかもしっかり3着まで来ているし、このメンバーなら流石に嫌うのは無謀かな。本命にはしないが。



    ▲レッツゴードンキ



    この馬もタフな馬場でもしっかり走ってくれるタイプ。前回よりイン突きがハマらない可能性があるので、レッドファルクスより評価は低いが。



    後は折り合いつけば怖いけど外枠のシャイニングレイ、状態上がってこれば怖いレーヌミノルを抑え。


    ファインニードルは高速馬場での実績が多い、シルクロードSは馬場は標準くらいだったけどスローペースの京都だしな・・・と。そこまで推す要素がない。

    ダンスディレクターはレッドファルクスと同じ感じで、高速馬場のがベターだけどタフな馬場だと少し不安かな。

    今日の競馬を見る限り外を回すと少しきつそうな感じあったので、内先行を重視。

    馬場は先週よりは重くなっていて、ちょい高速くらいまで収まった。





    ◎カレンミロティック



    トミケンも本命に近いが、こっちはあまりタフな展開はよろしくないタイプ。
    馬場も軽い方がベター。

    阪神大賞典は過去2度出ているが、4着、6着。
    ただ4着のときは、ドン詰まり、
    6着のときは相手がシュヴァルグラン、アドマイヤデウス、タンタアレグリアと春天でも上位に来たメンツというのと、逃げてしまったのが原因かと。
    逃げない方が成績がいいですからね。


    今年は去年より馬場は軽いし、仕掛けが全体的に遅れてあまりタフな脚を使うレースにならなければ。



    ○トミケンスラーヴァ



    こっちは逆にタフなレースになった方がいい。

    単純に万葉S2着のリッジマンが一応それなりに結果を残したので、トミケンもある程度の評価が必要かなと。

    AJCCは速いペースになってしまいましたし、ゆったりしたペースで展開していけば、チャンスあると思う。



    ▲クリンチャー


    クリンチャーは高速馬場もいうて皐月賞で最低限こなしているし、タフな馬場だけとは思わない。

    重要なのは、上がり勝負とか、いきなり加速させられるのがダメということ。まず阪神大賞典はそのような展開にならないだろうし。

    人気の中で1番信頼できるのはこの馬かな。



    アルバートが騎手が不安すぎる。
    早めに仕掛けてくれればこの前残り馬場でもチャンスあるくらいだと思うが、なんせ福永騎手は金鯱賞でやってしまったイメージが強く・・・
    メートルダールのときみたいに、スローってわかっててもみたいなことされるとまずきついので。

    レインボーラインは最近重馬場じゃなくても好調で、結構いいと思うが、2つ不安が。

    1つ目はレインボーライン自体そこまで長い脚を使わされたくないのかなということ。
    超ロンスパの宝塚は馬場的には絶好のはずが全くでしたし、阪神大賞典はあまり合わない気が。

    2つ目はこれまた騎手。岩田騎手が乗ったときのレインボーラインは毎回後ろからよく追い込んでるんだけどなぁ・・・と思わせるが、届かないのが現実。
    同じこと言うが、タイムフライヤー、エルプシャフトが普通に飛ぶくらい外回すのがよろしくないので、消しかなと。


    サトノクロニクルはクリンチャーとどっちにしようが少し迷った。

    ただやはりチャレンジカップ勝ったときのメンバーが貧弱。
    デニムアンドルビーはこの後全然ダメ、ブレスジャーニーも金鯱賞で結果残せず。
    基本今4歳で強い馬って春のクラシックにしっかり出てた馬が多くて、別路線から活躍しているのはミッキースワロー、セダブリランテスくらいなんですよね。

    セダブリランテスはそもそも連勝で500万下勝ったのが5月くらいで、春のクラシックに物理的に無理があった馬なので、うーん。という感じ。

    基本はクリンチャーみたいに春のクラシックにしっかり出てた馬を重視したいし、消去法的に人気になってしまって妙味がないと思っている。

    このページのトップヘ